【A-50】(えーごじゅう)


  1. 早期警戒機Tu-126?モスの後継機として開発されたロシアの早期警戒管制機
    NATOコードは「メインステイ」。

    原型機にIL-76?「キャンデット」輸送機を使用し、胴体上にロートドーム?を取り付けている。
    電子機器の小型化が遅れており、西側に比べ大型で重い*1こともあってか、燃料満載状態では離陸出来ない。
    空中給油プローブ?も一応備えているが、扱いが難しく経験が多いパイロットにしか使用を認めていないという。
    当機に搭載されている「シュメーリ(ロシア語でマルハナバチ)」レーダー・コンプレックスの索敵能力はアメリカ軍E-3センチュリーと比べると、レーダーでの索敵距離が220km〜240km、複数目標の追跡能力は50〜60個と劣っているが、逆に地上の物体と目標との識別と低空飛行している航空機の識別能力は高いと言われる。
    データの送受信は航空機や地上の管制所・潜水艦等あらゆるものと可能である。

    キャビン内は戦闘機を管制する大型スクリーンが1、地上・空中の戦闘状況をモニターする小型スクリーンが複数設置されおり、いずれもデジタル化されたカラーCRT?ディスプレイである。
    しかし、軍事的な性能とは裏腹に騒音レベルが高い、休憩用ベットが無い等、搭乗員への機内環境は良くないそうである。

    現在はロシア軍で約25機が使用されており、詳しい配置場所については分かってないが、北極圏方面やバルト海方面に配備されている言う噂もある。
    実戦では余り知られてないが、湾岸戦争中に当時ソ連軍のA-50が黒海やカスピ海周辺に展開し、24時間体制でイラク周辺の上空を監視し続けてたという。
    イラク軍?も少数ながらA-50(A-50とは別タイプのIL-76?改良型早期警戒機の説もあり)を実戦に使用した模様だが、1機が破壊され2機がイランに亡命した。
    そのイランは、現在でも亡命した2機を使用しているという。

    【スペックデータ】
    乗員:3〜4名+操作員10名程度
    全長:46.59m
    全高:14.76m
    全幅:50.50m
    主翼面積:300.0
    機体重量(自重/全備) :105,000kg/195,000kg
    最大離陸重量:190,000kg
    飛行速度:700km/h(巡航)
    エンジン:ソロビヨフ設計局(現アビアドビゲーテル)製 D-30KPターボファン推力117.6kN)×4基
    実用上昇限度:13,000m
    航続距離:3,940nm
    最大探知距離:119nm
    方位角:0〜360°

    【派生型】
    A-50 :標準型
    A-50U:レーダーを「シュミェーリM」に改良した型
    A-50M:コンピューターを改良した型
    A-50I:イスラエルのIAIが開発し、中国人民解放軍に売り込んだ型
    アドナン1・2:イラク向けにIl-76MDをもとに開発された機体。トムソンCSFタイガーG(Thompson-CSF Tiger G)レーダーを搭載。2は1の派生型。

  2. 韓国航空宇宙工業(KAI)とロッキード・マーチン社がA-37やF-5の後継として開発したT-50練習機の攻撃機仕様。F/A-50とも呼ばれる。
    開発は1997年より世界の軍用機市場に進出するための国策事業として推進され、2003年に完了、量産が開始された。
    分担比率はKAIが44%、ロッキード・マーチン社が55%、その他1%となっている。開発はKAIが仕様を固め、それに応じて全ての電子機器、ソフトウェアと主翼をロッキード・マーチンが担当した。
    A-50は発展途上国に対し「安価なF-16」として200〜300機の輸出が予定されている。

    【スペックデータ】
    乗員:2名
    全長:13.14m
    全高:4.94m
    全幅:9.45m
    重量:6,441kg
    最大離陸重量:12t
    最高速度:Mach1.5
    エンジン:GE F404-GE-102ターボファン(推力17,700lbs)×1基
    実用上昇高度:14,630km
    航続距離:2500km
    武装:M61A1 20mmバルカン砲×1門、AIM-9Xパイソン5AGM-65G、各種爆弾(JDAM、Spice1000)等2,725kg


*1 E-3の1.5倍の重量がある

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS