【B777】(びーとりぷるせぶん)

Boeing 777.
B767B747の中間的なサイズの旅客機としてボーイング社が開発した、大型の双発ジェット旅客機
3軸6輪の主脚を持つこと、そしてB737の胴体と同じくらいの太さのエンジンを双発で装備することなどが特徴。
双発での長距離飛行が承認された(ETOPS180所持)初の機体である。

機体は、ボーイング社で初めてコンピュータ上(CAD/CAM等)で全て設計されており、また、同社の旅客機としては初めて全翼面のフライバイワイヤーを導入している。
しかし、エアバス製の旅客機とは対照的にサイドスティックは採用せず、操縦輪を導入している。
ここでもボーイング社ならではの保守的な設計思想を窺い知ることができる。

b777-281.jpg

スペックデータ

乗員2名(機長副操縦士
乗客数3クラス約300名/2クラス400名/1クラス440名(777-200/200ER/200LR)
3クラス365〜368名/2クラス451名/1クラス550名(777-300/300ER)
全長63.7m(777-200/200ER/200LR/F)
73.9m(777-300/300ER)
全幅60.9m(777-200/200ER/300)
64.8m(777-200LR/F/300ER)
胴体幅外部:6.19m
内部:5.86m
最大ペイロード103.9t(777F)
貨物搭載量8パレット+LD-7 8台orLD-3 32台+バルク17m³(777-200/200ER/200LR)
上部デッキ 27パレット+下部デッキ10パレット+バルク17m³(777F)
8パレット+LD-7 8台or LD-3 44台+バルク17m³(777-300)
14パレットor LD-3 44台+バルク17m³(777-300ER)
最大離陸重量247,210kg(777-200)
297,824kg(777-200ER)
347,452kg(777-200LR)
347,450kg(777F)
297,560kg(777-300)
351,534kg(777-300ER)
エンジンターボファン×2基(使用エンジンを参照。)
最大燃料搭載量117,335L(777-200)
171,160L(777-200ER)
202,287L(777-200LR)
181,280L(777F)
171,160L(777-300)
181,280L(777-300ER)
巡航速度M0.84
航続距離9,649km(777-200)
14,316km(777-200ER)
17,446km(777-200LR)
9,195km(777F)
11,135km(777-300)
14,685km(777-300ER)

使用エンジン

  • 777-200:GE90-77B(推力77,000lbf)・PW4000・トレント800
  • 777-200ER:GE90-94B (推力93,700lbf)・PW4084・PW4090・RR895
  • 777-200LR:GE90-110B1(推力110,100lbf)
  • 777F:GE90-110B1L(推力110,000lbf)
  • 777-300:GE90-94B(推力93,700lbf)・PW4098・RR892
  • 777-300ER:GE90-115B(推力115,300lbf(512kN))

派生型のラインナップ

  • B777-100
    短胴型。計画のみ。
  • B777-200
    基本型。
  • B777-200ER
    B777-200の航続距離延長型。
  • B777-200LR Worldliner(ワールドライナー)
    B777-200の長距離型(Longer Range)で、主翼端にレイクド・ウィングチップ(raked wingtips)?と呼ばれる新設計の小翼を導入した。
    また双発機でありながら約16,000kmという超長距離の航続距離を有する。
  • B777 Freighter(フレイター)
    B777-200LRをベースに開発を進めている貨物機
  • B777-300
    胴体延長型。
    双発機では最も全長の長い旅客機で、双発エンジンでは最大級の航空機でもある。
  • B777-300ER
    B777-300の航続距離延長型で、-200LRと同様レイクド・ウイングチップ?を導入している。

参考リンク
ボーイング社のHP内にあるB777の宣伝
http://www.boeing.com/commercial/777family/


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS