【殲撃10】(せんげきじゅう)

  1. 殲撃10
    成都(チェンドゥ)の第611航空機設計研究所(成都飛機工業集団公司)が開発した中国人民解放軍の最新鋭戦闘機
    殲撃10の他にもJ-10・F-10・殲10と呼ばれている。

    基本設計にはイスラエル軍のIAIラビ?の技術関与が外観からも分かり、カナード・クロース・カップルド・デルタ翼等は今までの中国軍機には無くスタイルを一新している。
    第二期生産分以降はエンジンは、殲撃11Su-27と同じAL-31FをJ-10の仕様に改修した二次元推力偏向型AL-31FNを使用しており、推力はかなり高い(将来的に国産エンジンの渦扇10A(WS-10A、1980年代にアメリカから入手したP&W F-100をリバースエンジニアリングして開発したもの)を搭載する予定で2008年11月に開催された珠海航空ショーではJ-10の主任試験飛行士の雷強氏により、WS-10Aを搭載したJ-10の試験が既に行われている事が明らかにされた)。
    火器管制装置は、ウクライナのものを中国でコピーしたヘルメット目標指示装置と、ミサイルのシーカーを連動させる事も可能になっている。
    ハードポイントは主翼下面に6箇所(片方3箇所ずつ)と胴体前後左右と中心線下の5箇所の計11箇所ある。
    また、一部機体は空中給油プローブを装備している。

    武装に関しては、固定武装に23mm連装機関砲を装備し、空対空装備には霹靂12(PL-12)中距離アクティブレーダー誘導空対空ミサイル・霹靂8(PL-8)短距離赤外線誘導空対空ミサイルやAA-12アッダー(R-77)中距離アクティブレーダー誘導空対空ミサイル・AA-11アーチャー(R-73)短射程赤外線誘導空対空ミサイルを搭載・運用可能。
    空対地・空対艦装備ではYJ-8K/C-801(CSS-N-4 Sardine)空対艦ミサイル・YJ-91(Kh-31P・AS-17Cクリプトン)対レーダーミサイル・Kh-31A(AS-17クリプトン)空対艦ミサイル・ロケット弾ポッド・通常爆弾及び雷石6(LS-6)滑空誘導爆弾・飛騰1型/3型(FT-1/3)GPS誘導爆弾・雷霆2型(LT-2)レーザー誘導爆弾など約4.5tが搭載可能である。

    初飛行は1998年で、2008年までに80〜100機程度が製造されており、月産2機程度のペースで生産が続いている。
    現在、浙江省の基地の16機を含む65機が5ヶ所の基地に配備されている。
    総合的な能力については、まだまだ謎の多い戦闘機である。

    現在の所単座型のJ-10A、複座型のJ-10Sの二種類の他、空中給油用プローブを装着したタイプの4種類が存在する。
    さらに、IRSTの設置やダイバータレスインテークの採用、機体各部に設計変更を加えたJ-10B(単座型)/J-10BS(複座型)の開発が行われている。

    【スペックデータ】
    全幅:9.70m
    全長:15.50m
    全高:6.00m
    翼面積:39.0
    空虚重量:8,300kg
    最大離陸重量:18,000kg
    最大兵装搭載量:4,500kg
    エンジン:サチュルン/リューリカ製AL-31FNターボファンエンジン(推力79.3kN/122.6kN(A/B?使用時))1基
    最大速度:マッハ2.2
    海面上昇率:不明
    実用上昇限度:18,000m
    フェリー航続距離:1,000nm(増槽使用時)
    戦闘行動半径:300nm
    乗員:1名
    武装
    固定武装:23mm連装機関砲1門
    各種兵装
    ミサイル類
    空対空ミサイル:露靂8露靂9露靂11R-73R-77
    空対艦ミサイル:鷹撃8(YJ-8)・Kh-31A(AS-17クリプトン)
    対レーダーミサイル:鷹撃91(YJ-91)
    爆弾/ロケット弾/増槽類
    通常爆弾、雷霆2(LT-2)レーザー誘導爆弾、雷石(LS-6)滑空誘導爆弾、飛騰1/3(FT-1/3)誘導爆弾、ロケット弾ポッド、増槽等

    【派生型】
    ・J-10A:単座基本型。輸出仕様のF-10Aも存在する。
    ・J-10S:複座の訓練・多用途任務型。
    ・J-10B:2009年に確認されたA型の改良型。インテークの形状変更やIRSTの搭載が行われている。
    ・J-10BS:B型の複座型。
    ・FC-20:パキスタン向け輸出仕様。

    J-10.jpg

    Photo:Chinese Defence Today

  2. 殲撃10
    1960年代から1970年代にかけて第112航空廠(後の瀋陽飛機航空工業集団)で開発が行われた同名の戦闘機。
    こちらは、MiG-25MiG-31に匹敵する大形戦闘機を実用化する事が目指され、機体設計からも肩翼式のデルタ翼や双垂直尾翼形式、2次元式インテークを採用するなどMiG-25の影響を受けている。
    しかし、大推力エンジンや充実したレーダー・アビオニクスといったコンポーネントの実用化がネックとなり、実用化には至らなかった。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS