• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えーけーななじゅうよん){【AK74】};
旧ソビエト、共産圏の主力[[自動小銃]]で[[AKM]]の後継。~
*&ruby(えーけーななじゅうよん){【AK-74】}; [#d04a5b0f]
旧ソビエト、共産圏の主力[[自動小銃]]。~
[[AKM]]の後継として1974年に制式採用されている。~
外見・内部構造共に[[AKM]]と酷似しており((誤認を防ぐために窪みを彫る、フラッシュハイダーを装着する、マズルサプレッサーを大きくするなどの差異を設けられている。))、[[AKM]]用の補器の多くと互換性を持つ。~
~
それまでの共通規格であった7.62×39弾を廃し、小口径の5.45mmX39弾に変更されたのが最大の特徴。~
しかし、AK47やAKMなどと弾薬が共有できない点が災いし、生産数は比較的伸びなかった。~
1990年代には後継機種のAN94が登場しているが、予算上の理由から更新が進んでおらず、未だ相当数が現役と推定されている。~
~
弾丸の非力さを補うため、[[対人殺傷力>マンストッピングパワー]]を重視した脆い弾頭((弾頭の中に空洞があり、着弾時に潰れて[[ソフトポイント弾]]のように変形しながら人体を引き裂く。))を標準としている。~
~
関連:[[AK47]] [[AKM]] [[AK100]]

1974年に正式採用され、東側では初の高速小口径5.45mmX39弾を使用している。外見は[[AKM]]とよく似ており、誤認しないようにストックに溝を彫ったりマズルサプレッサーを大きくした。マガジンはプラスチック製を採用しており、携帯マガジンの重量を減らしている。([[AKM]]とマガジンを間違えないためと言う不確定情報有り)。~
**スペックデータ [#ref734f7]
|口径|5.45mm|
|全長|AK-74:943mm&br;AKS-74:943mm(銃床展開時)/690mm(銃床折り畳み時)&br;AKS-74U:943mm(銃床展開時)/690mm(銃床折り畳み時)&br;AK-74M:943mm(銃床展開時)/700mm(銃床折り畳み時)|
|銃身長|415mm/210mm(AKS-74U)|
|重量|3,300g/2,710g(AKS-74U)|
|使用弾薬|5.45×39mm弾|
|装弾数|30発/45発(箱型弾倉)|
|作動方式|ガス圧、ロテイティングボルト|
|発射速度|600〜650発/分&br;650〜735発/分(AKS-74U)|
|銃口初速|900m/秒|
|有効射程|500m|
**国内AK-74系の主な種類 [#x0ed8ce9]
-AK-74:~
AKMの後継で、弾薬も5.45mm×39弾に変更した型。~
AKMと構造はほぼ同じ。擲弾発射機として[[GP-25]]を装着する事が出来る。~
~
-AK-74N:~
AK-74の夜間戦闘型。サイドマウントプレートが付いている。~
~
-AK-74M:~
AK-74の近代化改修型。~
木製パーツの部分がプラスチックの樹脂製に変わり、フォールディングストックが標準装備となった。~
~
-AKS-74:~
AK-74の改良型。~
折り畳みのサイドスイング方式を採用している。~
~
-AKS-74M:~
金属製折りたたみ式銃床を備えた型。~
~
-AKS-74U:~
AK-74のショートカービンモデル。主に[[特殊部隊]]などで用いられる。~
フラッシュ・ハイダーを装備し前方がラッパ型、後方が筒型となっている。~
~
-AKS-74N:~
AKS-74の夜間戦闘型。サイドマウントプレートが付いている。~
~
-AKS-74UN:~
AKS-74Uの夜間戦闘型。サイドマウントプレートが付いている。~
~
-AKS-74U-UBN(AKSU-UBN-74):~
ロシアの[[特殊部隊]]向け(アルファ部隊など)モデル。~
サプレッサーとBS-1「Tishina」と呼ばれる専用の30mm消音グレネードランチャーを装備できる。~
~
-OTs-12 Tiss:~
KBP社がAKS-74Uを9×39mm弾仕様として小改良したもの。~
リアサイトは後方に移動し、フラッシュハイダーの形状を変え、マガジンを独特のデザインにした。~
~
-RPK-74:~
AK-74の[[分隊支援火器]]モデル。詳しくは[[RPK]]を参照。~
~
-PP-19"Bizon(ビゾン)":~
AKS-74をベースに開発された口径9mmの短機関銃。詳しくは[[PP-19]]を参照。~
~
-AK-9:~
イズマッシュ社がスペツナズ(特殊部隊)用に設計した9×39mm弾を使用するコマンドアサルトライフル。~
~
-AK-200:~
2010年に公開された最新型。~
AK-74Mを原型にレールシステムの追加や軽量化などの改良が行われた。~
2011年からロシア軍で試験が行われていたが、採用を見送っている。~
~
**海外AK-74系の主な種類 [#fb0c7cdd]
-Kbk wz.1988「タンタル」(wz.88):~
AK-74のポーランド生産型。~
後継としてKbs wz.1996「ベリル」を採用したため、第一線部隊からは退役しつつある。~
~
-Skbk wz.1989「オニキス」:~
AKS-74Uに類似したアサルトカービンモデル。~
~
-Kbs wz.1996「ベリル」:~
AKS-74ベースの近代化モデル。5.56×45mm弾仕様。~
--Kbk wz.1996「ミニベリル」:~
「ベリル」のアサルトカービンモデル。銃身長を235mmに短縮した。~
--ベリル・コマンド:~
銃身長を406mmに短縮したカービンモデル。~
ガスピストン・シリンダーも短縮化され、ハンドガードの左右と下部にピカティニー・レールを装備する。~
--Kbk wz.1997「ボゾ」:~
「ベリル」ベースのブルパップ式アサルトライフル。~
---Kbk wz.2002「ビン」:~
「ボゾ」ベースのブルパップ式アサルトライフル。~
外部は木製部品を使用しており、試作品の趣が強い。~
--Kbk wz.2005「ジャンター」:~
「ビン」ベースのブルパップ式アサルトライフル。~
「ベリル」のレシーバーをほとんどそのまま利用している。~
~
-M80:~
AK-74の旧ユーゴスラビア生産型。~
~
-M85SMG/M92SMG:~
AKS-74Uのユーゴスラビア・セルビア生産型。~
M85SMGは5.56mm×45弾仕様、M92SMGは7.62mm×39弾仕様。~
~
-MPi-AK-74N:~
AK-74Nの東ドイツ生産型。~
~
-MPi-AKS-74N/NK:~
AKS-74/AKS-74Uの東ドイツ生産型。側面折畳銃床。~
~
-88-S式小銃:~
AK-74の中国生産型。民間向けでセミオートのみ。~
~
-88式小銃/98式小銃:~
AK-74の北朝鮮生産型。98式は88式のプラ部品を金属製に換装したモデル。~
~
-AIMS-74:~
AK-74のルーマニア生産型。フォアグリップ付属。~
~
-アーセナルAR-M1/M1F:~
AK-74/AKS-74のブルガリア生産型。~
~
-アーセナルAR-SF/-M4SF:~
AKS-74Uのブルガリア生産型。5.56×45mm弾仕様。下面折畳銃床(AR-SF)、側面折畳銃床(AR-M4SF)。~
~
-アーセナルM9/M9F:~
AK-74/AKS-74のブルガリア生産型。5.56×45mm弾仕様、側面折畳銃床(M9F)。~
~
-ヴェープル(Vepr):~
ウクライナで生産されたAK-74ベースのブルパップ式アサルトライフル。~

更に[[AKM]]と同様に[[GB15グレネードランチャー>GB15]]・[[銃剣]]・[[ダットサイト]]等を無加工で付ける事ができ、東側の[[自動小銃]]の中ではオプションパーツのバリエーションは多い。しかし、生産数は余り多くないと言う。

**国内AK74系の主な種類

-AK74:AK47の後継で弾薬も5.45mmX39弾に変更した型、AKMと構造はほぼ同じ。なお、グレネードとして[[GB15]]をつける事が出来る。~

-AK74S:AK74の改良型、固定式木製ストックを折りたたみ式金属ストック(フォールディングストック)に変更した。

-AKS74U:AK74の短縮型。フラッシュ・ハイダーを装備し前方がラッパ型、後方が筒型となっている。

-AKS74UN:暗視スコープ搭載の特殊部隊用。

-AKS74:AK74の改良型、折り畳みのサイドスイング方式を採用している。

-AK74M:AK74の近代化改修型、木製パーツの部分がプラスチックの樹脂製に変わっている。他の部分については良く分かっていない。

-AKS74M:AK74Mの折り畳みのバージョン。

-AN94:ロシア陸軍が1994年に採用したAKシリーズの最新型でAK74の後継、詳しくは[[AN94]]を参照。

**海外AK74系の主な種類

-WZ88:AK74のポーランド生産型。

-M80:AK74の旧ユーゴスラビア生産型。

-MPi-AK74:AK74の東ドイツ生産型。

-88式小銃:AK74の中国生産型。

-AEK-971:詳しい事は不明。

-87式小銃:AK74を元に中国が作ったもので外見は殆ど同じだが、使用弾薬が中国独自の5.8mmX42弾となっている。

-87式小銃A型:87式小銃の改良型だが詳しい事は不明。

関連:[[AK47]]、[[AKM]]、


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS