• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えーえーじゅうに){【AA-12】}; [#vf3eeae7]
旧ソ連/現ロシアの[[ヴィンペル社>ヴィンペル]]が開発した、現在東側最新の[[中射程空対空ミサイル>空対空ミサイル]]。~
[[NATOコード]]は、AA-12「アッダー((Adder:マムシの意味。))」で、ロシアではR-77 RVV-AE(ロシア語で「アクティブ空対空ミサイル」の略)、またアメリカ製の[[AIM-120「アムラーム」>AIM-120]]に似ている事から「[[アムラームスキー]]」とも言われている。~
+MPS AA-12~
アメリカのMPS(Military Police Systems,Inc.)社が開発した自動式[[散弾銃]]。~
~
+旧ソ連/現ロシアの[[ヴィンペル社>ヴィンペル]]が開発した[[中射程空対空ミサイル>空対空ミサイル]]。~
[[NATOコード]]は、AA-12「アッダー((Adder:マムシの意味。))」で、ロシアではR-77 RVV-AE(ロシア語で「アクティブ空対空ミサイル」の略)と呼ばれる。~
また、アメリカ製の[[AIM-120「アムラーム」>AIM-120]]に似ている事から「[[アムラームスキー]]」とも言われている。~
~
AA-12は、[[R-27(AA-10「アラモ」)>AA-10]]の後継として1982年頃から開発が始まり、当時旧ソ連では最新鋭の技術が数多く取り込まれた。~
~
一つ目は[[撃ちっ放し能力]]で、[[アクティブレーダー誘導]]を採用した([[AA-10AEと言うアクティブ誘導型>AA-10]]は、当時開発段階のAA-12の技術を流用したと言う不特定情報がある)事で母機の誘導なし追尾が可能。~
~
シーカーは2つの操作モードがあり、短距離では「[[撃ちっ放し>撃ちっ放し能力]]」モードを起動し、長距離では指令誘導と[[慣性誘導>慣性航法装置]]を併用し、ターゲットとの距離が20km以内になると「アクティブレーダー」モードが自動で起動する。~
また、ターゲットからロックオンが外れた際は、ホストレーダーシステムがターゲット情報を保持するようになっている。~
~
さらに[[電子戦機]]の[[ジャミング]]・[[航空機]]の[[チャフ]]等[[ECM]]の防御策である[[ECCM]]能力に優れており、反対に[[ECM]]を利用して[[ジャミング]]がかかると[[その発信源に飛翔する能力>ホームオンジャム]]を持っている。~
なお、[[アクティブレーダー誘導]]は[[終端誘導]]のみで[[中間誘導]]は[[慣性誘導>慣性航法装置]]+[[データリンク]]を使用している。~
~
二つ目は折り畳み機能で、折り畳み可能な十字形の格子状尾翼により機体内部又は半埋め込み式で搭載出来るようになっている。~
これにより、将来の新型機([[MiG-1.42]]等)に搭載出来るように設計されている。~
尾翼にはOTR-21「トーチカ(SS-21)」[[短距離弾道ミサイル>弾道ミサイル]]の技術が流用されており、最大旋回率は150°毎秒で120G以上の機動が可能である。~
二つ目は尾翼で、OTR-21「トーチカ(SS-21)」[[短距離弾道ミサイル>弾道ミサイル]]の技術を流用し、最大旋回率は150°毎秒で120G以上の機動が可能である。~
~
三つ目は推進装置で、[[ヴィンペル社>ヴィンペル]]の公式発表によると最大射程は100km(実際には諸説あり、90km程度ともいわれている)。~
さらに固体燃料[[ラムジェットエンジン>ラムジェット]]を搭載したPD型は最大射程が160〜200kmあるという。~
このように新機能を多く搭載したAA-12は、1994年から配備が開始されている。~
~
なお、インドや中国・イラン等はAA-12に関心が高く、特に中国に関してはAA-12の技術支援を流用した国産の[[霹靂12]]を製作し配備している。~
~
#ref(AA-12.jpg)

Photo:India air force

関連:[[アムラームスキー]] [[AA-10]] [[AIM-120]]~
~
**主な搭載機 [#o76781d9]
-[[F-14]](イラン空軍機)
-[[Su-27「フランカー」シリーズ(Su-27SM/Su-30/Su-34/Su-35/Su-37)>Su-27]]~
-[[Su-47>S-37]]~
-[[MiG-21「ランサー」>MiG-21]]
-[[MiG-21-93「バイソン」>MiG-21]]~
-[[MiG-29/MiG-35「フルクラム」>MiG-29]]~
-[[MiG-31M「フォックスハウンド」>MiG-31]]~
-[[Yak-141]]
-[[殲撃10(J-10)>殲撃10]]
-[[殲撃11(J-11)>殲撃11]]
-[[殲撃15>Su-27]]
-[[殲撃16>Su-27]]
-テジャス(搭載予定)
-[[PAK FA>T-50]](搭載予定)
**[[カタログスペック]] [#j58deb39]
|全長|3.58m|
|直径|20cm|
|翼幅|45cm|
|発射重量|175kg(R-77)/226kg(R-77M1)|
|弾頭|[[HE>榴弾]] 指向性破片威力弾頭(弾頭重量30kg)|
|信管|[[レーザー]]式[[近接信管]]|
|最大速度|[[M>マッハ]]4.5以上|
|射程|50〜100km|
|飛行高度|20〜25km|
|[[G]]限界|5G|
|推進方式|[[固形燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]](R-77)/[[ラムジェットエンジン>ラムジェット]](R-77-PD)|
|誘導方式|[[慣性>慣性航法装置]]+[[データリンク]]([[中間誘導]])/[[アクティブレーダー誘導]]([[終端誘導]])|
***発射[[プラットフォーム]] [#p0d5125c]
--[[F-14]](イラン空軍機)
--[[Su-27「フランカー」シリーズ(Su-27SM/Su-30/Su-34/Su-35/Su-37)>Su-27]]~
--[[Su-47>S-37]]~
--[[MiG-21「ランサー」>MiG-21]]
--[[MiG-21-93「バイソン」>MiG-21]]~
--[[MiG-29/MiG-35「フルクラム」>MiG-29]]~
--[[MiG-31M「フォックスハウンド」>MiG-31]]~
--[[Yak-141]]
--[[殲撃10(J-10)>殲撃10]]
--[[殲撃11(J-11)>殲撃11]]
--[[殲撃15>Su-27]]
--[[殲撃16>Su-27]]
--テジャス(搭載予定)
--[[PAK FA>T-50]](搭載予定)~
~
**主な種類 [#n75f1434]
-R-77(RVV-AE):~
|>|>|>|CENTER:''[[カタログスペック]]''|
|タイプ|CENTER:R-77|CENTER:R-77-1|CENTER:R-77PD|
|全長|CENTER:360cm|CENTER:371cm|CENTER:370cm|
|直径|>|>|CENTER:20cm|
|翼幅|CENTER:35cm|CENTER:42cm|CENTER:82cm|
|発射重量|CENTER:175kg|CENTER:190kg|CENTER:226kg|
|弾頭|>|>|CENTER:[[HE>榴弾]] 破片効果弾頭|
|弾頭重量|CENTER:22kg|>|CENTER:22.5kg|
|信管|>|>|CENTER:[[レーザー]]式[[近接信管]]|
|最大速度|>|CENTER:[[M>マッハ]]4以上|CENTER:M5|
|射程|CENTER:50〜100km|CENTER:110km|CENTER:150〜160km|
|飛行高度|>|>|CENTER:20〜25km|
|[[G]]限界|>|>|CENTER:5G|
|推進方式|>|CENTER:[[固形燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|CENTER:[[ラムジェット&br;(ダグロケット方式)>ラムジェット]]|
|誘導方式|>|>|CENTER:[[慣性>慣性航法装置]]+指令または[[データリンク]]([[中間誘導]])&br;[[アクティブレーダー誘導]]([[終端誘導]])|
|目標探索装置|>|>|CENTER:9B-1348 多機能モノパルスアクティブレーダー[[シーカー]]|
~
***主なバリエーション [#wd2df883]
--R-77(RVV-AE、Izdeliye 170):~
初期型。~
--R-77E(RVV-AE-E):~
~
---R-77E(RVV-AE-E):~
輸出用ダウングレード型。~
~
--R-77T(RVV-TE):~
[[赤外線誘導]]型。~
--R-77P:~
~
--R-77P(RVV-PE):~
[[パッシブ誘導>パッシブレーダー誘導]]型。~
シーカーは25km先の目標を捕捉できるとされる。~
~
-R-77-PD(RVV-AE-PD):~
--R-77-PD(RVV-AE-PD):~
推進方式を[[ラムジェット]]推進に変更した射程距離延伸型。~
ミサイルは弾体が太くなり、中央部に4カ所のエアインテイクを備えている。~
1989年に、最初の設計研究が締結され開発が始められたが、予算不足とさらなる発展のために、[[MBDA]]との合弁で開発が行われ、1994年に開発が完了した。~
しかし、量産はされていない。~
~
-R-77-SD(RVV-AE-SD):~
ECCM能力向上型。~

--R-77-1(RVV-SD):~
射程距離を延長(110km)し、ECCM能力を向上させた型。~
~
-K-77M:~
--K-77M:~
大規模改良型。開発中。~
[[ステルス]]機での[[ウェポンベイ]]への搭載が考慮されており、スノコ状の舵翼が折り畳めるようになっている。~
舵翼は[[ロケットモーター>ロケットエンジン]]への点火、射出時に展開される。~
他にも改良が加えられており、射程距離の延長(110km)や対[[ジャミング]]性能、[[ルックダウン]]・[[シュートダウン]]性能の向上が図られている。~
他にも改良が加えられており、射程距離の延長や対[[ジャミング]]性能、[[ルックダウン]]・[[シュートダウン]]性能の向上が図られている。~
また、[[シーカー]]は西側のAAMに先駆けて[[アクティブフェイズドアレイ>アクティブフェイズドアレイレーダー]]化がなされている模様。~
~
-K-77ME:~
--K-77ME:~
K-77Mをベースに開発中の長射程型。~
全長を伸ばし、推進方式をラムジェットに変更している。~
~
-R-77-3PK:~
--R-77-3PK:~
[[地対空ミサイル]]型。~
~
-R-77ZRK(RVV-AE-ZRK):~
--R-77ZRK(RVV-AE-ZRK):~
2005年から配備が開始された[[艦対空ミサイル]]型。~
[[VLS>垂直発射システム]]からの発射に対応するため推力偏向装置を搭載し、搭載燃料も増加させている。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS