• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ろくななしきさんじゅうがたろけっとだんはっしゃき){【67式30型ロケット弾発射機】}; [#q0f25850]
[[陸上自衛隊]]で運用されていた自走ロケット弾発射機。~
日本で[[第二次世界大戦]]後初めて実用化された大型[[ロケット弾]]で、制式化当時は陸上自衛隊の装備の中で最も長射程であり、且つ最も弾頭威力の大きい装備であった。~
[[陸上自衛隊]]で運用されていた[[自走ロケット砲>自走砲]]。~
~
1959年から開発が始まり、1968年6月にロケット弾発射機が67式30型ロケット弾発射機、ロケット弾装填機が67式ロケット弾装填機として制式化され、1968年10月には2種類のロケット弾が68式30型ロケット榴弾、68式ロケット演習弾として制式化された。~
1959年から開発が始まり、1968年6月に制式採用された。~
開発計画に何らかの遅延があったのか、車体は「67式」、[[ロケット弾]]は「68式」という微妙なズレが生じている。~
~
発射機および装填機は、日野自動車製の4tトラックをベースにしており、発射機は車体後部にレール式連装発射機を搭載している。~
67式30型ロケット弾発射機は油圧シリンダーにより俯仰と限定旋回が可能で、[[仰角]]は6〜56度、旋回角は左右各16度、照準器は[[M1 155mm榴弾砲]]で用いられたパノラマ式照準器を使用している。~
なお、射撃時には3基の油圧ジャッキで車体を固定し、5度までの車体傾斜調整が可能となっている。~
67式ロケット弾装填機は発射機と同じく日野自動車製4tトラックをベースとしており、ロケット弾6発を搭載する架台とランチャーに搭載するための油圧式クレーンを装備している。~
総数48両が生産され、[[富士教導団]]特科教導隊及び第1特科団第125・第126特科大隊([[北部方面隊]]隷下)に配備された。~
1992年には後継となる[[88式地対艦誘導弾]]への更新を完了し、全車が退役した。~

***構成 [#ob9409cb]
本車は4tトラックの荷台に2連装発射機を載せた装輪式車輌であった。~
停車時には3基の[[油圧ジャッキ>油圧ポンプ]]で車体を固定し、5度まで車体の傾斜を調整できた。~
~
67式30型ロケット弾発射機は48輌が生産され、[[富士教導団]]特科教導隊と[[北部方面隊]]第1特科団第125特科大隊、第126特科大隊に配備された。~
1992年には後継となる[[88式地対艦誘導弾]]が開発・配備された事により全車が退役している。~
発射機はレール式の[[油圧ポンプ]]駆動で、[[仰角]]は6〜56度・旋回角は左右各16度。~
照準器には、当時既存の[[榴弾砲]]から流用されたパノラマ式を採用していた。~
~
この発射機とは別に、弾薬の運搬・装填のために「67式ロケット弾装填機」という車輌が随伴していた。~
装填機は、発射機と同じ[[プラットフォーム]](4tトラックベース)に[[ロケット弾]]6発を収容し、装填のための油圧式クレーンを装備していた。~
~
**スペックデータ [#h7ad5392]
|>|CENTER:67式30型ロケット弾発射機|
|全長|8.24m|
|全高|3.55m|
|全幅|2.44m|
|戦闘重量|12t|
|エンジン|日野自動車製DS30直列6気筒[[水冷>液冷エンジン]][[ディーゼルエンジン]](出力160hp)|
|最大速度|70km/h(路上)|
|最大速度|70km/h(路上)|
|[[行動距離>航続距離]]|N/A|
|[[装甲]]|非装甲|
|携行弾数|2発|
|乗員|4名|
|兵装|337mm地対地ロケット弾連装発射機×1基|
|生産台数|48輌|
|製造|日野自動車(車体)/日本製鋼所(発射機)|
|製造|日野自動車(車体)/日本製鋼所(発射機・装填機)|
~
|>|CENTER:68式30型ロケット[[りゅう弾>榴弾]]|
|全長|4.5m|
|直径|337mm|
|弾頭重量|227kg|
|発射重量|573kg|
|最大射程|28km|
|推進方式|固燃[[ロケットモーター>ロケットエンジン]]|
|推進方式|[[固体燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|
|弾頭|[[榴弾]]|
|誘導方式|無誘導方式|
|製造|日産自動車|
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS