【87式自走高射機関砲】(はちななしきじそうこうしゃきかんほう)

陸上自衛隊が開発した自走式対空砲?
M42「ダスター」?自走高射機関砲やM15A1対空自走砲の後継として開発された。
防衛省は略称を87AW、広報向け愛称を「スカイシューター」としているが、部隊では「ガンタンク」や、敵航空機を蝿に見立てて、それを撃墜する「ハエ叩き」とも呼ばれる。
車体は三菱重工、砲および砲塔は日本製鋼所、射撃統制装置を三菱電機が生産を担当している。

74式戦車の車体を改造した物を使用し、1983年に試作車両が完成、1987年に制式化された。
砲塔左右にKDA 35mm高射機関砲を1門ずつ、計2門装備している。
射撃統制装置はデジタル式で砲塔後部のパルス・ドップラー方式の捜索レーダーおよび追尾レーダーで構成され、目標発見、捕捉、追尾、発射までの過程をリアルタイムで算出し、車体、砲の動揺修正も全て自動的に行う。

射撃統制装置やレーダー機器を装備した高性能な自走式対空砲だが、約15億円超と調達費が高額になったため年に数両しか導入できず、52両で調達が終了した。
主な配備先は第7師団の高射特科連隊及び第2師団の高射特科大隊1個中隊のみの少数に留まっている。

なお、レーダー機器の配置はゲパルト自走式対空砲同様の配置を理想としていたが、ゲパルトのレーダーの配置が特許を取っていたため、それに触れないように配置されている。

スペックデータ

乗員3名
全長7.99m
全高4.40m
全幅3.18m
戦闘重量38.0t
エンジン三菱10ZF22WT 空冷2ストロークV型10気筒 ターボチャージド・ディーゼル(出力2,200rpm)
最大速度
(路上)
53km/h
行動範囲300km
有効射程4,000m
発射速度550rds/min
兵装KDA 35mm高射機関砲×2門



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS