【霹靂10】(へきれきじゅう)

中国人民解放軍が開発した、殲撃8II用試作中射程空対空ミサイル
「霹靂10」の他に「PL-10」とも言う。

形はアメリカ軍製のAIM-7Eスパロー中射程空対空ミサイルに非常に良く似ており、一説では「コピー品(チャイニーズコピー)」と言う不確定情報がある。1970年中期に開発が開始され誘導方式はセミアクティブレーダー誘導で最大射程は15km、最大速度はM4.0である。
1982年改造型轟炸5?爆撃機が試射を開始、その後1986年からは殲撃8Bに機種変更された。1988年には開発段階が終了し量産化に入ろうとしたが1989年に(具体的な理由は不明)中止された。

霹靂10のカタログスペック

  • 霹靂10(PL-10)
    全長 3.69m
    直径 20cm
    翼幅 100cm
    弾頭 33HE
    最大速度 M4.0
    射程 15km
    G限界 不明

関連:AIM-7 殲撃8


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS