【陸上自衛隊】(りくじょうじえいたい)

Japan Ground Self Defence Force (JGSDF)
陸上における活動を主任務とする日本の国防組織。現在のわが国における事実上の陸軍でもある。
災害出動において被災地に直接投入され、救助、復旧を行うのが事実上の主任務である。
最近では海外派遣の主力としての活動が増え、また対テロ組織としても重要な地位を占めつつある。

かつて強大なソ連軍の北海道侵攻に備え、冬季に雪の中で戦う訓練と装備を特に充実させたため、雪中戦能力ではアメリカ軍をもしのぐ世界トップクラスの能力を誇っている。

そのことをあらわした、こんな笑い話がある。
「ある時、陸自とアメリカ陸軍が同じ山を使って雪山行軍演習を行った。
しかし折り悪く、演習開始後に大寒波に見舞われての猛吹雪に。
レスキューヘリも飛べない悪天候で、アメリカ側の演習部隊は死者も出るほどの大惨事に。
一方その頃、自衛隊は猛吹雪の中で規定の演習を予定通りに終了し、レクリエーションの雪合戦に興じていた」

海上自衛隊航空自衛隊に比べると人員の割に予算が少なく、隊員たちの生活環境はやや悪い*1
また、予算配分のあおりを受けて装備面でもややちぐはぐな面が目立つ。
とはいえ、先進国の陸軍として一定水準以上のレベルに達しており、軍事組織としての総体的評価は決して低くはない。

原型は1950年に発足した警察予備隊であり、その後、保安隊を経て陸上自衛隊へと発展した。
当初は米軍から貸与された中古兵器が主であったが、1970年代から国産兵器の配備が整い始めた。
1980年代からは日米共同での訓練が、1990年代からは陸海空自衛隊の統合訓練が行われるなど、練度の向上が本格化した。
2000年代以降は、対テロ戦やゲリラ・地域紛争などの小規模紛争に比重が移り、冷戦時代の装備・体制を更新するための組織変革が逐次行われている。
しかし、対テロ・ゲリラ戦にシフトすると今度は野戦における能力(穴掘りや長距離の行軍)が低下し始めてきたため、あくまで「野戦の延長上に対テロ・ゲリラ戦がある」という方針の下、訓練が行われるようになってきている。

関連:自衛隊 防衛省

陸上自衛隊ホームページ http://www.mod.go.jp/gsdf/

方面隊

421px-JGSDF_armies.svg.png

方面隊は陸上自衛隊における最大の部隊単位であり、方面隊ごとに置かれる方面総監部、および基幹となる数個の師団・旅団ならびに直轄部隊で編成されている。
現在、方面隊は5個が編成されており、「方面区」と呼ばれる担当地域の防衛・警備や災害派遣などを担任している。
方面隊の筆頭たる「方面総監」には、陸将*2の階級にある自衛官が充てられている。

  • 北部方面隊(NA)(北海道)
    • 北部方面総監部(北海道札幌市/札幌駐屯地)
  • 東北方面隊(NEA)(東北地方)
    • 東北方面総監部(宮城県仙台市/仙台駐屯地)
  • 東部方面隊(EA)(関東・甲信越地方・静岡県)
    • 東部方面総監部(埼玉県朝霞市/朝霞駐屯地)
  • 中部方面隊(MA)(甲信越地方、静岡県を除く中部地方・近畿・中国・四国地方)
    • 中部方面総監部(兵庫県伊丹市/伊丹駐屯地)
  • 西部方面隊(WA)(九州地方及び沖縄県)
    • 西部方面総監部(熊本県熊本市/健軍駐屯地)

主な戦略級戦闘部隊

陸自は2012年末現在、戦略級部隊単位として以下の9個師団(機甲1・機械化歩兵1・自動車化歩兵6・軽歩兵1)及び8個旅団(自動車化歩兵4・空中機動1・空挺1・軽歩兵1・航空1)を擁している。

部隊上級部隊司令部所在地兵種備考
第1師団東部方面隊東京都・練馬駐屯地自動車化歩兵政経中枢師団として、装備・編成を市街地戦闘に特化。
第2師団北部方面隊北海道・旭川駐屯地機械化歩兵 
第3師団中部方面隊兵庫県・千僧駐屯地自動車化歩兵政経中枢師団として、装備・編成を市街地戦闘に特化。
第4師団西部方面隊福岡県・福岡駐屯地隷下に「対馬警備隊」がある。
第5旅団北部方面隊北海道・帯広駐屯地軽歩兵師団から縮小改編。
第6師団東北方面隊山形県・神町駐屯地
第7師団北部方面隊北海道・東千歳駐屯地機甲 
第8師団西部方面隊熊本県・北熊本駐屯地自動車化歩兵人員の80%以上が地元出身者であるという。
第9師団東北方面隊青森県・青森駐屯地軽歩兵
第10師団中部方面隊愛知県・守山駐屯地自動車化歩兵
第11旅団北部方面隊北海道・真駒内駐屯地軽歩兵師団から縮小改編。
第12旅団東部方面隊群馬県・相馬原駐屯地空中機動軽歩兵師団からの規模縮小と同時に空中機動旅団に改編。
第13旅団中部方面隊広島県・海田市駐屯地自動車化歩兵軽歩兵師団から縮小改編。
第14旅団香川県・善通寺駐屯地旧「第2混成団」。
第15旅団西部方面隊沖縄県・那覇駐屯地軽歩兵旧「第1混成団」。
第1空挺団中央即応集団千葉県・習志野駐屯地空挺
第1ヘリコプター団中央即応集団千葉県・木更津駐屯地航空

主な装備品

銃火器
拳銃11.4mm拳銃 M1911(退役)
9.65mm拳銃(コルト・ディテクティブスペシャル)(退役)
9mmけん銃
H&K USP(特殊作戦群用)
9mm機関けん銃
信号銃21.5mm信号けん銃(53式信号拳銃)
55式信号けん銃
小銃狙撃銃64式小銃
89式小銃
64式7.62mm狙撃銃
対人狙撃銃(レミントン M24SWS*3*4
M4 カービン(特殊作戦群用)*5
M1ガーランド(現在も儀仗用として少数が使用中)
7.62mm小銃M1903A3/A4(退役)
M1918A2ブローニング自動銃(退役)
短機関銃・機関拳銃9mm機関けん銃
M3サブマシンガン(主に機甲科の搭乗員用自衛火器として使用)
11.4mm短機関銃M3/M3A1
11.4mm短機関銃M1A1(退役)
機関銃ブローニングM1917(退役)
ブローニングM1919A4/A6(退役)
62式7.62mm機関銃
74式車載7.62mm機関銃
5.56mm機関銃MINIMI
12.7mm重機関銃M2
火砲84mm無反動砲
60式106mm無反動砲(M40のライセンス生産品)
110mm個人携帯対戦車弾(書類上は「装備」ではなく「弾薬」の扱い)
84mm無反動砲(B)
64式81mm迫撃砲
81mm迫撃砲 L16豊和工業ライセンス生産
M2 107mm迫撃砲豊和工業ライセンス生産
手榴弾・擲弾試製66式てき弾銃(開発中止)
96式40mm自動てき弾銃
06式小銃てき弾
M31対戦車小銃てき弾(現在は予備および訓練用装備として保有)
M203*6
MK2破片手りゅう弾
M26破片手りゅう弾
MK3A2攻撃手りゅう弾
MK1照明手りゅう弾
発煙手りゅう弾
焼夷手りゅう弾
催涙球2型(いわゆる催涙ガス弾)
閃光発音筒(俗に言うスタングレネード?豊和工業製)
その他装備指向性散弾(スウェーデン製のFFV 013のライセンス生産品)
対人障害システム
92式対戦車地雷
M2火炎放射器
携帯放射器


軍用車両
戦車61式戦車(退役)
90式戦車
74式戦車
10式戦車
歩兵戦闘車89式装甲戦闘車
装甲車装軌式:
60式装甲車(退役)
73式装甲車
化学防護車(旧)(60式装甲車を改造。試験的採用に留まる。)

装輪式:
82式指揮通信車
87式偵察警戒車
96式装輪装甲車
軽装甲機動車
化学防護車
NBC偵察車
機動戦闘車?(開発中)
近接戦闘車(開発中)
汎用車高機動車
1/2tトラック(旧称:73式小型トラック
1 1/2tトラック(旧称:73式中型トラック
3 1/2tトラック(旧称:73式大型トラック
7tトラック(旧称:74式特大型トラック
10tトラック(PLS付)(重装輪回収車の派生型。開発中)
戦車駆逐車60式自走無反動砲(退役)
野戦砲155mmりゅう弾砲(FH70(牽引砲))
120mm迫撃砲 RT
牽引砲、フランスTDA社製MO120RTのライセンス生産品(豊和工業が担当))
105mm榴弾砲M2A1(退役済みだが礼砲用として少数が保管中
自走榴弾砲・
自走迫撃砲
60式自走81mm迫撃砲(退役)
60式自走107mm迫撃砲(退役)
56式自走榴弾砲(試作のみ)
74式自走榴弾砲(退役)
75式自走榴弾砲
96式自走迫撃砲
99式自走榴弾砲
203mm自走りゅう弾砲(M110)
火力戦闘車?(開発中)
自走ロケット砲67式30型ロケット弾発射機(退役)
75式自走多連装ロケット弾発射機(退役)
M270MLRS
自走対空砲87式自走高射機関砲
M16(退役済みだが、銃座部分のみ予備装備として保管
12.7mm高射機関砲M55(退役済みだが予備装備として保管中
高射砲L-90(退役)
戦車回収車70式戦車回収車(退役)
78式戦車回収車
90式戦車回収車
11式戦車回収車(開発中)
重装輪回収車
戦車トランスポーター
軽トレーラー
中型セミトレーラ
73式特大型セミトレーラ
特大型運搬車
1/4tトレーラー
1tトレーラー
1t水タンクトレーラー
2.5tトレーラー
M1A1運搬車(重迫用リヤカー)
牽引車
・弾薬補給車
73式牽引車(退役)
87式砲側弾薬車
99式弾薬給弾車
施設科装備67式戦車橋(退役)
70式自走浮橋
81式自走架柱橋
91式戦車橋
92式浮橋
07式機動支援橋
75式ドーザ
3 1/2tダンプ
特大型ダンプ
バケットローダ(民生品を流用)
グレーダー(民生品を流用)
資材運搬車(民生品を流用)
施設作業車
道路障害作業車
坑道掘削装置
70式地雷原爆破装置
83式地雷敷設装置
89式地雷原探知機セット
92式地雷原処理車
92式地雷原処理ローラ
94式水際地雷敷設装置
その他車両78式雪上車
10式雪上車
オートバイ(偵察用・警務用)
3 1/2t燃料タンク車
3 1/2t燃料タンク車(航空用)
10000リットル燃料タンク車
1/2t水タンク車
3 1/2t水タンク車
軽レッカ
重レッカ
1 1/2t救急車
救難消防車
粉末散布車
航空電源車
不発弾回収車


航空機ヘリコプター
攻撃ヘリコプターAH-1S
AH-64D
偵察ヘリコプターOH-1
OH-6J
汎用ヘリコプターUH-1H/J
UH-60JA
輸送ヘリコプターCH-47J/JA
練習ヘリコプターTH-55(退役済)
TH-480B
無人機RMAX TypeIIG(民生品を流用、イラク派遣で使用)
遠隔操縦観測システム(FFOS)
無人偵察機システム(FFRS)
無人偵察機 チャカR(BQM-74を転用したもの)
小型模型標的機 RCMAT
低速標的機 RCAT
高速標的機 チャカIII
JUXS-S1
フジ・インバックB2
スキャンイーグル
パックボット(多目的ロボット)
固定翼機LR-1(退役)
LR-2



通信・電子器材
レーダー地上レーダー:
85式地上レーダー装置 JTPS-P11?
地上レーダ装置1号改 JTPS-P23?
地上レーダ装置2号 JPPS-P10?
地上レーダ装置2号改 JPPS-P24?

対砲・対迫レーダー:
対砲レーダ装置 JTPS-P16
72式対迫レーダ装置 JAN/MPQ-N1?
76式対砲レーダ装置 JMPQ-P7?
対迫レーダ装置 JMPQ-P13?

対空レーダー:
71式対空レーダ装置 JTPS-P5?
79式対空レーダ装置 JTPS-P9?
対空レーダ装置 JTPS-P14
対空レーダ装置1号 JTPS-P25?
低空レーダ装置 JTPS-P18?
気象測定装置75式自走地上風測定装置(退役済)
80式気象測定装置 JMMQ-M2
気象測定装置 JMMQ-M5
通信装備携帯式:
衛星単一通信携帯局装置 JPRC-C1
85式携帯無線機1号 JPRC-F10/F11

車載式:
衛星単一通信可搬局装置 JMRC-C4
局地無線搬送端局装置 JMRC-C60
局地無線搬送中継装置 JMRC-R60
電子交換装置 JMTC-T121-B
無線搬送装置2号 JMRC-C20/C21/R20(中型無線通信車)



*1 とはいえ、陸軍空軍より劣悪な生活環境に置かれるのは世界的な傾向であり、歩兵任務が想定される以上は不可避でもある。
 「むしろ自衛隊は、他国の陸軍よりもまだマシ」という見解もある。

*2 旧軍や外国軍隊でいえば「陸軍中将」に相当する。
*3 Sniper Weapon System
*4 対外有償軍事援助(FMS)により購入。
*5 M203グレネードランチャーとともに対外有償軍事援助(FMS)により購入。
*6 M4 カービンとともに対外有償軍事援助(FMS)により購入。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS