• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(はちいちしきたんきょりちたいくうゆうどうだん){【81式短距離地対空誘導弾】};
[[自衛隊]]の開発した、中距離[[地対空ミサイル]]と[[93式近距離地対空誘導弾]]の中間域の防空を担当する[[地対空ミサイル]]。愛称は「ショートアロー」だが、「短SAM」の方が圧倒的に一般的。製作は東芝。~
初期型は1981年に正式化され、1990年で配備を完了した。現在は射程を伸ばすなどの改良を加えたC型の配備が進められている。このC型には誘導方式に赤外線/可視複合画像ホーミングの光波弾と[[アクティブレーダーホーミング]]の電波弾とがある。~
主な配備先として[[陸上自衛隊]]の[[高射特科]]大隊・中隊の他、基地防空用として[[航空自衛隊]]と[[海上自衛隊]]にも採用されている。~
なお映画の話、その上特撮物ではあるが、「ガメラ 大怪獣空中決戦」(1995年、監督金子修介)において、ガメラを撃墜する大戦果を挙げた。~
しかし、同映画内でギャオスにかわされ、二発の「短SAM」が東京タワーをへし折ったりもしている。

*&ruby(はちいちしきたんきょりちたいくうゆうどうだん){【81式短距離地対空誘導弾】}; [#f713494b]
[[自衛隊]]が装備している国産の[[地対空ミサイル]]。~
公募された[[愛称]]は「ショートアロー」であるが、「短SAM」の方が圧倒的に一般的。~
~
初期型は1981年に正式化され、1990年で配備を完了した。~
主たる配備先は[[陸上自衛隊]]の[[高射特科>特科]]だが、[[海上自衛隊]]・[[航空自衛隊]]でも基地防空の用途に運用されている。~
~
[[有効射程]]は[[93式近距離地対空誘導弾]]より長いが、[[03式中距離地対空誘導弾]]ほどではない。~
実際、その両者の中間域の防空を担当する目的で配備されている。~
~
改装を施した[[73式大型トラック]]三輌をもって1個の[[プラットフォーム]]とし、そのうち一輌に[[射撃統制装置>火器管制装置]]、残り二輌に一基ずつ発射機を搭載している。~
発射機には誘導弾4発が装填され、それに加えて予備弾を収納したコンテナを搭載する。~
~
[[射撃統制装置>火器管制装置]]は発射後の[[ロックオン]]にも対応し、また発射装置に「目視照準具」を接続する事により、目視での照準も可能。~
安全対策として、発射後の時間経過や[[射撃統制装置>火器管制装置]]からの指令で誘導弾を自爆させる機能を持つ。~
~
なお、後継として[[巡航ミサイル]]への対処能力を備えた[[11式短距離地対空誘導弾]]が制式化されている。~
~
#ref(短SAM.jpg)~
Photo :JGSDF
Photo :JGSDF~
~
**配備部隊 [#k0d6d72a]
-[[陸上自衛隊]]
--陸上自衛隊高射学校
---高射教導隊第1中隊
--陸上自衛隊武器学校
--[[北部方面隊]]
---[[第2師団第2高射特科大隊>第2師団(自衛隊)]]
---[[第5旅団第5高射特科中隊>第5旅団(自衛隊)]]
---[[第7師団第7高射特科連隊>第7師団(自衛隊)]]
---[[第11旅団第11高射特科隊>第11旅団(自衛隊)]]
--[[東北方面隊]]
---[[第9師団第9高射特科大隊>第9師団(自衛隊)]]
--[[東部方面隊]]
---[[第1師団第1高射特科大隊>第1師団(自衛隊)]]
---[[第12旅団第12高射特科中隊>第12旅団(自衛隊)]]
--[[中部方面隊]]
---[[第3師団第3高射特科大隊>第3師団(自衛隊)]]
---[[第10師団第10高射特科大隊>第10師団(自衛隊)]]
---[[第13旅団第13高射特科中隊>第13旅団(自衛隊)]]
---[[第14旅団第14高射特科隊>第14旅団(自衛隊)]]
--[[西部方面隊]]
---[[第4師団第4高射特科大隊>第4師団(自衛隊)]]~
~
-[[航空自衛隊]]
--航空教育集団
---航空自衛隊第2術科学校
--[[航空総隊]]
--[[北部航空方面隊>航空方面隊]]
---第2航空団第2基地防空隊([[千歳基地>千歳空港]])
---第3航空団第3基地防空隊([[三沢基地>三沢飛行場]])
--[[中部航空方面隊>航空方面隊]]
---第6航空団第6基地防空隊([[小松基地>小松飛行場]])
---第7航空団第7基地防空隊([[百里基地>百里飛行場]])
--[[南西航空方面隊>航空方面隊]]
---第9航空団第9基地防空隊([[那覇基地>那覇空港]])~
~
**スペックデータ [#h4f0dca7]
|全長|2.7m&br;2.85m(C型/電波弾)|
|直径|16cm|
|翼幅|60cm|
|発射重量|100kg&br;105kg(C型)|
|射程|50-7,000m|
|速度|[[マッハ]]2.4|
|弾頭|[[HE>榴弾]]破片効果弾頭(9kg)|
|飛行高度|15-3,000m|
|推進装置|固体推進ロケットモーター([[日産自動車>IHI]]製)|
|誘導方式|オートパイロット[[慣性誘導>慣性航法装置]]/[[赤外線]][[シーカー]]&br;[[赤外線]]/可視光画像誘導(C型、光波弾)&br;フェイズドアレイパルスドップラー[[シーカー]]による[[アクティブレーダー誘導]](C型、電波弾)|
**バリエーション [#n3321651]
-81式短SAM(A):~
初期型。~
~
-81式短SAM(B):~
[[海上自衛隊]]の基地防空用。2006年に退役。~
~
-81式短SAM(C):~
改良型。通称「短SAM改」。~
光波[[FCS>火器管制装置]]によって対妨害性と全天候性が向上。~
また、[[ロケットエンジン]]の推進剤に末端水酸基ポリブタジエンを採用し、性能向上と無煙化が図られている。~
[[師団対空情報処理システム(DADS)>データリンク]]との連接にも対応。~
~
-[[11式短距離地対空誘導弾]]:~
後継機。通称「短SAM(改供法廖~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS