【霹靂8】(へきれきはち)

中国人民解放軍イスラエル軍からライセンス生産した パイソン3短距離空対空ミサイル
「霹靂8(ピーリーパー)」の他にも「PL-8」と呼んだりもする。
中国で最初のオールアスペクト攻撃が可能な短射程AAMとして、中国空軍・海軍で広く使われている。

1983年に生産を開始、この空対空ミサイルの登場により中国軍短射程空対空ミサイルの技術が格段と進歩した。性能的には、イスラエル軍で使われているものと同じである。なお、最新のものはHMSによる誘導が可能で空中戦による格闘戦能力が高くなった。 中国人民解放軍では、殲撃11殲撃10FC-1(殲撃9)?殲撃7殲撃8IIの搭載が確認されている。
派生型としては、対空用の37mm連装機関砲に2基のPL-8を装備したPL-8H/715型ガン・ミサイル複合システムが開発されている。

霹靂8のカタログスペック

  • 霹靂8(PL-8)
    全長 2.99m
    直径 16cm
    翼幅 81cm
    弾頭 10HE
    最大速度 M2.0
    射程 15km
    G限界 35G

関連:パイソン3  


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS