• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(てきだんはっしゃき){【擲弾発射器】}; [#gd03f713]
&ruby(グレネードランチャー){Grenade launcher};~
その名のとおり[[擲弾]]を発射するためにつくられた、携帯型の装置。~
個人で取り扱うことができるように、砲としては非常に小さなサイズで、反動も比較的小さい。~
[[擲弾]]を発射する銃。~
~
[[第二次世界大戦]]当時は、[[小銃]]の銃口に取り付ける形式、いわゆるライフルグレネードが多用された。~
[[小銃]]の銃口に専用のアダプターを介して[[擲弾]]を取り付け、[[小銃]]には空砲を装填し、その発射ガスによって[[装薬]]に点火して[[擲弾]]を撃ち出す。(実弾を使って撃ち出せるタイプも存在する)~
既存の[[小銃]]に対して比較的手軽に大火力を付与することができるメリットがある。~
しかし[[擲弾]]を取り付けている間は[[小銃]]として使えないので個人防護に問題があること、[[装薬]]が少ないとはいえ反動が大きく銃に対する負担が大きいことなどのデメリットもあり、徐々にすたれていった。((ただし[[FA-MAS]]や[[89式小銃]]など、現在でもライフルグレネードを用いる[[突撃銃]]も存在する))~
口径が20mmを越えるので、日本の慣例では本来「砲」に分類されるべきものだが、サイズ・反動ともに(同口径の[[機関砲]]に比べれば)非常に小さく、[[歩兵]]が両手で支えて撃てるため、例外的に「銃」に分類される。~
[[手榴弾]]と同様に多彩な弾種を撃ち分けられるのが利点で、[[催涙弾>催涙剤]]などを撃ち込む目的で各国の警察にも採用されている。~
~
かわって主流となったのが専用型のグレネードランチャーである。~
ドイツでは信号銃を基にした[[カンプピストーレ]]や、それに銃床を追加したシュツルムピストーレを開発した。しかし弾頭破壊力が小さい割に反動が大きく、実用性は低かった。~
また[[アメリカ軍]]は、[[太平洋戦争]]中に[[日本軍]]が使っていた簡易型の[[迫撃砲]]である「擲弾筒」をヒントに、中折れ式・[[口径]]40mmの[[M79]]を開発し、1960年に採用した。~
専用の発射器により信頼性は増し、[[ベトナム戦争]]などで活躍したが、個人防護の問題は依然解決されていなかった。このため[[突撃銃]]に取り付けて使うことができるXM148が試作され、[[ベトナム戦争]]での実戦テストで高い戦果を挙げた。これを改良した[[M203]]が現在でも使用されている。~
また[[回転式拳銃]]に似た機構のリボルバーグレネード(アームスコー MGL等)や、[[重機関銃]]に似たオートマチックグレネード(US MK19等)なども存在し、車載砲などとして用いられる。~
**小銃擲弾(ライフルグレネード) [#d671d0e7]
[[小銃]]に取り付ける単発式の[[擲弾]]発射器。~
何より軽量安価である事が利点で、[[歩兵]]の火力を強化する目的で[[第一次世界大戦]]時に開発された。~
~
なお[[司法警察]]においては、戦闘ではなく治安維持が目的であるため現在でも中折れ式が主流であり、主に37mm[[口径]]の発射器で[[催涙弾]]などを使用する。~
当初は、銃口に直接[[擲弾]]を取り付けて[[空包]]を撃つ事で[[装薬]]に点火、[[擲弾]]を撃ち出すものだった((のちに実弾と同時に撃てるよう改良された。))。~
しかし、[[擲弾]]を取り付けると[[小銃]]が使えなくなり突発的な応戦に支障を来す、反動が大きく銃に対する負担が大きいなどのデメリットが大きい。~
このため、厳密な意味での小銃擲弾は、現在、[[FA-MAS]]や[[89式小銃]]など一部の[[突撃銃]]でのみ採用される。~
銃身の下部に小さな単発の擲弾筒(後述)を取り付け、装着したまま[[小銃]]を使用できるタイプもあり、現在ではこちらが小銃擲弾の主流になっている((ただし、小銃擲弾の価値そのものを疑問視する向きも多い。))。~
***主な機種 [#w0f5ea76]
-アメリカ
--S&W リボルバー・グレネード~
--M31 HEATライフルグレネード(陸上自衛隊も「M31対戦車小銃てき弾」の名称で採用)~
~
-日本
--[[大日本帝国陸軍>日本軍]]
---甲号擲弾銃
---九一式擲弾器
---一〇〇式擲弾器
---二式擲弾器
---三式擲弾器
--[[陸上自衛隊]]
---06式小銃てき弾~
~
関連:[[M79]]  [[M203]]
-フランス
--リュシェール・モデル40mm
--AC58 ライフルグレネード
--APAV40 ライフルグレネード~
~
-イタリア
--フランキ AP/AV700~
~
-イスラエル
--SIMON ライフルグレネード~
~
-ドイツ
--MPiK カップ・グレネードランチャー
--バック RW704

-ベルギー
--ENERGA ライフルグレネード~
~
-ポーランド
--デザメット GNPO~
~
-セルビア
--ツァスタバ M60ライフルグレネード~
~
**擲弾筒(グレネードランチャー) [#y5a94a3b]
最初から[[擲弾]]を撃つ事を想定して作られた銃。~
場合によっては、[[第二次世界大戦]]期に使用されていた個人で使用できる小型の[[迫撃砲]]を含める場合もある。~
~
小銃擲弾よりも信頼性は堅牢で、中折れ式やリボルバーなどの[[回転機構]]を使って[[セミオート]]連射が可能。~
より大型化して[[フルオート]]に対応した自動擲弾銃もあり、[[重機関銃]]と[[迫撃砲]]の中間に位置する[[兵器]]として配備されている。~
総体として[[軽機関銃]]並かそれ以上の重量があり、敵に間合いを詰められると[[拳銃]]や[[小銃]]での応戦が困難になる点はいずれも変わらない。

***主な機種 [#m4332376]
-''単発式''
--[[大日本帝国陸軍>日本軍]]
---十年式擲弾筒 ※投射弾は曳火[[手榴弾]]
---八九式重擲弾筒 ※実態は軽[[迫撃砲]]~
~
--アメリカ
---[[M79 グレネードランチャー>M79]]

--ドイツ
---H&K HK69~
~
--スイス
---ブリュッガー&トーメ GL-06~
~
--ロシア
---GM-94~
~
-''チューブ弾倉式(ポンプアクション)''
--アメリカ
---チャイナレイク グレネードランチャー~
~
-''回転弾倉式''
--南アフリカ
---ダネルMGL~
~
--ロシア
---RG-6~
~
--中国
---87式グレネードランチャー~
~
--イギリス/カナダ
---アーウェン37~
~
-''アンダーバレル式([[アサルトライフル>突撃銃]]や[[短機関銃]]などのオプションとして、銃身下部に取り付ける)''
--アメリカ
---[[M203 グレネードランチャー>M203]]~
~
--ロシア
---GP-25「コスチョール((Костёр:「焚き火」の意。))」
---GP-30「オブーフカ((Обувка:「小さな履物」の意。))」~
~
--ドイツ
---H&K HK79
---[[H&K AG36/M320 グレネードランチャー>AG36]]~
~
--ポーランド
---wz. 1974 パラド((Pallad:ポーランド語でパラジウムの意。))~
~
--シンガポール
---CIS 40 GL~
~
**自動擲弾発射器(オートマチックグレネードランチャー)[#y5a94a3b]
金属製ベルトリンクで接続された擲弾をガス圧もしくは反動により連射できるようにした物。自動擲弾銃とも。~
外観はほとんど[[重機関銃]]と変わらない。~
有効射程は1,500mにもなり、射程でも単位時間あたりの投射重量でも軽[[迫撃砲]]を上回り、中迫撃砲にも匹敵する。~
***主な機種 [#g29b8446]
-アメリカ
--M75 グレネードランチャー
--Mk19 自動擲弾銃
--Mk.47~
~
-ソ連/ロシア
--AGS-17「プラミヤ((Пламя:ロシア語で「炎」の意。))」
--AGS-30
--AGS-40~
~
-ウクライナ
--UAG-40~
~
-日本
--[[96式40mm自動てき弾銃>96式40mm自動擲弾銃]]~
~
-ドイツ
--H&K GMW(GMG)~
~
-スペイン
--LAG 40~
~
-韓国
--K4 グレネードランチャー~
~
-南アフリカ
--デネル Y3~
~
**空中炸裂擲弾銃(エアバースト・グレネードランチャー) [#obd7ba53]
個人火器ながら[[火器管制装置]]を内蔵することにより[[曳下射撃]]を可能にした発射器。~
詳細は[[エアバースト・グレネード]]の項を参照。~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS