• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(びーとりぷるせぶん){【B777】};
[[B767]]と[[B747]]の中間的なサイズの[[旅客機]]として[[ボーイング]]社が開発した大型双発ジェット[[旅客機]]。~
ボーイング社初の100%コンピュータ上(CAD/CAM等)で設計され、双発での長距離飛行が承認された([[ETOPS180>ETOPS]]所持)初の航空機。
[[ボーイング]]社初の100%コンピュータ上(CAD/CAM等)で設計され、双発での長距離飛行が承認された([[ETOPS180>ETOPS]]所持)初の[[航空機]]。
~
[[ボーイング]]社の[[旅客機]]としては初めて全翼面の[[フライバイワイヤー]]を導入しているが、[[エアバス>エアバスインダストリー]]製の[[旅客機]]とは対照的に[[サイドスティック]]は採用せず、[[操縦輪]]を導入している。ここでも[[ボーイング]]社ならではの保守的な設計思想を窺い知ることができる。~
[[ボーイング]]社の[[旅客機]]としては初めて全翼面の[[フライバイワイヤー]]を導入しているが、[[エアバス]]製の[[旅客機]]とは対照的に[[サイドスティック]]は採用せず、[[操縦輪]]を導入している。ここでも[[ボーイング]]社ならではの保守的な設計思想を窺い知ることができる。~

3軸6輪の主脚を持つこと、そして737の胴体と同じくらいの太さのエンジンを双発で装備することなどが特徴。

~
 B777の派生型のラインナップ~
・B777-200(B777の基本型)~
・B777-200ER(B777-200の航続距離延長型)~
・B777-200LR &ruby(ワールドライナー){Worldliner};(B777-200の長距離型(Longer Range)で、主翼端に[[レイクド・ウィングチップ(raked wingtips)>レイクド・ウィングチップ]]と呼ばれる新設計の小翼を導入し、また双発機でありながら約16,000kmという超長距離の[[航続距離]]を有する)~
・B777 &ruby(フレイター){Freighter};(B777-200LRをベースに開発を進めている[[貨物機]])~
・B777-300(B777の胴体延長型で、双発機では最も[[全長]]の長い[[旅客機]]でもある)~
・B777-300ER(B777-300の航続距離延長型で、B777-200LRと同様[[レイクド・ウィングチップ]]を導入している)~
~
参考リンク~
[[ボーイング]]社のHP内にあるB777の宣伝~
http://www.boeing.com/commercial/777family/


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS