• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(へきれきよん){【霹靂4】}; [#d9a614b2]
[[中国人民解放軍>人民解放軍]]の試作[[中射程空対空ミサイル>空対空ミサイル]]。~
「霹靂4」の他に「PL-4」とも呼ばれる。~
中国初の[[セミアクティブレーダー誘導]][[空対空ミサイル]]でもあり、中国初の[[対レーダーミサイル]]でもある。~
~
形は[[アメリカ軍]]の[[AIM-7スパローIII中射程空対空ミサイル>AIM-7]]に非常に良く似ており、一説では「コピー品([[チャイニーズコピー]])」と言う不確定情報がある。~
成都 [[殲撃9(J-9)>殲撃9]][[戦闘機]]に搭載する主要兵装として1966年3月に開発が開始された。~
形は[[アメリカ軍]]の[[AIM-7D「スパローa」中射程空対空ミサイル>AIM-7]]に非常に良く似ており、一説では「コピー品([[チャイニーズコピー]])」と言う不確定情報がある。~
~
[[セミアクティブレーダー誘導]]型の霹靂4甲(PL-4A)と、[[赤外線誘導]]型の霹靂4乙(PL-4B)の二種類が開発され、1984年までに50発以下が試作用に生産されたが、性能的にも満足が行くものではなかったため1985年に開発は中止された。~
[[セミアクティブレーダー誘導]]型の霹靂4甲(PL-4A)と、[[赤外線誘導]]型の霹靂4乙(PL-4B)の二種類が開発され、1984年までに50発以下が試作・評価用として生産されたが、性能的にも満足が行くものではなかったため1985年に開発は中止された。~
~
関連:[[AIM-7]]~

**[[カタログスペック]] [#k444773e]
|タイプ|CENTER:霹靂4甲&br;(PL-4A)|CENTER:霹靂4乙&br;(PL-4B)|
|全長|CENTER:3.255m|CENTER:3.128m|
|直径|>|CENTER:190mm|
|翼面|>|CENTER:19cm|
|弾頭|>|CENTER:[[HE>榴弾]](33kg)|
|信管|>|CENTER:衝突/近接|
|推進方式|>|CENTER:[[固体燃料ロケットモーター>固体燃料ロケット]]|
|最大速度|>|CENTER:[[M>マッハ]]2.2|
|射程|CENTER:18km|CENTER:8km|
|[[G]]限界|>|CENTER:40G|
|誘導方式|[[セミアクティブレーダー誘導]]|[[赤外線誘導]]|
~
**主な種類 [#fafaba80]
-霹靂4甲(PL-4A):~
[[セミアクティブレーダー誘導]]型。~
~
-霹靂4乙(PL-4B):~
[[赤外線誘導]]型。~
~
-風雷7(FL-7):~
PL-4ベースの[[対レーダーミサイル]]型。~
~



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS