• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ろくよんしきしょうじゅう){【64式小銃】}; [#c603c65e]
昭和39年(1964年)、[[陸上自衛隊]]に採用された戦後初の国産[[自動小銃]]。~
~
[[陸上自衛隊]]の前身である[[警察予備隊]]の発足時、隊員は[[米軍>アメリカ軍]]より供与の[[M1ライフル]]や[[旧軍]]の[[九九式小銃]]((警察予備隊発足当時、ごく一部で米軍より返還された同銃を使用していた。))といった旧式の[[小銃]]を装備しており、これは陸自発足後も基本的にそのままであったが、昭和30年代半ば、これらに代わる新式銃の装備が計画された。~
当初、弾薬の互換性も考えて米軍の[[M14]]を採用する動きもあったのだが、当時の日本人の体格には.308(7.62mmx51)NATO弾発砲時の反動は強すぎるとしてキャンセルとなり、[[装薬]]量を減らした反動の少ない弾薬(''弱装弾''と呼ばれ、[[NATO]]タイプは強装弾と呼ばれる)を使用する、日本人の体躯に合った[[自動小銃]]を国産する事が決定した。~
陸上自衛隊の前身である[[警察予備隊]]の発足時、隊員は[[米軍>アメリカ軍]]より供与の[[M1ライフル]]や[[旧軍>日本軍]]の[[九九式小銃]]((警察予備隊発足当時、ごく一部で米軍より返還された同銃を使用していた。))といった旧式の[[小銃]]を装備しており、これは陸自発足後も基本的にそのままであったが、昭和30年代半ば、これらに代わる新式銃の装備が計画された。~
当初、弾薬の互換性も考えて米軍の[[M14]]を採用する動きもあったのだが、当時の日本人の体格には.308(7.62mmx51)NATO弾発砲時の反動は強すぎるとしてキャンセルとなり、[[装薬]]量を減らした反動の少ない弾薬(''弱装弾''と呼ばれ、[[NATO>北大西洋条約機構]]タイプは強装弾と呼ばれる)を使用する、日本人の体躯に合った[[自動小銃]]を国産する事が決定した。~
そして[[豊和工業]]により試作が開始され昭和38年に完成、改良を経て翌年の39年(1964年)に制式採用された。~
~
設計コンセプトは、旧軍時代より「一撃必殺」思想を受け継いだ感があり、[[セミオート]]、[[フルオート]]時の命中精度の良さが念頭に置かれ、共に極めて高い精度を誇る。~
特に弱装弾の為に反動が少なく、銃の操縦がし易いため、[[フルオート]]時の命中率の高さは、他国の同時期の銃よりも優れると高い評価を得ている。当然ながら[[セミオート]]の命中精度も高く、量産された中で精度の高い物は狙撃銃としても利用された((専用の[[狙撃銃]]と比べれば、照準器の取り付け位置等の関係で命中精度は劣ると思われる。))。~
セレクターレバーは陸自では「銃の右側を上にして匍匐前進」するので、その時に地面にセレクターレバーが接触しないようにする、又担いだときに被服にセレクタレバーが接触しない様にする為として、世界的にも珍しい右側配置を取っており、順番に「ア」(安全位置、安全装置が掛かり撃てない状態)「タ」([[単発射撃>セミオート]])「レ」([[連発射撃>フルオート]])の文字が刻まれており、そのカタカナ書きには何となく日本らしい趣がある。~
一部で「作動不良が多い」「部品の脱落が頻発する」等と、[[62式機関銃]]と同じような扱いを受けているが、実際に演習等で泥で汚れたりしても、作動不良は起こさないという。~
事実、2000年代にイラク戦争後の復興支援活動へ陸自が参加することになり、隊員に持たせる個人装備が検討されたとき、現場の隊員は現役の[[89式小銃]]よりも国連平和維持活動等ですでに実績のある本銃を希望したという話もあり、現場での信頼も比較的高い。~
特に弱装弾の為に反動が少なく、銃の操縦がし易いため、[[フルオート]]時の命中率の高さは、他国の同時期の銃よりも優れると高い評価を得ている。~
当然ながら[[セミオート]]の命中精度も高く、量産された中で精度の高い物は[[狙撃銃]]としても利用された((専用の[[狙撃銃]]と比べれば、照準器の取り付け位置等の関係で命中精度は劣ると思われる。))。~
~
だがその反面、部品点数が多く分解結合にも手間が掛かり、削りだし加工が多く木製部品もあった為に量産性は好くない。~
その為重量もかさみ、高価であるという欠点も併せ持っていたり((ただ、重量が有ることは、反動の軽減に一役買うという面もある。))、同口径ながらも[[NATO]]規格との互換性が無く、弱装弾故に威力がやや劣る弾薬も問題視された。((因みに、初期生産型に限っては強装弾(.308弾)の使用が可能であり、一応は後期生産型でも強装弾は使用可能である。ただ保証はされていない。))~
又、グリップから一旦親指を離さなくてはならない為、操作に若干の遅れが出る右側配置のセレクターレバー((左側であれば親指だけで操作出来きる為、標的から目を離さず、親指の動作だけで操作する事が可能であり即応性が高い。&br;  海外ではほとんど左側配置が取られる。))、それも一旦引き上げて回転させる構造や、細かいところで~
セレクターレバーは陸自では「銃の右側を上にして匍匐前進」するので、その時に地面にセレクターレバーが接触しないようにする、また、担いだときに被服にセレクタレバーが接触しない様にする為として、世界的にも珍しい右側配置を取っており、順番に「ア」(安全位置、安全装置が掛かり撃てない状態)「タ」([[単発射撃>セミオート]])「レ」([[連発射撃>フルオート]])の文字が刻まれており、そのカタカナ書きには何となく日本らしい趣がある。~
~
一部で「作動不良が多い」「部品の脱落が頻発する」等と、同じ頃に採用された国産の[[汎用機関銃]]である62式機関銃と同じような扱いを受けているが、実際に演習等の際に泥で汚れたりしても作動不良は起こさないという。~
事実、2000年代にイラク戦争後の復興支援活動へ陸自が参加することになり、隊員に持たせる個人装備が検討されたとき、現場の隊員は現役の[[89式小銃]]よりも[[国連平和維持活動>国連軍]]等ですでに実績のある本銃を希望したという話もあり、現場での信頼も比較的高い。~
~
だがその反面、部品点数が多く分解結合にも手間が掛かり、部材も削りだし加工が多く木製部品もあった為に量産性は好くない。~
その為重量もかさみ、高価であるという欠点も併せ持っていたり((ただ、重量が有ることは、反動の軽減に一役買うという面もある。))、同口径ながらも[[NATO>北大西洋条約機構]]規格との互換性が無く、弱装弾故に威力がやや劣る弾薬も問題視された。((因みに、初期生産型に限っては強装弾(.308弾)の使用が可能であり、一応は後期生産型でも強装弾は使用可能である。ただ保証はされていない。))~
また、グリップから一旦親指を離さなくてはならない為、操作に若干の遅れが出る右側配置のセレクターレバー((左側であれば親指だけで操作出来きる為、標的から目を離さず、親指の動作だけで操作する事が可能であり即応性が高い。&br;  海外ではほとんど左側配置が取られる。))、それも一旦引き上げて回転させる構造や、さらに細かいところでは、~
「前方に折りたたみ可能となっている照門が、照準するときに鉄帽のツバに当たり前方に倒れてしまう」~
「標準装備の二脚が単なる錘でしかなく、銃の操縦に邪魔で、演習等では勝手に下がってしまう事もあり、隊員には極めて不評であった」~
等と、[[実戦経験>バトルプルーフ]]の少なさ故か運用の非効率さが目立つ。~
「標準装備の二脚が単なる錘でしかなく、銃の操縦に邪魔で、演習等では勝手に下がってしまう事もある」~
など、[[実戦経験>バトルプルーフ]]の無さ故に運用の非効率さが目立ち、隊員には極めて不評であった。~
~
作動方式は、ガスの一部をボルトに導き後退させるガス圧直接利用式でガスレギュレーターがフロントサイト下に装備され、それを回転させてガス圧を調整することにより[[空砲アダプター>ブランク・アダプター]]無しで[[空砲]]を撃つことが可能である((通常、他国の[[突撃銃]]は空砲ではガス圧が足らず動作しない為、演習など空砲を使う場合は、ガス圧を上げるため銃口にキャップの様なものをつける。))。~
作動方式は、ガスの一部をボルトに導き後退させるガス圧直接利用式でガスレギュレーターがフロントサイト下に装備され、それを回転させてガス圧を調整することにより、[[空包アダプター>ブランク・アダプター]]無しで[[空包]]を撃つことが可能である((通常、他国の[[突撃銃]]は[[空包]]ではガス圧が足らず動作しない為、演習などで空包を使う場合は、ガス圧を上げるため銃口に[[ブランク・アダプター]]をつける。))。~
弾倉には20発装填可能。~
~
本銃は[[陸上自衛隊]]だけでなく[[海上保安庁]]にも採用され、23万丁以上が生産されたが、現在では[[89式小銃]]へ更新が進んでおり、[[普通科]]部隊では既に89式への更新が完了している。~
ただし、[[後方支援部隊>兵站]]や[[海自>海上自衛隊]]、[[空自>航空自衛隊]]などではまだまだ多数が使用されている。~
本銃は[[陸上自衛隊]]だけでなく[[海上自衛隊]]、[[航空自衛隊]]、[[海上保安庁]]にも採用され、23万挺以上が生産されたが、現在の陸上自衛隊では[[89式小銃]]への更新が進み、予備装備となっている。
~
**性能諸元 [#dbcb6cda]
全長:990mm~
銃身長:450mm~
口径:7.62mm~
重量:4.4kg~
装弾数:20発(箱型弾倉)~
ライフリング:4条右転~
作動方式:ガス利用衝撃式ティルティングボルト~
発射速度:500発/分~
|口径|7.62mm|
|全長|990mm|
|銃身長|450mm|
|重量|4.4kg(弾倉及び付属品除く)|
|ライフリング|4条右転|
|使用弾薬|7.62mm NATO弾|
|装弾数|20発(箱型弾倉)|
|作動方式|ガス利用衝撃式ティルティングボルト|
|発射速度|450発/分 / 約500発/分(最大)|
|銃口初速|約700m/秒(減装薬)&br;約800m/秒(常装薬)|
|有効射程|400m|
~
#ref(so60b.jpg)~
Photo: JGSDF


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS