【霹靂11】(へきれきじゅういち)

中国人民解放軍初の中射程空対空ミサイル
「霹靂11」の他にも「PL-11」とも言う。

1990年代中期から量産化が開始され、誘導方式はセミアクティブレーダー誘導である。元々中国人民解放軍中射程空対空ミサイル開発は1966年から始まった。 過去に霹靂4霹靂10等の試作中射程空対空ミサイルがあったが、 いずれも実用化せず失敗に終わった。
その後霹靂11ではイタリア軍アスピデ中射程空対空ミサイルを少数輸入し、その技術を流用して開発したと言われている。 公には、2002年の珠海航空ショーに初めて登場し殲撃8II殲撃11等に搭載出来る。なお、アクティブレーダー誘導型も開発されたが結局中止となった。しかしその技術はその後の霹靂12開発の元となったと言う不確定情報がある。

霹靂11のカタログスペック

霹靂11(PL-11)
全長 3.89m
直径 20.8cm
翼幅 68cm
弾頭 33HE
最大速度 M4.0
射程 75km
G限界 不明

関連:霹靂4 霹靂10 アスピデ


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS