【殲撃8II】(せんげきはちつー)

中国国産の超音速戦闘機。
中国語では殲-8II(殲撃8II)を「ジエン・バーツー」と呼ぶ、またJ-8IIやF-8IIとも言う。
NATOコードはJ-8II「フィンバックB」。

殲撃8IIは殲撃8の性能面の不満足から、新たに開発された機体である。
開発は1980年からで、機体のデザインはこれまで国産化されてきたMiG-17殲撃5)・MiG-19殲撃6)・MiG-21殲撃7)等ミグ戦闘機の鯉のぼり式エアインテーク?をサイドインテイク化(F-4に似た斜板付きの矩型エアインテーク?)。
さらに機種には大型レドームを装着し、殲撃8ではライセンス生産だったエンジンも殲撃8IIでは国産の渦噴-13AII(WP-13AII)が採用された。1988年から量産化が始まり、現在は中国人民解放軍が400機程度運用している。なお、西側には1989年のパリ国際航空ショーで初めて公開された。性能は未だ謎が多いが、「現役の西側戦闘機より数段劣っている」と言う意見が多い。

殲撃8IIM:全幅9.35m 全高5.410m 全長21.59m 自重10,000kg 最大重量15,000kg 最高速度M2.2 最大出力4,800kg(アフターバーナー使用時7,000kg) 航続距離2,000km

殲撃8IIの主な種類。

  • 殲撃8II型:試作機・初期生産型。
  • 殲撃8IIM型:初期生産型の能力向上型。1995年から量産化され外面は殆ど変わらないが、内面を大幅改良。特にレーダーを新型のZhuk8IIパルスドップラー・レーダーにした事により、中国製戦闘機としては初めてルックアップ?ルックダウンの目標識別能力とR-27中射程空対空ミサイル運用能力が追加された。なお、固定武装として23mm機関砲を搭載している。
  • 殲撃8IIIACT-次世代戦闘機の技術開発用に製作された技術実証機
J-8IID.jpg

Photo:Chinese Defence Today

関連:殲撃7 殲撃8


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS