【ASWCS(OYQ-103)】(おーわいきゅういちまるさん)

海上自衛隊の対潜情報処理システム。
いくつかのバージョンがあり、OYQ-101、OYQ-102、OYQ-103がある。本項ではOYQ-103を取り扱う。

OYQ-103は基本的にはこんごう護衛艦に搭載されたOYQ-102と変わらないが、機能の向上と改善が見られる。
OYQ-103では、CDS(OYQ-9)と連接されるとともに、ソナーやSDPS、VLS、魚雷発射管、ヘリコプターデータリンク(リンク60)などとも連接され、水測予察や目標識別、目標管理ならびに武器管制が可能になっている。

OYQ-103を構成するのは、各種攻撃をつかさどる魚雷発射管(HOS-302?)、垂直発射システムRUM-139)とソナーTASS?、SDPS、OCR-1?かななるセンサー群と音響ディスプレイからなる標準コンソールである。

なお、本システムでは対潜戦闘を一手に引き受けるが、魚雷の防御措置は従来のASWCSでおこなっていた。このため、防衛省・技術開発本部は04ASE「あすか」にて魚雷防御装置(TCM)の開発を進めた。

あすか」に搭載されたTCMは魚雷捜索用のアクティブ・ソナー、TASS逆探装置用ソナー、ジャミング音波を出すFAJ(Floating acoustic Jammer;投射型静止式ジャマー)とMOD(MObile decoy)で構成されている。

このTCMは初めて対魚雷対策においてシステム化したものであり、あきづき護衛艦OQQ-22に組み込まれている。
また、19500トン型護衛艦への搭載も決まっている。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS