*&ruby(りくじょうじえいたい){【陸上自衛隊】}; [#g854ebdf]
Japan Ground Self Defence Force (JGSDF)~
陸上における活動を主任務とする日本の国防組織。現在のわが国における事実上の[[陸軍]]でもある。~
災害出動において被災地に直接投入され、救助、復旧を行うのが事実上の主任務である。~
最近では海外派遣の主力としての活動が増え、また対[[テロ>テロリズム]]組織としても重要な地位を占めつつある。~
~
かつて強大な[[ソ連軍]]の北海道侵攻に備え、冬季に雪の中で戦う訓練と装備を特に充実させたため、雪中戦能力では[[アメリカ軍]]をもしのぐ世界トップクラスの能力を誇っている((こんな笑い話がある。&br; 「ある時、陸自とアメリカ陸軍が同じ山を使って雪山行軍演習を行った。&br;  しかし折り悪く、演習開始後に大寒波に見舞われての猛吹雪に。&br;  レスキューヘリも飛べない悪天候で、アメリカ側の演習部隊は死者も出るほどの大惨事に。&br;  一方その頃、自衛隊は猛吹雪の中で規定の演習を予定通りに終了し、レクリエーションの雪合戦に興じていた」))。~
~
[[海上自衛隊]]や[[航空自衛隊]]に比べると人員の割に予算が少なく、隊員たちの生活環境はやや悪い((とはいえ[[陸軍]]が[[海>海軍]][[空軍]]より劣悪な生活環境に置かれるのは世界的な傾向であり、[[歩兵]]任務が想定される以上は不可避でもある。&br; 「自衛隊は他国の陸軍よりまだマシ」という見解もある。))。~
また、予算配分のあおりを受けて装備面でもややちぐはぐな面が目立つ。~
とはいえ、先進国の[[陸軍]]として一定水準以上のレベルに達しており、軍事組織としての総体的評価は決して低くはない。~
~
原型は1950年に発足した[[警察予備隊]]であり、その後、保安隊を経て陸上自衛隊へと発展した。~
当初は[[米軍>アメリカ軍]]から貸与された中古兵器が主であったが、1970年代から国産兵器の配備が整い始めた。~
1980年代からは日米共同での訓練が、1990年代からは陸海空自衛隊の統合訓練が行われるなど、練度の向上が本格化した。~
2000年代以降は、対テロ戦や[[ゲリラ]]・地域紛争などの小規模[[紛争]]に比重が移り、[[冷戦]]時代の装備・体制を更新するための組織変革が逐次行われている。~
しかし、対テロ・[[ゲリラ戦]]にシフトすると今度は野戦における能力(穴掘りや長距離の行軍)が低下し始めてきたため、あくまで「野戦の延長上に対テロ・ゲリラ戦がある」という方針の下、訓練が行われるようになってきている。~

関連:[[自衛隊]] [[防衛省]]~
陸上自衛隊ホームページ http://www.mod.go.jp/gsdf/

**方面隊 [#u21ed3a1]
&ref(http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/79/JGSDF_armies.svg/421px-JGSDF_armies.svg.png);

方面隊は陸上自衛隊における最大の部隊単位であり、方面隊ごとに置かれる方面総監部、および基幹となる数個の[[師団]]・旅団ならびに直轄部隊で編成されている。~
現在、方面隊は5個が編成されており、「方面区」と呼ばれる担当地域の防衛・警備や災害派遣などを担任している。~
方面隊の筆頭たる「方面総監」には、陸将((旧軍や外国軍隊でいえば「陸軍中将」に相当する。))の階級にある[[自衛官]]が充てられている。~
-[[北部方面隊]](NA)(北海道)
--北部方面総監部(北海道札幌市/札幌駐屯地)
-[[東北方面隊]](NEA)(東北地方)
--東北方面総監部(宮城県仙台市/仙台駐屯地)
-[[東部方面隊]](EA)(関東・甲信越地方・静岡県)
--東部方面総監部(埼玉県朝霞市/朝霞駐屯地)
-[[中部方面隊]](MA)(甲信越地方、静岡県を除く中部地方・近畿・中国・四国地方)
--中部方面総監部(兵庫県伊丹市/伊丹駐屯地)
-[[西部方面隊]](WA)(九州地方及び沖縄県)
--西部方面総監部(熊本県熊本市/健軍駐屯地)

**師団・旅団 [#xf8bf1ec]
2012年4月時点で、戦略級部隊単位として5個方面隊隷下に15個の師団・旅団が存在している。
|部隊|所属方面隊|都道府県|その他|
|[[第1師団>第1師団(自衛隊)]]|[[東部方面隊]]|東京|[[政経中枢師団]]として、装備・編成を市街地戦闘に特化。|
|[[第2師団>第2師団(自衛隊)]]|[[北部方面隊]]|北海道|重機械化歩兵師団。|
|[[第3師団>第3師団(自衛隊)]]|[[中部方面隊]]|兵庫|[[政経中枢師団]]として、装備・編成を市街地戦闘に特化。|
|[[第4師団>第4師団(自衛隊)]]|[[西部方面隊]]|福岡|隷下に「対馬警備隊」がある。|
|[[第5旅団>第5旅団(自衛隊)]]|[[北部方面隊]]|北海道|師団から縮小改編。|
|[[第6師団>第6師団(自衛隊)]]|[[東北方面隊]]|山形| |
|[[第7師団>第7師団(自衛隊)]]|[[北部方面隊]]|北海道|陸自唯一の戦車師団。|
|[[第8師団>第8師団(自衛隊)]]|[[西部方面隊]]|熊本| |
|[[第9師団>第9師団(自衛隊)]]|[[東北方面隊]]|青森| |
|[[第10師団>第10師団(自衛隊)]]|[[中部方面隊]]|愛知| |
|[[第11旅団>第11旅団(自衛隊)]]|[[北部方面隊]]|北海道|師団から縮小改編。|
|[[第12旅団>第12旅団(自衛隊)]]|[[東部方面隊]]|群馬|師団から縮小改編と同時に空中機動旅団化。|
|[[第13旅団>第13旅団(自衛隊)]]|[[中部方面隊]]|広島|師団から縮小改編。|
|[[第14旅団>第14旅団(自衛隊)]]|~|香川|旧「第2混成団」。|
|[[第15旅団>第15旅団(自衛隊)]]|[[西部方面隊]]|沖縄|旧「第1混成団」。|
~
また、これ以外にも戦略級戦闘部隊として「[[第1空挺団]]」「第1ヘリコプター団」(いずれも[[中央即応集団]]隷下)、「第1戦車群(([[北部方面隊]]直轄の独立戦車部隊。2012年度末廃止予定。))」などがある。
**主な装備品 [#m401b506]
|>|銃火器|
|[[拳銃]]|[[9mmけん銃>P220]]&br;H&K USP(特殊作戦群用)&br;[[9mm機関けん銃]]|
|信号銃|21.5mm信号けん銃(53式信号拳銃)、55式信号けん銃|
|[[小銃]]・[[狙撃銃]]|[[64式小銃]]&br;[[89式小銃]]&br;[[64式7.62mm狙撃銃>64式小銃]]&br;対人狙撃銃(レミントン M24SWS((Sniper Weapon System))((対外有償軍事援助(FMS)により購入。)))&br;[[M4 カービン>M4]](特殊作戦群用)(([[M203]][[グレネードランチャー>擲弾発射器]]とともに対外有償軍事援助(FMS)により購入。))&br;[[M1ガーランド>M1ライフル]](現在も儀仗用として少数が使用中)|
|[[機関銃]]|62式7.62mm機関銃&br;74式車載7.62mm機関銃&br;[[5.56mm機関銃MINIMI>ミニミ]]&br;M3サブマシンガン(主に機甲科の搭乗員用自衛火器として使用)&br;[[12.7mm重機関銃M2>ブローニングM2]]|
|[[火砲>ガン]]|[[84mm無反動砲>カールグスタフ]]&br;60式106mm無反動砲(M40の[[ライセンス生産]]品)&br;[[110mm個人携帯対戦車弾>パンツァーファウスト3]]&br;[[多用途ガン>カールグスタフ]]&br;[[96式40mm自動てき弾銃>96式40mm自動擲弾銃]]&br;06式小銃てき弾&br;64式81mm迫撃砲&br;[[L16 81mm迫撃砲>L16]]&br;[[M2 107mm迫撃砲>M2]]([[豊和工業]]で[[ライセンス生産]])|
|その他装備|[[指向性散弾>クレイモア]](スウェーデン製のFFV 013のライセンス生産品)&br;対人障害システム&br;92式対戦車[[地雷]]&br;M2火炎放射器&br;携帯放射器|
|>|軍用車両|
|[[戦車]]|[[61式戦車]](退役)&br;[[90式戦車]]&br;[[74式戦車]]&br;[[10式戦車]]|
|[[歩兵戦闘車]]|[[89式装甲戦闘車]]|
|[[装甲車>APC]]|[[60式装甲車]](退役)&br;[[73式装甲車]]&br;[[82式指揮通信車]]&br;[[87式偵察警戒車]]&br;[[96式装輪装甲車]]&br;[[軽装甲機動車]]&br;[[化学防護車]]&br;[[化学防護車(旧)>60式装甲車]](60式装甲車を改造。試験的採用に留まる。)&br;NBC偵察車&br;機動戦闘車(開発中)&br;近接戦闘車(開発中)|
|汎用車|[[高機動車]]&br;1/2tトラック(旧称:[[73式小型トラック]])&br;1 1/2tトラック(旧称:[[73式中型トラック]])&br;3 1/2tトラック(旧称:[[73式大型トラック]])&br;7tトラック(旧称:[[74式特大型トラック]])|
|[[戦車駆逐車]]|[[60式自走無反動砲]](退役)|
|[[野戦砲]]|155mmりゅう弾砲(FH70([[牽引砲]]))&br;120mm迫撃砲 RT&br;([[牽引砲]]、フランスTDA社製MO120RTの[[ライセンス生産]]品([[豊和工業]]が担当))&br;105mm榴弾砲M2A1(退役済みだが[[礼砲]]用として少数が[[保管中>モスボール]])|
|自走榴弾砲・&br;自走迫撃砲|60式自走81mm迫撃砲(退役)&br;60式自走107mm迫撃砲(退役)&br;56式自走榴弾砲(試作のみ)&br;74式自走榴弾砲(退役)&br;75式自走榴弾砲&br;[[96式自走迫撃砲]]&br;[[99式自走榴弾砲]]&br;[[203mm自走りゅう弾砲(M110)>M110]]|
|自走ロケット砲|67式30型ロケット弾発射機(退役)&br;75式自走ロケット(退役)&br;[[M270]]「[[MLRS>多連装ロケットシステム]]」|
|自走対空砲|[[87式自走高射機関砲]]&br;M16(退役済みだが、銃座部分のみ予備装備として[[保管>モスボール]])&br;12.7mm高射機関砲M55(退役済みだが予備装備として[[保管中>モスボール]])|
|[[高射砲]]|[[L-90]](退役)|
|戦車回収車|70式戦車回収車(退役)&br;78式戦車回収車&br;90式戦車回収車&br;11式戦車回収車(開発中)&br;重装輪回収車|
|戦車トランスポーター|中型セミトレーラ&br;73式特大型セミトレーラ&br;特大型運搬車|
|その他車両|87式砲側弾薬車&br;99式弾薬給弾車&br;78式雪上車&br;10式雪上車&br;オートバイ(偵察用・警務用)|
|施設科装備|[[67式戦車橋]](退役)&br;[[70式自走浮橋]]&br;[[81式自走架柱橋]]&br;[[91式戦車橋]]&br;[[92式浮橋]]&br;[[07式機動支援橋]]&br;75式ドーザ&br;バケットローダ(民生品を流用)&br;グレーダー(民生品を流用)&br;資材運搬車(民生品を流用)&br;施設作業車&br;道路障害作業車&br;坑道掘削装置&br;70式地雷原爆破装置&br;83式地雷敷設装置&br;89式地雷原探知機セット&br;92式地雷原処理車&br;[[92式地雷原処理ローラ]]&br;[[94式水際地雷敷設装置]]|
|>|[[航空機]]・[[ヘリコプター]]|
|[[攻撃ヘリコプター]]|[[AH-1S>AH-1]]&br;[[AH-64D>AH-64]]|
|偵察ヘリコプター|[[OH-1]]&br;[[OH-6J>OH-6]]|
|汎用ヘリコプター|[[UH-1H/J>UH-1]]&br;[[UH-60JA>UH-60]]|
|輸送ヘリコプター|[[CH-47J/JA>CH-47]]|
|練習ヘリコプター|[[TH-55]](退役済)&br;[[TH-480B>エンストロム480]]|
|無人機|RMAX TypeIIG(民生品を流用、イラク派遣で使用)&br;遠隔操縦観測システム(FFOS)&br;無人偵察機システム(FFRS)&br;無人偵察機 チャカR&(BQM-74)&br;小型模型標的機 RCMAT&br;低速標的機 RCAT&br;高速標的機 チャカIII&br;JUXS-S1&br;フジ・インバックB2&br;スキャンイーグル&br;パックボット(多目的ロボット)|
|固定翼機|[[LR-1>MU-2]]&br;LR-2|
|>|誘導弾|
|[[対戦車ミサイル]]|64式対戦車誘導弾、79式対舟艇対戦車誘導弾、87式対戦車誘導弾、[[01式軽対戦車誘導弾>01式対戦車誘導弾]]、&br;[[96式多目的誘導弾]]、中距離多目的誘導弾、[[AGM-114]]|
|[[地対艦ミサイル]]|[[88式地対艦誘導弾]]、12式地対艦誘導弾|
|[[地対空ミサイル]]|地対空誘導弾改良ホーク(MIM-23)、[[03式中距離地対空誘導弾]]、[[81式短距離地対空誘導弾]]、&br;[[93式近距離地対空誘導弾]]、[[11式短距離地対空誘導弾]]、[[FIM-92]]|
|>|通信・電子器材|
|レーダー|85式地上レーダー装置 [[JTPS-P11]]&br;地上レーダ装置2号 [[JPPS-P10]]&br;76式対砲レーダ装置 [[JMPQ-P7]]&br;対砲レーダ装置 [[JTPS-P16]]&br;72式対迫レーダ装置 [[JAN/MPQ-N1]]&br;対迫レーダ装置 [[JMPQ-P13]]&br;対空レーダ装置 [[JTPS-P14]]&br;低空レーダ装置 [[JTPS-P18]]|
|気象測定装置|75式自走地上風測定装置(退役済)&br;80式気象測定装置 JMMQ-M2&br;気象測定装置 JMMQ-M5|
|通信装備|衛星単一通信携帯局装置 JPRC-C1&br;衛星単一通信可搬局装置 JMRC-C4|
~

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS