【殲轟7】(せんごうなな)

轟作5?強撃5の後継として開発された中国人民解放軍の全天候型戦闘爆撃機
開発は中華人民共和国の第603航空機設計所が担当し、初飛行は1988年、生産は1990年代から開始された。
NATOコードではフラウンダー、輸出型はFBC-1「フライングレオパルト(飛豹)」と呼ばれる。

エンジンはロールスロイス・スペイMk.202(A/B9,300kg)を双発で搭載しているほか(後にライセンス生産版である渦扇9「泰嶺」を搭載)、タンデム複座のキャノピーや後退翼を採用しているため外観はF-4に近い形状をしている。

固定武装には23III型 23mm機関砲2門を装備し、霹靂12霹靂8霹靂5やAS-14ケッジ、AS-17クリプトンなどを搭載する。
初期型の殲轟7は20機弱が海軍の上海・第6戦闘機師団に配備されただけで大量生産は行われておらず、その後は発展型の殲轟7Aを開発し、2004年末に中国空軍の第28攻撃機師団に約19機が配備されている。

スペックデータ

乗員:2名
全幅:12.71m
全長:21.03m/22.33m(機首プローブ含む)
全高:6.58m
主翼面積:52.3
最大離陸重量:28,475kg
最大兵装搭載量:6,500kg
エンジン:渦噴9型ターボファンエンジン(推力71.1kN/122.1kN(A/B?使用時))2基
速度:M1.7(最高)/M0.85(巡航)
実用上昇限度:15,600m
航続距離:1970nm(フェリー時)
戦闘行動半径:891nm
武装
固定武装:23III型 23mm機関砲2門
兵装

  • 対レーダーミサイル
    • YJ-91(鷹撃91/Kh-31P/AS-17Cクリプトン)

派生型

  • 殲轟7A(JH-7A)
    2004年に配備された機体。
    レーダーの改良やハードポイントの追加、航法装置の改善が行われ、レーザー誘導爆弾及びYJ-91対レーダーミサイルとYJ-8対艦ミサイル及びYJ-85空対地巡航ミサイルの運用能力を得た。
    60機弱が生産された模様である。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS