【AIM-4】(えーあいえむよん)

AIM-4 Falcon(旧称GAR-1、F-98)
アメリカ・ヒューズエアクラフト社製の空対空ミサイル
1946年に開発が始まり、1956年から運用が開始された。
愛称はファルコンで、改良型のAIM-4G及びAIM-4E/Fはスーパー・ファルコンと呼ばれる。
主な搭載機種としてF-89スコーピオン(翼端ポッドに搭載)、F-101Bヴードゥー及びF-102デルタダガー・F-106デルタ・ダート(いずれも機内弾薬倉に搭載)、F-4DファントムII(内側の翼下パイロンに搭載)に装備された。
米軍以外ではカナダ国防軍が使用し、CF-101及びCF-105 アローに装備された。

セミアクティブレーダー誘導および赤外線誘導方式であり、AIM-9と並ぶ米軍の主力空対空ミサイルとなると思われたが
「高Gで自己破壊を起こす」
シーカーの冷却時間が長いため、目標のロックオンを得るまでに6〜7秒も要する」
「(もともと爆撃機の迎撃用として設計されたため)弾頭が小さく、近接信管を備えていない」
などの欠点があり、AIM-9と交代する形で早期に退役してしまった。

「サイズは違えど空力は同じ」という理念の元に開発された空対空ミサイルであり、同シリーズとしてMIM-23?AIM-54などがある。

スペックデータ

  • AIM-4A
    全長:1.98m
    翼幅:0.508m
    本体直径:0.163m
    発射重量:54kg
    推進装置:チオコールM58 固体燃料ロケットモーター
    射程:9.7km
    速度:マッハ3
    誘導方式:セミアクティブレーダー誘導
    弾頭:高性能炸薬弾頭(3.4kg)

  • AIM-4C/D
    全長:2.02m
    翼幅:0.508m
    本体直径:0.163m
    発射重量:61kg
    推進装置:チオコールM58 固体燃料ロケットモーター
    射程:9.7km
    速度:マッハ3
    誘導方式:赤外線誘導
    弾頭:高性能炸薬弾頭(3.4kg)

  • AIM-4E/F
    全長:2.18m
    翼幅:0.16m
    本体直径:0.618m
    発射重量:68kg
    推進装置:チオコールM46 デュアルスラスト固体燃料ロケットモーター
    射程:11.3km
    速度:マッハ4
    誘導方式:セミアクティブレーダー誘導
    弾頭:高性能炸薬弾頭(13kg)

  • AIM-4G
    全長:2.06m
    翼幅:0.61m
    本体直径:0.618m
    発射重量:66kg
    推進装置:チオコールM46 デュアルスラスト固体燃料ロケットモーター
    射程:11.3km
    速度:マッハ4
    誘導方式:赤外線誘導
    弾頭:高性能炸薬弾頭(13kg)

派生型(カッコ内は旧称)

  • AIM-4(GAR-1)
    セミアクティブレーダー誘導の初期生産型。

  • AIM-4A(GAR-1D)
    より大きな制御翼面を持つ、AIM-4の機動性改善型。

  • AIM-4B(GAR-2)
    AIM-4の赤外線誘導型。撃ちっ放し能力を持つ。

  • AIM-4C(GAR-2A)
    AIM-4Bのシーカー感度改善型。

  • AIM-4D(GAR-2B)
    初期型ファルコンの最終型。弾体を小型・軽量化し、AIM-4Gのシーカーを搭載した。

  • AIM-4E(GAR-3)
    スーパー・ファルコンのセミアクティブレーダー誘導型。速度と射程が増している。

  • AIM-4F(GAR-3A)
    AIM-4Eの改良型。
    新型のチオコールM46 デュアルスラスト固体推進ロケットモーターと精度とECM抵抗性を改善したSARH誘導装置を持つ。

  • AIM-4G(GAR-4)
    スーパー・ファルコンの赤外線誘導型。

  • XAIM-4H
    AIM-4Dの改良型。レーザー近接信管や新型弾頭などを搭載し、機動性も向上した。
    1971年に開発中止。

  • HM-58
    AIM-4Cのスイス輸出型。
  • Rb 28
    AIM-4Cのスウェーデン輸出型。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS