【AK-630】(えーけーろくさんぜろ)

NATO名:ADMG-630
1960年代にロシア海軍に採用された東側諸国の代表的なCIWS
ファランクスと同じく6砲身ガトリング砲だが、実用化はこちらが先である。
射撃指揮レーダーはバス・ティルトで、1基で複数の機銃を制御する。
また、既存のCIWSの中では最もコンパクトなシステムで、消費電力も低くコルベットミサイル艇?レベルの小艦艇にも搭載可能である。

主な装備艦艇

キエフ級航空母艦
アドミラル・クズネツォフ級航空母艦
カーラ級巡洋艦
キーロフ級巡洋艦
スラヴァ級ミサイル巡洋艦
クレスタ亀薀蹈吋奪判簍隆
クレスタ教藺膩紳仞艦(駆逐艦)
キンダ級ミサイル巡洋艦
パウク級コルベット?
タランタル級コルベット?
ズーブル型高速エアクッション揚陸艦?

その他補助艦艇を含めてロシア海軍艦艇に幅広く装備されている。

性能諸元

配備年:1969年
口径:30mm
銃身数:6門(ガトリング砲)
初速:1000m/秒 射程:2500m
発射速度:3000発/分
俯仰範囲:-10度〜+90度

派生型

  • AK-603 AK-630の6銃身軽量型

  • AK-230
    AK-630の2銃身型

  • AK-630M1-2「ファイアスワーム」
    AK-630の2銃身12連装型。砲塔重量2,500kg、発射速度10,000発/分、携行弾数4,000発。
    採用されず。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS