• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(えーさんごーまる){【A350】}; [#f684d903]
Airbus A350.~
~
2004年12月10日に[[エアバス社>エアバス(企業)]]が開発を発表した中型[[双発>双発機]]ジェット[[旅客機]]。~
当初、[[ボーイング]]社製の[[B787]]に対抗しうる機種として、[[A330]]をベースに開発することとなっていたが、ユーザーから「これでは[[A330]]の焼き直しに過ぎない」という批判があり、[[B787]]に比して受注が伸び悩むこととなった。~
>なお、当初に出されていたコンセプトは[[A330]]の改良型「[[A330neo]]」に受け継がれた。
2004年12月10日に[[エアバス社>エアバス(企業)]]が開発を発表した大型[[双発>双発機]]ジェット[[旅客機]]。~
当初、[[ボーイング]]社製の[[B787]]に対抗しうる中型機として、[[A330]]をベースに開発することとなっていたが、ユーザーから「これでは[[A330]]の焼き直しに過ぎない」という批判があり、[[B787]]に比して受注が伸び悩むこととなった。~
>なお、当初に出されていたコンセプトは[[A330]]の改良型「[[A330neo>A330]]」に受け継がれた。

その後、エアバス社は当初の設計を大幅に改めた「A350XWB((Extra wide Bodyの略。))」を発表。~
その後、エアバス社は当初の設計を大幅に改め、大型の機体とした「A350XWB((Extra wide Bodyの略。))」を発表。~
2013年5月に試作初号機がロールアウトし、[[ローンチカスタマー]]となるカタール航空には2014年12月に量産1号機が引き渡されている。~
~
日本では[[日本航空]]が「老朽化した[[B767]]及び[[B777]]の代替」として31機を発注(他25機をオプション)しており、2019年度からの就航を予定している((一方、[[全日本空輸]]は同目的で[[B777-9>B777]]の導入を計画している。))。~
日本では[[日本航空]]が「老朽化した[[B767]]及び[[B777]]の代替」として31機を発注(他25機をオプション)しており、2019年度から就航した((一方、[[全日本空輸]]は同目的で[[B777-9>B777]]の導入を計画している。))。~
>なお、本機は日本航空の運航機材で初めて操縦系統に[[サイドスティック]]を採用した機体となった((これ以前に[[日本エアシステム]]から引き継いでいた[[A300]]は操縦系統に[[操縦輪]]を用いていた。))。

**主なオペレーター(2021年8月現在) [#y186aa02]
|国名|オペレーター名|A350-900|A350-1000|合計|
|ロシア|アエロフロート・ロシア航空|1機||1機|
|グアドループ|エア・カライベス|3機|1機|4機|
|中国|中国国際航空&br;(エア・チャイナ)|10機||10機|
|~|中国東方航空|7機||7機|
|~|中国南方航空|6機||6機|
|~|海南航空|2機||2機|
|~|四川航空|4機||4機|
|フランス|[[エールフランス]]|5機||5機|
|~|フレンチ・ビー|3機||3機|
|モーリシャス|モーリシャス航空|2機||2機|
|韓国|アシアナ航空|11機||11機|
|イギリス|[[ブリティッシュ・エアウェイズ]]||6機|6機|
|~|ヴァージン・アトランティック航空||4機|4機|
|香港|キャセイパシフィック航空|24機|12機|36機|
|~|香港航空|2機||2機|
|中華民国|チャイナエアライン&br;(中華航空)|14機||14機|
|アメリカ|[[デルタ航空]]|9機||9機|
|エチオピア|エチオピア航空|14機||14機|
|スペイン|エベロップ航空|2機||2機|
|~|イベリア航空|6機||6機|
|フィジー|フィジー・エアウェイズ|2機||2機|
|フィンランド|フィンエアー&br;(フィンランド航空)|15機||15機|
|日本|[[日本航空]]|10機||10機|
|ブラジル|LATAM ブラジル&br;(元 TAM航空)|10機||10機|
|ドイツ|[[ルフトハンザドイツ航空]]|16機||16機|
|~|[[ドイツ空軍>ルフトバッフェ]](([[政府専用機]]として運用(3機導入予定)。&br;  なお、航空会社以外での運用は同空軍が初となった。))|1機||1機|
|マレーシア|マレーシア航空|6機||6機|
|フィリピン|フィリピン航空|6機||6機|
|カタール|カタール航空|39機|15機|54機|
|スカンジナビア|スカンジナビア航空|3機||3機|
|シンガポール|シンガポール航空|48機||48機|
|タイ|タイ国際航空|12機||12機|
|ベトナム|ベトナム航空|14機||14機|
~
**主なオペレーター(2019年7月現在) [#y186aa02]
|国名|導入会社|導入機数|
|カタール|カタール航空|41機&br;(900型34機、1000型7機)|
|香港|キャセイパシフィック航空|32機&br;(900型10機、1000型22機)|
|~|香港航空|6機|
|シンガポール|シンガポール航空|32機|
|中華民国|チャイナエアライン&br;(中華航空)|14機|
|ベトナム|ベトナム航空|13機|
|フィンランド|フィンエアー&br;(フィンランド航空)|13機|
|ドイツ|[[ルフトハンザドイツ航空]]|13機|
|アメリカ|[[デルタ航空]]|13機|
|タイ|タイ国際航空|12機|
|エチオピア|エチオピア航空|10機|
|ブラジル|LATAM ブラジル&br;(元 TAM航空)|9機|
|中国|中国国際航空|8機|
|~|中国東方航空|4機|
|~|海南航空|3機|
|~|四川航空|4機|
|韓国|アシアナ航空|6機|
|日本|[[日本航空]]|1機|
|マレーシア|マレーシア航空|6機|
|フィリピン|フィリピン航空|5機|
|スペイン|イベリア航空|3機|
|~|エベロップ航空|1機|
|フランス|フレンチ・ビー|2機|
|グアドループ|エア・カライベス|2機|
|モーリシャス|モーリシャス航空|2機|
~
**スペックデータ [#ob15c410]
|タイプ|A350-800|A350-900|A350-900R|A350-900F|A350-1000|
|乗員|>|>|>|>|CENTER:2名([[機長]]・[[副機長]])|
|乗客数&br;(3クラス/2クラス)|270名/312名|314名/366名|310名/-|CENTER:-|350名/412名|
|貨物搭載量|>|>|CENTER:-|CENTER:90t|CENTER:-|
|全長|60.7m|>|>|CENTER:67.0m|74.0m|
|全高|>|>|>|>|CENTER:16.9m|
|胴体幅|>|>|>|>|CENTER:596cm|
|[[キャビン]]幅|>|>|>|>|CENTER:559cm|
|最大離陸重量|248t|268t|>|>|CENTER:298t|
|最大燃料搭載量|129,000L|141,000L|>|CENTER:-|156,000L|
|[[エンジン]]|>|>|>|>|CENTER:ロールス・ロイス [[トレントXWB>トレント(エンジン)]][[ターボファン]]×2基|
|エンジン[[推力]]|74,000lb|83,000lb|>|>|CENTER:92,000lb|
|就航速度|>|>|>|>|CENTER:[[M>マッハ]]0.85|
|[[航続距離]]|15,400km|15,000km|17,600km|9,250km|14,800km|
~
**A350の派生型 [#o406487d]
-A350-800:~
基本の短胴型。2016年5月計画中止(([[A330]]の派生型A330-900neoと機体規模が重複するため。))。~
3クラスで270座席、[[航続距離]]15,400km。~
~
-A350-900:~
標準胴体型。~
3クラスで314座席、[[航続距離]]15,000km。~
~
--A350-900R:~
A350-900の航続距離延長型。~
想定航続距離17,600km。~
~
--A350-900ULR:~
シンガポール航空の要請により開発された、シンガポール=北米間直行運航可能な超長距離路線仕様機。~
シンガポール航空の要請により開発された、シンガポール〜北米間直行運航可能な超長距離路線仕様機。~
想定航続距離17,964km。~
~
--A350-900F:~
A350-900の貨物機型。貨物搭載量90t。~
~
-A350-1000:~
A350-900の胴体延長型。~
3クラスで350座席、航続距離14,800km。~
~
-ACJ350 XWB:~
[[プライベートジェット機>ビジネス機]]仕様。~
航続距離は20,550kmで、25人の搭乗で22時間以上飛行可能とされ、2019年にドイツが[[政府専用機]]として3機発注している。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS