• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えーあいえむごじゅうよん){【AIM-54】}; [#se3e0d4d]
AIM-54 &ruby(フェニックス){Phoenix};~
[[F-111]]の海軍型として計画されたF-111Bへの搭載を目的に開発された[[長射程空対空ミサイル>空対空ミサイル]]。~
しかしF-111Bはキャンセルとなったため、AWG-9とともに[[F-14]]へ受け継がれることとなる。初配備は1974年。~
AIM-54の起源は[[F6D]]や[[F-108]]、[[YF-12]]に搭載される予定だった[[空対空ミサイル]]で、その技術が元となりF-111Bと同時に開発された。~
射程は160-200Kmと、実用[[空対空ミサイル]]では世界最長である(現在では退役したので世界最長は[[AA-9エイモス>AA-9]]。)~
艦隊防空に特化したミサイルであり、事実上、搭載するレーダー・火器管制システムから[[F-14]]専用となっている。~

誘導方式は[[中間>中間誘導]]は更新付き[[セミアクティブレーダー誘導]]、[[終端>終端誘導]][[アクティブレーダー誘導]]である。~
後期型のC型では、慣性参照装置が搭載されたことからより効率的な軌道を描けるようになり、命中精度の向上と射程距離の若干の延長がはかられている。

AIM-54 &ruby(フェニックス){Phoenix};.~
~
[[F-111]]の[[海軍>アメリカ海軍]]型として計画された「F-111B」への搭載を目的に開発された[[長射程空対空ミサイル>空対空ミサイル]]。~
しかし、当初の[[搭載母機>プラットフォーム]]になるはずだったF-111Bがキャンセルとなったため、AWG-9とともに[[F-14]]へ受け継がれ、1974年に実戦配備が開始された。~
~
本ミサイルの起源は、[[F6D]]や[[F-108]]・[[YF-12]]に搭載される予定だった[[空対空ミサイル]]で、その技術が元となり、F-111Bと同時に開発された。~
射程は160〜200kmと、実用[[空対空ミサイル]]では世界最長である((現在では本ミサイルの退役により、世界最長の座は[[R-33(AA-9「エイモス」)>AA-9]]に譲っている。))。~
[[艦隊]]防空に特化したミサイルであり、事実上、搭載するレーダー・火器管制システムから[[F-14]]専用となっている。~
~
誘導方式は[[中間>中間誘導]]は[[セミアクティブレーダー誘導]](飛行中のデータ更新あり)、[[終端>終端誘導]][[アクティブレーダー誘導]]である。~
後期型のC型では、慣性参照装置が搭載されたことからより効率的な軌道を描けるようになり、命中精度の向上と射程距離の若干の延長がはかられている。~
~
主な目標は[[対艦ミサイル]]を装備した[[ソ連軍]]の[[爆撃機]]であり、艦隊防空の一番外において爆撃機を[[アウトレンジ]]攻撃する目的で生まれた。~
試験においては80%以上の高命中率を記録し、[[イラン・イラク戦争]]においてイラン軍は不確定情報ながら[[F-14]]の発射したAIM-54で[[イラク軍]]機を多数撃墜している(戦争後にイランによって発表された内容によると1980年から1988年の間にF-14によって行われた撃墜は30機。うちフェニックスによる確定撃墜は16機、未確定が4機。フェニックス71発を射耗、10発が搭載したF-14の被撃墜、事故等によって喪失)が、[[アメリカ軍]]で発射されたAIM-54は撃墜を記録していない。~
試験においては80%以上の高命中率を記録し、[[イラン・イラク戦争]]において、イラン軍は不確定情報ながら[[F-14]]の発射した本ミサイルでイラク軍機を多数撃墜しているが、[[アメリカ軍]]に配備されていた本ミサイルは撃墜を記録していない。~
>イラン・イラク戦争での戦果については、戦後にイラン側が発表した内容によると、1980年から1988年の間にF-14は合計30機の撃墜戦果を記録し、このうち、フェニックスによる確定戦果が16機・未確定戦果が4機、としている。~
また、この期間中にフェニックス71発を射耗し、10発が搭載したF-14の被撃墜・事故等によって喪失された、としている。

ソ連の崩壊に伴い、アメリカ空母艦隊を攻撃する能力を持った国は地球上に存在しなくなった現在、AIM-54は存在意義を失ってしまった。~
ソ連の崩壊に伴い、アメリカの[[機動部隊]]を攻撃する能力を持った国が地球上に存在しなくなった現在、AIM-54は存在意義を失ってしまった。~
また1発約100万ドルと、高価といわれている[[AIM-120]]の2倍以上という高コストも裏目に出てしまっている。~
そのため[[アメリカ軍]]は2004年9月30日をもってAIM-54の運用を終了、30年に渡る艦隊防空の中核としての役割に幕を閉じた。~
そのため、[[アメリカ軍]]は2004年9月30日をもってAIM-54の運用を終了、30年に渡る艦隊防空の中核としての役割に幕を閉じた。~
~
http://www.masdf.com/quiz/pic/mav.jpg
"
**AIM-54の種類 [#h6a42e9c]
**スペックデータ [#m50ed605]
|タイプ|CENTER:AIM-54A|CENTER:AIM-54C|
|全長|>|CENTER:4.01m|
|直径|>|CENTER:38.1cm|
|翼幅|>|CENTER:92.4cm|
|発射重量|CENTER:443kg|CENTER:463kg|
|射程|>|CENTER:200km|
|速度|>|CENTER:[[マッハ]]5.0|
|飛行高度|>|CENTER:30,000m|
|推進方式|>|CENTER:[[固体燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|
|推進装置|CENTER:Mk47(WPU-3/B)ロケットモーター|CENTER:Mk60 ロケットモーター|
|弾頭|>|CENTER:[[HE>榴弾]]連続ロッド(60kg)|
|誘導装置|CENTER:更新付[[SARH>セミアクティブレーダー誘導]]及び[[ARH>アクティブレーダー誘導]]|CENTER:更新付SARH・[[INS>慣性航法装置]]及びARH|
~
**主なバリエーション[#h6a42e9c]
-XAIM-54A:~
1965年より飛行試験を実施していたプロトタイプ。~
~
-AIM-54A:~
1974年から運用が開始された、もっとも初期のモデル。~
中間誘導にはセミアクティブレーダー誘導、終末誘導にはアクティブレーダー誘導を使用する。~
~
-AIM-54B:~
製造過程を短縮出来るようにされた簡易量産モデル。~
[[主翼]]とフィンをハニカム構造を採用した板金とし、液体冷却を必要としないモデルであった。~
[[費用対効果>コスト・パフォーマンス]]が無いとしてキャンセルされたが、仕様の一部はA型の後期モデルに取り入れられた。~
~
-AIM-54C:~
改良型。~
レーダーのソリッドステート化が行われ、デジタル式の電子機器、固定式[[慣性航法装置]]が組み込まれて中間誘導方式に[[慣性誘導>慣性航法装置]]が追加された。~
信管の精度も上がり、低および高高度を飛行する[[対艦ミサイル]]や[[巡航ミサイル]]に対処することが可能になっている。~
~
-AIM-54C+:~
F-14D向けに1986年より生産と配備が開始されたタイプ。~
電気交換ユニット(ECU)が再設計され、温度調節液を使用しない自己完結型の密閉サイクル冷却システムが装備された。~
これにより、携行飛行時に液体による冷却が不要となっている。~
搭載機が上昇したときやダイブしたときの海や温度変化などへの耐性と信頼性向上なども図られている。~
~
-AIM-54C ECCM/Sealed:~
1988年から運用が開始されたC型の改良型で[[ECCM]]能力が強化された。~
C+型と同様、携行飛行時に液体による冷却が不要となっている((ただし、冷却がされないことから、この型のミサイルを搭載したF-14は飛行速度に制限が課せられた、といわれている。))。~
~
-AEM-54:~
試験および評価のための特別なテレメトリ電子機器を有する型。~
~
-ATM-54:~
非アクティブ弾頭を装備する型。~
~
-CATM-54:~
キャプティブ弾。~
~
-DATM-54:~
地上での整備訓練型。~
~
-シーフェニックス:~
[[シースパロー>RIM-7]]の代替として計画されていた[[艦対空ミサイル]]型。~
計画のみ。~
~
-Fakour-90:~
2013年2月にイランが発表した物。~
AIM-54の機体を流用しつつシャヒン((イランが[[ホーク>MIM-23]]をコピーして改良したもの。))[[地対空ミサイル]]の弾頭とシーカーを搭載している。~
~
-Maqsoud:~
2013年11月に明らかとなった、AIM-54を基にした新型ミサイル。~
~

-AIM-54A もっとも初期のモデル

-AIM-54B 製造過程を短縮出来るようにされた簡易量産モデルと言われているが、結局量産はされなかった。A型の後期モデルとして吸収されたとも言われる。

-AIM-54C 送受信器のソリッドステート化が行われ、デジタル自動操縦装置、同信号処理機、固定式慣性参照装置が組み込まれて射程距離の延長、ならびに[[ECCM]]能力が向上している。

-AIM-54C Sealed C型の改良型。自前で冷却システムを持ち、訓練で携行する際にはF-14側からの冷却液供給が不要となっている。

-AIM-54C ECCM/Sealed C型Sealedの信号処理システムを更新し、より[[ECCM]]能力を高めた物。回路にヒーターが組み込むことが可能で、使用可能な温度域が拡大されている。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS