• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(びーななにいなな){【B727】}; [#cca7dc7f]
[[ボーイング]]社が開発した短距離向けの三発ジェット[[旅客機]]。~
Boeing 727.~
[[ボーイング]]社が1950年代〜60年代に開発した、短距離向けの[[三発>多発機]]ジェット[[旅客機]]。~
1963年2月9日に初飛行した。~
~
水平尾翼が垂直尾翼の先端に配置された[[T尾翼]]をもち、エンジンを尾部に集中配置した三発機という、独特かつ当時としては斬新的なフォルムを持つ機体で、1,800機以上が生産された。~
日本でも当時の航空会社全てが採用し((前作の[[B707]]は日本では採用されなかった。))、現在でも[[貨物機]]に改造された機体が多数運用されるなど、汎用性が高い機体である。~
[[水平尾翼]]が[[垂直尾翼]]の先端に配置された[[T尾翼]]をもち、エンジンを尾部に集中配置した[[三発機>多発機]]という、独特かつ当時としては斬新的なフォルムを持つ機体で、1984年の生産終了(([[B757]]及び[[B767]]への生産ライン集中のため。))まで1,800機以上が生産された。~
日本でも当時の航空会社全てが採用し((これは、当時の運輸省が「国内線用ジェット旅客機は全社同一機種を採用すること」という通達を出していたためでもある。&br;  なお、前作の[[B707]]は日本では採用されなかった。))、現在でも[[貨物機]]に改造された機体が多数運用されるなど、汎用性が高い機体である。~
~
しかしその裏では[[よど号事件]]を始め、数々の[[ハイジャック]]事件の舞台になった機体でもある。~
その理由としては、機体後部にある乗降用タラップが悪用され、空中での逃亡を可能としてしまう点があった。~
その理由としては、機体後部にある乗降用タラップが悪用され、空中での逃亡を可能としてしまう点があった((実際に[[パラシュート>落下傘]]降下で犯人が脱出に成功した例もある。))。~
~
その後、[[B737NG>B737]]・[[A320]]などといった新世代機の登場や騒音規制の強化などで1990年代後半にはデルタ航空などで引退が始まり、2000年代には先進諸国の定期航空路線からほぼ姿を消したが、中南米やアフリカでは少数がチャーター機などで運用されている。~
その後、[[B737NG>B737]]・[[MD-80/90>DC-9]]・[[A320]]などといった新世代機の登場や騒音規制の強化などで1990年代後半には[[デルタ航空]]などで引退が始まり、2000年代には先進諸国の定期航空路線からほぼ姿を消したが、中南米やアフリカでは少数がチャーター機などで運用されている。~
また、エンジンを換装して騒音規制に対応させた上で、[[貨物機]]や[[自家用機>ビジネス機]]として運用されている機体もある。~
~
#ref(B727.JPG)~
~
**スペックデータ [#p2e92b11]
|乗員|3名|
|最大座席数|149名(727-100)&br;189名(727-200)|
|全長|40.6m(727-100)&br;46.7m(727-200)|
|全高|32.9m|
|全幅|10.3m|
|最大離陸重量|76,818kg(727-100)&br;95,227kg(727-200)|
|速度(最大/巡航)|[[M>マッハ]]0.86/[[M>マッハ]]0.81|
|[[エンジン]]|P&W JT8D[[ターボファン]]×3基|
|最大燃料搭載量|8,186USG(31,000リットル)(727-100)&br;9,806USG(37,020リットル)(727-200)|
|CENTER:形式|CENTER:727-100|CENTER:727-200|
|CENTER:乗員|>|CENTER:3名([[機長]]・[[副操縦士>副機長]]・[[航空機関士]])|
|CENTER:最大座席数|CENTER:149名|CENTER:189名|
|CENTER:全長|CENTER:40.6m|CENTER:46.7m|
|CENTER:全幅|>|CENTER:32.9m|
|CENTER:全高|>|CENTER:10.3m|
|CENTER:最大離陸重量|CENTER:76,818kg|CENTER:95,227kg|
|CENTER:[[エンジン]]|>|CENTER:[[P&W>プラット&ホイットニー]] [[JT8D]][[ターボファン]]×3基|
|CENTER:速度&br;(最大/巡航)|>|CENTER:[[M>マッハ]]0.86/[[M>マッハ]]0.81|
|最大燃料搭載量|8,186USG(31,000リットル)|9,806USG(37,020リットル)|
~
**主な派生型 [#ab68b987]
-B727-100(100人級の中距離型)~
--B727-100C(機体構造の強化および貨物ドアを追加した貨客両用型)~
--B727-100QC(客席パレットの設置により、貨物型と旅客型の転換を行える型)~
--B727-100QF(既存機のエンジンを換装した型)~
-B727-200(200人級の短距離型)~
--B727-200F(貨物型)~
--B727-200アドバンス(内装の改良および燃料タンクを増設した型)
-民間型
--B727-100((当初は「-100」という呼び名はついておらず、-200型の生産が開始された1967年以降につけられた。)):~
初期生産型で100人級の中距離型。~
~
---B727-100C:~
機体構造の強化および貨物ドアを追加した貨客両用型。~
~
---B727-100QC:~
貨客急速転換型。~
客席パレットの設置により、貨物型と旅客型の転換を行える。~
~
---B727-100QF:~
既存機のエンジンを換装した型。~
エンジンをロールス・ロイス RB.183「テイ」に換装し、騒音を軽減させている。~
~
--B727-200:~
200人級の短距離型。~
100型の胴体を主翼の前後で3mずつストレッチした。~
中央エンジンのインテイクも改良された。~
~
---B727-200F:~
貨物型。~
~
---B727-200アドバンス:~
内装の改良および燃料タンクを増設した型。~
~
-軍用型~
--C-22A:~
[[アメリカ南方軍]]が使用した[[輸送機]]型((もと[[ルフトハンザドイツ航空]]の中古機。))。-100型ベース。~
~
--C-22B:~
[[アメリカ空軍]]が使用した輸送機型((もとナショナル航空の中古機。))。-100型ベース。~
~
--C-22C:~
[[アメリカ空軍]]が使用した輸送機型((もとシンガポール航空の中古機。))。-200型ベース。~
~


#ref(B727.JPG)


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS