• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(よんごうせんしゃ){【4号戦車】};
[[主力戦車]]たる[[3号戦車]]では手に負えない相手と戦う為の支援戦車として構想されたが、結局コンセプトがハッキリしないまま、[[3号戦車]]とほぼ同時期に開発、制式化された。~
*&ruby(よんごうせんしゃ){【4号戦車】}; [#i8f57813]
[[第二次世界大戦]]期のドイツ軍[[中戦車]]。~
[[3号戦車]]と同時に構想・開発されたもので、[[3号戦車]]では手に負えない相手と戦う為の支援戦車として設計された。~
~
基本的には[[3号戦車]]をやや大きくしたような外見で非常に似通っている(転輪の数が二つ多いのですぐに見分けは付くが)。そして基本的な造りは全くの同一で、また乗員配置、乗員数も全く同一であるが、より大型で主砲が最初から75mm砲だった為、余裕有る構造から主砲は75mm/L24が段階的に75mm/L43、75mm/L48と強化され[[連合軍]]戦車とほぼ互角に戦える様に成った。だが防御力不足は常についてまわり、本車のアキレス腱となった。~
基本的な設計思想は[[3号戦車]]と同一で、[[砲塔]]の主砲以外は内部構造もほぼ同一。外見も非常に似通っている。~
[[3号戦車]]に比べて車体が多少大きく、履帯の転輪の数が2個多い事でかろうじて見分けが付く。

当初は75mm/L24を主砲としていたが、段階的に75mm/L43、75mm/L48と強化換装された。~
余裕ある設計のため主砲の換装も容易で、火力面では[[連合国軍>連合国(第二次世界大戦)]]の戦車と互角だった。~
ただし[[装甲]]や生存性においては基礎設計の古さが災いし、明確に劣位だった。~
~
本車は本来対戦車戦闘を意識した物では無く、又基本設計の古さから[[第二次世界大戦]]にはすでに旧式とも言えたが、その余裕有る設計が幸いして相次ぐ性能向上に耐える事が出来、陳腐化した[[3号戦車]]の後を受け継ぎ、[[5号戦車]]、[[6号戦車]]といった強力な[[戦車]]が登場するまでのギャップを埋め、数的にもドイツ軍の[[主力戦車]]として結局敗戦まで戦い抜いた。~
対戦車戦を意識した設計ではない上、設計されたのが戦間期であるため[[第二次世界大戦]]勃発時点ですでに旧式化していた。~
しかし近代化改修に耐える設計的余裕があったため、大戦終結に至るまでドイツ軍[[戦車部隊>機甲部隊]]の主力であり続けた。~
大戦後期には[[5号戦車]]・[[6号戦車]]に引き継がれ旧式化したが、大量の4号戦車を戦線から撤去するような余裕などドイツ軍にはなかった。

**スペックデータ [#q564c59e]
|乗員|5名(車長・射手・装填手・操縦手・通信手)|
|全長|7.02m|
|車体長|5.89m|
|全高|2.68m|
|全幅|2.88m|
|重量|25t|
|懸架方式|リーフスプリング方式|
|エンジン|マイバッハ HL120 TRM V型12気筒ガソリンエンジン(出力300馬力(224kW))|
|速度&br;(整地/不整地)|38km/h / 16km/h|
|[[行動距離>航続距離]]|210km(初期)&br;320km(中期以降)|
|武装|Kw.K.40 L/48 7.5cm砲×1基(砲弾87発)&br;MG34 7.92mm機関銃×2挺(銃弾3,150発)|
|装甲|50mm([[砲塔]]前面)&br;80mm(駐退機前面)&br;30mm(側面・後面)&br;16〜25mm(上面)&br;80mm(車体前面)&br;30mm(車体側面)&br;20mm(車体後面)&br;16mm(車体上面)|
~
各型式~
#ref(http://www.masdf.com/altimeter/duxford/IMG_5335.jpg,600x400);
4号戦車D型~
**各型式 [#r591997b]
-A型:~
初期生産型。~
マイバッハ HL108TR ガソリンエンジン(230hp)、武装75mm/L24×1門、7.92mm機関銃×2挺、車体前面装甲14.4mm、[[砲塔]]前面装甲20mm、重量17.3t、最高速度30km/h。~
~
A型:武装75mm/L24x1、7.92mm機関銃x2、車体前面装甲14.4mm、砲塔前面装甲20mm、重量17.3t、最高速度30km/h~
B型:砲塔、車体形状変更、他はA型と同一~
C型:B型の小改造型。車体前面装甲30mmに強化等。エンジン換装し最高速35km/h。~
D型:砲塔防盾変更&前面に30mm、側面に20mmの増加装甲を追加。車体構造変更。履帯幅が400mmに増加。~
E型:車体前面を50mmの一枚板装甲板に変更。足回りの変更により最大速度42km/hに向上。~
F1型:車体を新型とし、総て一枚板の装甲板とした(前面50mm、側面30mm)~
F2型:主砲を75mm/42に換装、対戦車打撃力を強化。~
G型:最初から75mm/L42を搭載したタイプ。基本的にはF2型と同一だが、一部の車両に前面に30mmの増加装甲を追加。~
H型:主砲を75mm/L48に換装。前面装甲を一枚板の80mmに変更。シェルツェン装備。~
J型:最終型。H型の簡易生産型。シェルツェンを一枚板から金網に変更。砲塔旋回用エンジン廃止。砲塔上面前部に20mm、後部に18mmの増加装甲。~
-B型:~
先行量産型。~
[[砲塔]]と車体形状を変更した他はA型と同一。~
~
-C型:~
B型の小改造型。~
車体前面装甲を30mmに強化、[[砲塔]][[同軸機銃]]にスリーブを装着、エンジン換装(マイバッハ HL120TRM)等。~
最高速度35km/h。~
~
-D型:~
[[砲塔]]防盾を変更し、前面に30mm、側面に20mmの増加装甲を追加した。~
また、車体構造が変更され、履帯幅が400mmに増加した。~
~
-E型:~
[[キューポラ]]や[[砲塔]]形状を新設計とし、車体前面を50mmの一枚板装甲板に変更した。~
足回りの変更により最大速度が向上している(42km/h)。~
~
-F1型:~
支援戦車の最終モデル。~
車体を新型とし、総て一枚板の装甲板とした(前面50mm、側面30mm)。~
ボールマウント式機銃を装備している。~
~
-F2型:~
主砲を75mm/42に換装し、対戦車打撃力を強化したタイプ。~
~
-G型:~
最初から75mm/L42を搭載したタイプ。~
基本的にはF2型と同一だが、[[砲塔]]および装填手席の覗視穴を廃止、新型の[[砲口制退機>マズルブレーキ]]を採用し、一部の車両に前面に30mmの増加装甲を追加している。~
~
-H型:~
主砲を75mm/L48に換装した主力型。~
前面装甲を一枚板の80mmに変更し、新型変速機を採用した。~
また、シェルツェンを装備。~
~
-J型:~
H型の簡易生産型で最終型。~
シェルツェンを一枚板から金網に変更している。~
また、[[砲塔]]旋回用エンジンを廃止し、弾薬搭載量が増加した。~
装甲は[[砲塔]]上面前部に20mm、後部に18mmの増加装甲を装備している。~
~
注:1942年8月以降、前線より修理に戻ってきた車両は、総てその時の最新型に合わせた改造を受けている。~
**派生型 [#r6c2d1b9]
-BL Pzkpfw IV:~
C型またはD型の車台を利用した架橋戦車。~
少数が改装された。~
~
-Munitionsträger:~
D・E・F型の車台を利用した「[[カール]]」自走臼砲専用弾薬運搬車。~
砲塔を取り去り、4発の60cm砲弾又は54cm砲弾を運搬できる装備と大型クレーンを搭載。~
~
-PzBefWg 7.5cmKwK:~
増加無線装置を搭載した指揮戦車。~
主砲はそのまま搭載した。~
~
-PzBeobWg IV:~
[[砲兵]]支援用の観測戦車。~
内容は指揮戦車とほぼ同じ。~
~
-PzBergeWg IV:~
[[砲塔]]の代わりに木製車室を搭載した戦車回収車。~
組立式クレーン装備。~
~
-PzF:~
車台を舟型フロートで覆った装甲フェリーボート。~
試作のみ。~
~
-Tauchpanzer IV:~
吸排気用ホースを付けた潜水戦車。~
~
-[[4号突撃戦車 ブルムベア>4号突撃戦車]]:~
IV号戦車の車体に大型の戦闘室を設け150mm榴弾砲を備えた[[自走砲]]型。~
歩兵部隊への直接火力支援を目的として作られた。~
~
-[[4号突撃砲]]:~
4号戦車の車体に3号突撃砲の戦闘室を据え付けたもの。詳しくは項を参照。~
~
-[[4号駆逐戦車]]:~
48口径の75mm砲を搭載した駆逐戦車型。詳しくは項を参照。~
~
-ホルニッセ/ナースホルン:~
3/4号戦車車台(([[3号戦車]]と4号戦車の部品を組み合わせたもの。))に88mm砲を据え付けた対戦車自走砲。~
~
-フンメル:~
3/4号戦車車台に150mm砲を据え付けた自走榴弾砲。~
~
-メーベルワーゲン:~
4号戦車がベースの対空戦車。~
~
-ヴィルベルヴィント:~
対空戦車型。~
専用の[[砲塔]]に20mm[[対空砲>高射砲]]を装備。~
[[砲塔]]以外は4号戦車と共通である。~
~
-オストヴィント:~
対空戦車型。~
より火力の大きい37mm対空砲を搭載。~
~
-クーゲルブリッツ:~
特殊構造の砲塔に強力な[[機関砲]]を搭載した対空戦車型。~
少数生産に終わる。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS