• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(せんげきはちつー){【殲撃8II】}; [#e0f54b93]
中国国産の超音速戦闘機。~
中国語では殲-8II(殲撃8II)を「ジエン・バーツー」と呼ぶ。また、J-8IIやF-8IIとも呼ばれる。~
[[NATOコード]]は「フィンバックB」。~
~
性能面で不満があった[[殲撃8]]の改良型として開発された機体で、設計・開発は第601航空機設計所と瀋陽航空廠が担当した。~
[[文化大革命]]終結後の1982年から開発が始まり、1984年に[[初飛行]]。1988年から量産化が開始された。~
文化大革命終結後の1982年から開発が始まり、1984年に[[初飛行]]。1988年から量産化が開始された。~
なお、西側には1989年のパリ国際航空ショーで初めて公開された。~
~
機体のデザインはこれまで国産化されてきた[[MiG-17]]([[殲撃5]])・[[MiG-19]]([[殲撃6]])・[[MiG-21]]([[殲撃7]])等[[ミグ]]系[[戦闘機]]の鯉のぼり式エアインテークをサイドインテイク化([[F-4]]に似た斜板付きの矩型エアインテーク)し、機首には大型[[レドーム]]を装着した。~
機体のデザインはこれまで国産化されてきた[[MiG-17]]([[殲撃5]])・[[MiG-19]]([[殲撃6]])・[[MiG-21]]([[殲撃7]])等[[ミグ]]系[[戦闘機]]の鯉のぼり式エアインテークをサイドインテイク化([[F-4]]や[[MiG-23]]に似た斜板付きの矩型エアインテーク)し、機首には大型[[レドーム]]を装着した。~
そのため、外見は[[Su-15「フラゴン」>Su-15]]によく似ている。~
それ以外にも機体の主翼など全面的な見直しが行われ、[[J-8>殲撃8]]との共通部分は30%しかないともいわれている。~
エンジンは[[殲撃8]]では[[ライセンス生産]]だったが、殲撃8IIでは国産の渦噴13AII(WP-13AII)が採用された。~
~
現在は[[中国人民解放軍>人民解放軍]]が400機程度運用している。~
性能は未だ謎が多いが、「有視界戦闘能力では現役の西側[[戦闘機]]より数段劣っている」と言う意見が多い。~
~
#ref(J-8IID.jpg)

Photo:Chinese Defence Today

関連:[[殲撃7]] [[殲撃8]]

**性能諸元(殲撃8IIM) [#we63037e]
|乗員|1名|
|全長|21.59m|
|全高|5.410m|
|全幅|9.35m|
|空虚重量|10,000kg|
|最大離陸重量|15,000kg|
|[[エンジン]]|渦噴13B(WP13B)[[ターボジェット]]×2基|
|最大出力|4,800kg/7,000kg([[A/B>アフターバーナー]]使用時)|
|最高速度|[[M>マッハ]]2.2|
|[[航続距離]]|2,000km|
|[[戦闘行動半径]]|1,000km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|20,200m|
|固定武装|23III型23mm連装機関砲×1門|
|[[AAM>空対空ミサイル]]|[[霹靂12]],[[霹靂11]],[[R-27R>AA-10]],[[霹靂8]],[[霹靂5]]|
|[[ASM>空対艦ミサイル]]|[[Kh-31A>AS-17]]|
|爆弾類|雷霆2型(LT-2)[[レーザー誘導爆弾]]&br;雷石6(LS-6)滑空誘導爆弾&br;飛騰1型/3型(FT-1/3)[[誘導爆弾]]&br;各種爆弾/ロケット弾4.5t|

**主なバリエーション[#o0f49b97]
-殲撃8II型(J-8II):~
208型(SL-4A)パルスドップラーレーダーを搭載する試作型。~
中距離[[AAM>空対空ミサイル]]の運用能力は持っていない。~
~
-殲撃8型 バッチ02(J-8IIB):~
J-8IIのレーダー強化型。~
SL-8A[[レーダー]]や改良型[[アビオニクス]]を搭載。~
レーダーは[[ルックダウン]]能力を獲得し、出力を向上させた208A型(SL-8A)を搭載。~
[[アビオニクス]]は[[J-7C>殲撃7]]に準ずる。~
エンジンは渦噴13A2(WP-13AII)ターボジェットを搭載。~
[[BVR>目視外射程]]能力は持っていない。~
~
-J-8II「PeacePearl」:~
-J-8II「Peace Pearl」:~
米グラマン社との共同開発による近代化案。~
アメリカ製[[AN/APG-66(V)>AN/APG-66]][[レーダー]]や[[アビオニクス]]を搭載する予定だった。~
[[天安門事件]]によるアメリカの対中兵器禁輸政策で頓挫。~
天安門事件の後、アメリカが対中兵器禁輸政策を取ったために頓挫。~
~
-殲撃8IIACT(J-8IIACT/J-8II-BW2):~
[[CCV]]試験機。~
[[カナード>先尾翼]]と[[フライバイワイヤー]]制御を導入。~
~
-殲撃8IIIACT(J-8IIIACT):~
次世代戦闘機の技術開発用に製作された技術実証機。~
~
-殲撃8III型(J-8C):~
改良型。~
[[フライバイワイヤー]]制御や渦噴14(WP-14)「崑崙」エンジン、イスラエルのエルタ社製EL/M-2032火器管制レーダーを装備し、[[グラスコックピット]]化されていた。~
試作機が大破したため計画中止。~
~
-殲撃8IIM型(F-8IIM):~
珠海航空ショー1996で発表されたJ-8Bの輸出型。不採用。~
レーダーはPhazotron Zhuk-8IIを搭載し、[[R-27R>AA-10]][[AAM>空対空ミサイル]]やKh-31P[[対レーダーミサイル]]を運用可能。~
エンジンはWP-13Bを搭載予定だった。~
~
-殲撃8D型(J-8D、丁型):~
B型の近代化改修型。~
[[空中給油能力>空中給油]]を追加し、航法装置を改良した。~
[[空中給油能力>空中給油]]を追加し、[[TACAN]]航法装置を改良した。~
~
-殲撃8BH/DH(J-8BH/DH):~
B型およびD型にH型に準ずる近代化改修を行った型。~
~
-殲撃8DF(J-8DF):~
D型にF型に準ずる近代化改修を行った型。~
~
-殲撃8H型(J-8H):~
B型の改修型。~
国産のKLJ-1パルスドップラーレーダーと渦噴13B(WP-13B)エンジンを搭載。~
[[霹靂11]][[AAM>空対空ミサイル]]の運用が可能になった。~
B型/D型の[[戦闘爆撃機]]改修型。~
国産の1471型(KLJ-1)パルスドップラーレーダーと統合デジタル火器管制装置、渦噴13B(WP-13B)エンジンを搭載。~
[[霹靂11]][[AAM>空対空ミサイル]]や精密誘導爆弾、YJ-91[[対レーダーミサイル]]の運用が可能になった。~
J-8Fの登場により少数生産。~
~
-殲撃8F型(J-8F):~
[[マルチロール>マルチロールファイター]]型。~
149X多モードレーダーや露製[[グラスコックピット]]を採用。~
1492型(JL-10)多モードレーダーや露製[[グラスコックピット]]を採用。~
[[霹靂12]]AAMの運用が可能となったほか、[[誘導爆弾]]や[[対艦ミサイル]]の運用能力も付与されている。~
エンジンは渦噴13BII(WP-13BII)もしくは渦噴14(WP-14)「崑崙」に換装している。~
エンジンは渦噴13BII(WP-13BII)に換装している。~
~
-殲撃8IIG(J-8IIG):~
海軍航空隊で試験運用された艦載試験機型。~
~
-殲撃8G(J-8G):~
H型の[[敵防空網制圧]]型。~
鷹撃91(YJ-91)[[対レーダーミサイル]]と[[電子戦]]スイートを装備。~
~
-殲撃8型FR(J-8FR)/殲偵8型F(JZ-8F)~
J-8Fの[[戦術偵察機>偵察機]]型。J-8Rの後継。~
胴体下部の23mm機関砲を撤去し、コンフォーマル式ポッドを設けて[[偵察]]用機材を搭載している。~
~
-殲撃8T(F-8T):~
輸出型。不採用。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS