• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(きゅうきゅうしきじそうりゅうだんほう){【99式自走榴弾砲】}; [#nfebdf4e]

[[75式自走榴弾砲]]の後継として、1999年に制式化された陸上自衛隊の自走砲。~
*&ruby(きゅうきゅうしきじそうりゅうだんほう){【99式自走榴弾砲】}; [#b317feab]
[[陸上自衛隊]]で運用されている[[自走榴弾砲]]。~
広報向け[[愛称]]は「ロングノーズ」、略称は「99HPS」、配備部隊では「99式15榴弾」とも呼ばれる。~
~
車体は[[89式装甲戦闘車]]をベースにしている(車体は転輪を1つ加えて多少延長されている)。~
武装は52口径155mm榴弾砲と[[M2]]12.7mm重機関銃を装備している。~
主砲の口径は、75式自走榴弾砲と同じであるものの、砲身長は52口径に延長され、最大射程も約30kmと1.5倍以上に延びており、長射程弾(ベースブリード弾)使用時の最大射程は約40kmとなる。最大で毎分6発以上の発射速度を持つ。~
[[75式自走榴弾砲]]の後継として1985年から開発が開始され、1999年から調達が開始された。~
当初は75式の砲身を39口径に換装したものにすることが検討されていたが、最終的に[[89式装甲戦闘車]]の車体をベースに新規開発されることとなった。~
~
特徴として、本砲の背後に、専用に開発された99式弾薬給弾車をおくことで、自動で弾薬を補給でき、継続的な発射速度を向上させる事が出来る。~
また射撃統制装置は新野戦特科射撃指揮装置(新FADAC)とリンクできる高度なものが搭載されている。~
自動装填装置は75式と異なり、[[装薬]]も自動装填され、任意の角度での自動装填が可能になっている((この自動装填技術は近年、英国軍への供与が検討されている。))。~
また、[[99式弾薬給弾車]]を連結することで、自動で弾薬を補給し、継続的な発射速度を向上させる事が出来る。~
その他、[[射撃統制装置>火器管制装置]]は野戦特科射撃指揮装置JGSQ-W3(FADAC((Field Artillery Digital Automatic Computer.)))と[[データリンク]]が可能で、高度な機能として、射撃指揮所の遠隔操作による自動標定、自動照準、自動装填、自動発射が可能とされる。~
~
調達数は平成19年度末で62両で(平成16年の年間調達数は8両、一両あたりの調達価格は約9.6億円)、現在は第7師団の第7特科連隊などに配備されている~
高性能な車両だが、一両あたりの調達価格が9億6千万円と高額な為、1年間の調達数は数両に留まっている。~
2017年度予算までの調達数は129両であるが、2001年に発生した貨物船の沈没事故で2両が失われた。~
主に、[[北部方面隊]]隷下の[[師団]]・[[旅団]]の特科部隊、第1陸曹教育隊([[北部方面混成団>混成団]]隷下)、[[富士教導団]]特科教導隊及び武器学校に配備されているが、陸自全体での火砲の定数が300門に削減されたため、75式全車を更新できるほどの生産は行なわれない模様である((75式は2016年に全車退役。))。~

**スペックデータ[#y2a2e6fc]
|乗員|4名|
|全長|11.3m|
|全高|4.3m|
|全幅|3.2m|
|重量|40.0t|
|エンジン|[[三菱>三菱重工業]]6SY31WA4・ストローク直列6気筒[[液冷>液冷エンジン]][[ディーゼル>ディーゼルエンジン]](600hp)|
|最大射程|40km|
|最大速度|49.6km/h|
|[[航続距離]]|300km|
|発射速度|6rds/min|
|携行弾数|30発(155mm榴弾砲)|
|兵装|主砲:52口径155mm榴弾砲×1門&br;副武装:[[12.7mm重機関銃>ブローニングM2]]×1挺|
~
性能諸元~
全長:11.3m~
全幅:3.2m~
全高:4.3m(積載状態)~
重量:40t~
速度:49.6km/h~
行動距離:300km~
主砲:52口径155mm榴弾砲×1~
副武装:12.7mm重機関銃M2×1~
エンジン:三菱6SY31WA 4ストローク直列6気筒液冷ディーゼル(600hp)~
乗員:4名~
#ref(http://www.masdf.com/altimeter/soukaen2010/IMG_8578.jpg,600x400);
#br


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS