【傭兵】(ようへい)

徴兵制や自発的志願によって自国を守るために正規軍に所属するのでなく、正規軍が外国籍の人間を招き入れる外人部隊?軍事顧問でもなく、自治活動や思想活動の延長線上にある民兵でもなく、正当な利害関係のない第三者の紛争に金銭目的で参画する人間。単独で活動する者は特に「殺し屋」「ヒットマン」などと呼ぶ事もある。

(男性が自らの肉体だけを「元手」として開業できる職業であることから)古代より職業として存在し、国家総力戦が実現する近世までの戦争では、必要な兵力を臨時に雇い入れた傭兵で賄う事がごく一般的に行われていた。
しかし、兵站や指揮系統が半ば以上独立している事になるため、雇い主は常に裏切りの危険にさらされる。
「戦いが終わった途端に強盗の群れに変わる」というのは傭兵に対する典型的な偏見であり、史実においてもそのような傭兵は枚挙に暇がない。*1

現代の国際法は、傭兵が戦争に参画する事を認めておらず、ジュネーブ条約ハーグ陸戦条約の捕虜に関する規定も適用されない単なる「犯罪者」として扱われる。自国民が傭兵となる事を禁止する国も多く*2、外国籍の滞在者が軍事物資を所有する事を認めない国はさらに多い。
ただし治安の悪い発展途上国ではこの原則が曲げられ、不足している軍事力を補うために正規の政府や武装勢力が傭兵を雇い入れる事は暗黙のうちに許可されている。しかしこの場合でも傭兵の国際的な違法性は変わらない。*3

関連:外人部隊? 民間軍事会社


*1 だからといって全ての傭兵がモラルを欠くわけでもない。傭兵も正規軍も『自国民に刃を向ける事』は滅多にないが、現地の民間人は傭兵にとって自国民ではない、という話である。
*2 ちなみに日本の法制度には傭兵に対する明確な禁止規定はないが、日本人が傭兵となった時には上記の国際慣習に則って取り扱われるものと考えられる。
*3 公式に捕虜や戦死者として扱われる事はないし、身元確認や保障なども十分に行われない。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS