• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(びーよんじゅうなな){【B-47】}; [#g827eabe]
Boeing B-47 "Stratojet".~
Boeing B-47 "&ruby(ストラトジェット){Stratojet};".~
~
1940年代、アメリカの[[ボーイング]]社が開発し、[[空軍>アメリカ空軍]]で運用した六発ジェット推進の[[戦略爆撃機]]。~
35°の[[後退角]]をつけた[[主翼]]や6基の[[ターボジェット]]エンジン、「安定性増強装置(SAS)」など、当時最新鋭の技術が盛り込まれていた。~
1940年代、アメリカの[[ボーイング]]社が開発し、[[空軍>アメリカ空軍]]で運用した[[六発>多発機]][[ジェット推進>ターボジェット]]の[[戦略爆撃機]]。~
35°の[[後退角]]をつけた[[主翼]]や6基の[[ターボジェット]]エンジンなど、当時最新鋭の技術が盛り込まれていた。~
~
それまでの[[B-29]]・[[B-50]]や[[B-36]]と比べれば[[兵装搭載量>ペイロード]]的には物足りなかったが、当時は[[冷戦]]が始まったばかりであり、[[核兵器]]の[[プラットフォーム]]として[[航空機]]による[[爆撃]]が有効とされていた((長射程の[[弾道ミサイル]]が実用化されるのは1960年代になってからであった。))ことから、2,032機が生産された。~
それまでの[[B-29]]・[[B-50]]や[[B-36]]と比べれば[[兵装搭載量>ペイロード]]的には物足りなかったが、当時は[[冷戦]]が始まったばかりであり、[[核兵器]]の[[プラットフォーム]]として[[航空機]]による[[爆撃]]が有効とされていた((アメリカで長射程の[[弾道ミサイル]]が実用化されたのは1960年代になってからであった。))((この頃、空軍は[[海軍>アメリカ海軍]]と「[[核兵器]]の[[プラットフォーム]]には何が有効か」というテーマで論争をしていた。))ことから、2,032機が生産された。~
>なお、同時期に配備された[[B-36]]と同様、本機は全機が[[核兵器]]を搭載した[[戦略哨戒]]任務につけられており、[[朝鮮戦争]]には参加していない。~
また、2,000機以上生産されたにもかかわらず、同盟国・友好国への供与もされなかった。
また、2,000機以上生産されたにもかかわらず、同盟国・友好国への供与もされなかった((ただし、[[ジェットエンジン]]開発のためにカナダに一時的に貸与されたことはある。))。

「レシプロからジェットへのつなぎ」であった本機は、より高性能な[[B-52]]が登場するとそちらに主力の座を譲り、[[ベトナム戦争]]中の1965年に退役した。~
>なお、[[電子戦機]]型のEB-47Eは1977年まで用いられていた。
~
**スペックデータ(B-47E) [#web44615]
|乗員|3名(機長、副操縦士、航法/爆撃手)|
|乗員|3名([[機長]]、[[副操縦士>副機長]]、[[航法/爆撃手>航法員]])|
|全長|32.65m|
|全高|8.54m|
|翼幅|35.37m|
|翼面積|132.7|
|翼型|NACA 64A(0.225)12 mod|
|翼型|NACA 64A(0.225)12 mod(主翼付け根・先端)|
|空虚重量|35,867kg|
|全備重量|60,340kg|
|最大離陸重量|100,000kg|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]]製[[J47-GE-25>J47]][[ターボジェット]]×6基|
|零揚抗力係数|0.0148(概算)|
|抗力面積|1.96|
|アスペクト比|9.42|
|[[エンジン]]|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[J47-GE-25>J47]][[ターボジェット]]×6基|
|[[推力]]|32kN(7,200lbf)|
|速度&br;(最大/巡航)|977km/h / 896km/h|
|速度&br;(最大/[[巡航>巡航速度]])|977km/h / 896km/h|
|[[戦闘行動半径]]|3,240km(爆弾搭載量9,000kg時)|
|[[フェリー>回航]][[航続距離]]|7,478km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|10,100m|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|12,300m|
|[[上昇率]]|23.7m/s|
|[[翼面荷重]]|454.8kg/|
|[[推力重量比]]|0.22|
|揚抗比|20.0(概算)|
|[[ペイロード]]&br;(標準/最大)|4,540kg/9,980kg|
|固定武装|M24A1(ヒスパノ・スイザHS.404)20mm[[機関砲]]×2門(尾部銃座)|
|固定武装|M24A1(ヒスパノ・スイザHS.404)20mm[[機関砲]]×2門(尾部銃座((AN/APG-39照準レーダーと連動。)))|
|兵装|Mk.15[[水素爆弾]](核出力:3.8Mt)×2発&br;B41水素爆弾(核出力:25Mt)×1発&br;B53水素爆弾(核出力:9Mt)×1発&br;500ポンド(227kg)爆弾×28発|
~
**バリエーション [#s4ab2be9]
-XB-47:~
試作型。~
エンジンはJ35を搭載。~
~
-B-47A:~
初期生産型。非武装。~
エンジンはJ47を搭載。~
~
-B-47B:~
空中給油装置などを付与した本格量産型。~
[[空中給油]]装置などを付与した本格量産型。~
エンジンはJ47-23を搭載。~
~
--B-47B-II:~
--B-47B-供~
E型相当へ改良した型。~
~
--YRB-47B/RB-47B:~
[[偵察機]]型。~
爆弾倉内にカメラを8基搭載する。~
~
--TB-47B:~
[[練習機]]型。~
~
--YDB-47B:~
GAM-63「ラスカル」巡航ミサイルの試験機。~
~
--WB-47B:~
[[気象観測機]]型。~
~
--KB-47B:~
[[プローブアンドドローグ]]方式の給油システムの試験機。~
~
--カナディア CL-52:~
オレンダ「イロクォイ」エンジン試験のためにカナダに貸与されたB型の名称。~
エンジンは胴体後部の尾翼付近の右側面に備えられた。~
~
-YB-47C/B-56:~
エンジンをアリソンJ71ターボジェットに換装して4発機とした型。計画のみ。~
~
-XB-47D:~
エンジンのうち4基をライトTY49-W-1ターボプロップに換装した型。~
~
-B-47E:~
B型の改良型。~
エンジンをJ47-25に換装。~
~
--RB-47E:~
写真偵察機型。~
~
--QB-47E:~
[[標的機]]型。~
~
-YB-47F:~
[[ブレーキパラシュート>ドラッグシュート]]および[[空中給油]]試験用に改修されたB型。~
~
-KB-47G:~
B型の[[空中給油機]]改修型。~
~
-YB-47J:~
MA-2レーダー爆撃航法装置の試験機。~
~
-RB-47K:~
気象・写真偵察機の試作型。~
~
-RB-47H/ERB-47H:~
[[電子偵察機>ELINT]]型。~
~
-EB-47E:~
[[電子妨害機>電子戦機]]型。~
~
-EB-47L:~
E型を改修した電子通信専用機。~
~
-XB-55:~
エンジンをGE J35ターボジェット6基からアリソンT40ターボプロップ4基に変更した型。~
エンジンをGE J35ターボジェット6基からアリソンT40[[ターボプロップ]]4基に変更した型。~
計画中止。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS