• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えーあいえむごじゅうよん){【AIM-54】};
愛称は&ruby(フェニックス){Phoenix};.~
[[F-111]]および[[ミサイリアー]]への搭載を目的に開発された長射程[[空対空ミサイル]]。初配備は1974年。~
射程は160-200Kmと、実用[[空対空ミサイル]]では世界最長である。~
艦隊防空に特化したミサイルのため、事実上艦隊防空ミッションを行う[[F-14]]専用の武装となっている。~

誘導方式は中間慣性アップデート、終端[[アクティブレーダーホーミング]]の[[撃ちっ放しミサイル>撃ちっ放し能力]]である。

主な目標は[[対艦ミサイル]]を装備した[[ソ連軍]]の[[爆撃機]]であり、[[艦隊]][[防空]]の一番外において爆撃機を[[アウトレンジ]]攻撃する目的で生まれた。~
試験においては80%以上の高命中率を記録し、[[イランイラク戦争]]において帝政イラン軍は不確定情報ながらF-14の発射したAIM-54で[[イラク軍]]機を多数撃墜したと言われているが、[[アメリカ軍]]で発射されたAIM-54は撃墜を記録していない。

ソ連の崩壊に伴い、アメリカ空母艦隊を攻撃する能力を持った国は地球上に存在しなくなった現在、AIM-54は存在意義を失ってしまった。~
また1発約100万ドルと、高価といわれている[[AIM-120]]の2倍以上という高コストであることも裏目に出てしまっている。~
そのため[[アメリカ軍]]は2004年9月30日をもってAIM-54の運用を終了、30年に渡る艦隊防空の中核としての役割に幕を閉じた。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS