【霹靂9】(へきれききゅう)

中国人民解放軍が保有・運用する第3世代短射程空対空ミサイル
「霹靂9」の他にも「PL-9」と言う。
1986年に開発が始まり、1989年に量産開始。
主に殲撃7殲撃8II殲撃9?に装備される。

誘導方式は全方位の赤外線誘導
また、ヘルメット装着目標指示システムと連動しており、機軸から60゜(左右120゜)以内の角度にいる目標をロックアップできるオフボアサイト能力を有し、前作の霹靂8より能力は上がっている。
前部のフィンは、アメリカ製AIM-9Lサイドワインダー短射程空対空ミサイルに似ているダブルデルタを利用している。

性能面では、AIM-9L/MR-73と同じかそれ以上と言う不特定情報がある。
派生型としては、4連装ミサイル発射機に搭載したDK-9近距離地対空ミサイルシステム(地空9/PL-9D/霹靂9D)、艦対空ミサイル型のPL-9J(715II型ガン/ミサイルコンプレックス)が存在する。

関連:霹靂8 AIM-9

霹靂9のカタログスペック

全長2.90m
直径15.7cm
翼幅61.6cm
弾頭12榴弾
最大速度M2.1
射程22km
耐G限界40G

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS