• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ごじゅうろくしきしょうじゅう){【56式小銃】};
*&ruby(ごろくしきしょうじゅう){【56式小銃】}; [#v7aa83ff]

旧ソ連製の[[AK47III>AK47]]や[[AKM]]を中国の[[ノリンコ(北方工業公司)>ノリンコ]]がライセンス生産したもの。~
1956年に正式採用された事から56式小銃と名称が付けられた。~
旧ソ連製の[[AK-47III>AK47]]や[[AKM]]を中国の[[ノリンコ(北方工業公司)>ノリンコ]]がライセンス生産したもの。~
1956年に正式採用された事から「56式小銃」と名称が付けられた。~
~
本家[[AK-47>AK47]]との違いで一番注目すべき点は[[スパイクバヨネット>銃剣]]を標準装備している事で、他にもハンドガード・ピストルグリップ・ストックを全木製化にしたり、フロントサイトポスト用リング状ガードが追加してある。~
なお細部は各工場の独自設計で製造しているので、パーツの互換性は殆ど無く整備性が悪い。~
~
セレクターの表示は漢字の「連」(連発、[[フルオート]])と「単」(単発、[[セミオート]])で表示されているが、輸出型は「L」(連発、[[フルオート]])と「D」(単発、[[セミオート]])の英語で表示されている。~
~
56式小銃は中国国内ならず全世界へ輸出されており、[[ベトナム戦争]]等多くの戦争や[[紛争]]に使用されている。~
しかし、基本的な外見は[[AK-47>AK47]]と殆ど同じなため見分けるのは難しい((特徴的な[[バヨネット>銃剣]]は脱着可能で、外してしまえばオリジナルと見分けがつかない。))。~
ただし、実射性能には違いがあると言われる(「本体はロシア製、弾薬は中国製が良い」)。~
~
銃そのものは、本家であるロシア製の方が性能は優れているが、弾薬はAK特有の頑丈さと信頼性を当てにし過ぎた粗悪なロシア製弾薬より、性能の劣る中国製の本体でも確実に動作するよう、品質が良く作られた中国製弾薬が好まれるらしい。~
[[AK-47>AK47]]と比べ、同銃は連射した際に[[ハンドガード]]が発射の熱でかなり加熱するため、[[中国軍>人民解放軍]]では[[弾倉]]を持って構えるよう訓練されている(本家[[AK-47>AK47]]では、そのような事はない)。~
~
関連:[[AK-47>AK47]]、[[AKM]]

本家[[AK47]]との違いで一番注目すべき点は[[スパイクバヨネット]]を標準装備している事で、~
他にもハンドガード・ピストルグリップ・ストックをALL木製化にしたり、フロントサイトポスト用リング状ガードが追加してある。なお細部は各工場の独自設計で製造してるので、パーツの互換性は殆ど無く整備性が悪い。
**スペックデータ [#r890d049]
|タイプ|CENTER:56式|CENTER:56-1式|CENTER:56-2式|CENTER:56-C式|
|口径|>|>|>|CENTER:7.62mm|
|全長|>|CENTER:874mm|CENTER:654mm|CENTER:557mm|
|銃身長|>|>|CENTER:414mm|CENTER:317mm|
|重量|CENTER:4,300g|CENTER:3,800g|CENTER:3,940g|CENTER:2,850g|
|ライフリング|>|>|>|CENTER:4条右回り|
|使用弾薬|>|>|>|CENTER:7.62mm×39弾|
|装弾数|>|>|>|CENTER:20連ショートマガジン&br;30連ノーマルマガジン&br;40連ノーマルマガジン&br;75連ドラムマガジン|
|作動方式|>|>|>|CENTER:ガス圧作動、ターンロックボルト|
|発射速度|>|>|>|CENTER:600〜650発/分|
|銃口初速|>|>|>|CENTER:735m/s|
|有効射程|>|>|>|CENTER:400m|

セレクターの表示は漢字の「連」(連発、[[フルオート]])と「単」(単発、[[セミオート]])で表示されているが、~
輸出型は「L」(連発、[[フルオート]])と「D」(単発、[[セミオート]])の英語で表示されている。
**56式小銃の主な種類 [#e14874cc]
-56式小銃(前期生産型):~
AK-47III型の中国生産型。~
本家と違いスパイクバヨネットを備える。~
~
-56式小銃(後期生産型):~
[[AKM]]の中国生産型。~
フレームがプレス式のものになっている。~
~
-56式自動小銃1型(56-1式):~
[[戦車]]兵・[[空挺部隊]]向けモデル。~
フォールディングストックを装備しているが、スパイクバヨネットは付いていない。~
~
-56式小銃2型(56-2式):~
輸出型。~
[[IMI]][[ガリル]]とよく似たデザインのサイドスイングストック(曲げ銃床)が特徴。~
~
-56式小銃3型(56-3式):~
[[AKM]]コピー。~
フレームはプレス加工になり、オリジナルの小改良を各部に施している。~
~
-56式小銃C型(56-C式):~
ショート[[カービン]]モデル。~
ガスバイパスを含むバレルを短縮し、木製だったパーツを黒塗りのプラスチック製に変更している。~
20連ショートマガジンを使用する。~
~
-56式小銃S型(56-S式):~
民間向け輸出専用型。セミオートのみ。~
~
-56式小銃SS型(56-SS式):~
ストックと取り外し、さらに短銃身化したモデル。~
~
-56式小銃S-1型(56S-1式):~
56-1式の民間向け輸出専用型。セミオートのみ。~
~
-56式分隊支援火器S-7型(56S-7式):~
56式ベースの[[分隊支援火器]]。~
~
-NHM-91:~
56S-7式をベースとした民間向け輸出専用型スポーツライフル。~
20インチバレルでセミオートのみ。~
バイポッドと専用ストック装備し、ドラムマガジンも使用可能。~
~
-84式自動小銃2型(84-2式):~
56-2式の側面折畳ストックを装備した、5.56mm NATO弾仕様モデル。~
~
-84式自動小銃S型(84-S式):~
民間向け56式S型の派生形。5.56mm NATO弾を使用する。~
~
-MAZ:~
スーダンでの[[ライセンス生産]]型。~
~

56式小銃は中国国内ならず全世界へ輸出されており、[[ベトナム戦争]]等多くの戦争や紛争に登場している。しかし、基本的な外見は[[AK47]]と殆ど同じなため見分けるのは難しい。

,諸元~
,名前:56式小銃~
,全長:874mm(銃剣解放時1100mm)~
,重量:4.03kg~
,口径:7.62mmX39弾~
,装弾:30発~
,製作:ノリンコ(北方工業公司)~

,諸元~
,名前:56式小銃1型~
,全長:874mm(フォールディングストック収納時654mm)~
,重量:3.7kg~
,口径:7.62mmX39弾~
,装弾:30発~
,製作:ノリンコ(北方工業公司)~

,諸元~
,名前:56式小銃2型~
,全長:874mm(折曲げ銃床時654mm)~
,重量:3.9kg~
,口径:7.62mmX39弾~
,装弾:30発
,製作:ノリンコ(北方工業公司)~


**56式小銃の主な種類

-56式小銃(前期生産型):AK47の中国生産型。本家AK47と違い折畳式[[スパイクバヨネット]]を備える。~

-56式小銃(後期生産型):AKMの中国生産型。

-56式小銃(前期輸出型):56式小銃(前期生産型)の輸出仕様、セレクターの表示が変わっている。

-56式小銃(後期輸出型):56式小銃(後期生産型)の輸出仕様、セレクターの表示が変わっている。

-56式小銃1型:56式小銃のフォールディングストック装着型、折畳式スパイクバヨネットは付いていない。~

-56式小銃2型:56式小銃の曲げ銃床型。~

-81式小銃:56式小銃の発展型、詳しくは[[81式小銃]]を参照。

関連:[[AK47]]、[[AKM]]、


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS