【無人機】(むじんき)

Unmanned Aerial Vehicle (UAV).

人間が乗らず、コンピュータによる自動操縦、もしくは遠隔操作で飛行する航空機
ドローン?」とも呼ばれる。

乗員を考慮する必要がないため安価に製造でき、撃墜されても人命が失われない。
反面でコンピュータの操作性には未だ難があり、有人戦闘機との直接対決には耐えない。
こうした特性を踏まえ、主に偵察機標的機として利用される。

その形状は多種多様である。
ホビーなどの技術蓄積から、最も小さいものは電池式の手投げサイズにまで小型化できる。
一方、サイズ・価格・機体性能*1の全てで有人機に互するようなものも現れている。

関連:RQ-1 RQ-4 MQ-8? QH-50 X-45 X-47? QF-4
UAV.jpg
Photo: USAF

余談:「無人機」を名乗ったミサイル

第二次世界大戦後、ミサイル技術の黎明期において、ミサイルが無人機として扱われていた時期があった。

当時、アメリカ空軍では地対空ミサイル空対空ミサイルは「無人戦闘機」として扱われた。
また同様に、地対地ミサイルや空対地ミサイルは「無人爆撃機」であった。

これは概念的には間違っているわけでもなかったが、書面上で恐ろしい事態を引き起こした。

ミサイルは交戦の度に失われる。
従って、ミサイルを航空機と同列で管理すると損耗率・未帰還率などの数字がとてつもない事になる。

必然的に、ミサイル航空機の分類から独立し、新たな型式を割り振られる事となった。

無人機とされたミサイルの一覧

旧名称(無人機)新名称(ミサイル)主契約メーカーその他
無人戦闘機(地対空ミサイル/空対空ミサイル)
F-98「ファルコン」AIM-4ヒューズ 
F-99「ボマーク」IM-99/CIM-10ボーイング核弾頭型が「CIM-10」、通常弾頭型が「IM-99」
無人爆撃機(地対地ミサイル/空対地ミサイル)
B-61「マタドール」MGM-1マーティン 
B-62「スナーク」SM-62ノースロップ 
XB-63「ラスカル」GAM-63ベル試作のみ。
B-64「ナヴァホ」SM-64ノースアメリカン 
B-65「アトラス」CGM/HGM-16コンベアアメリカ初の大陸間弾道ミサイル
XB-67「クロスボーGAM-67ラジオプレーン対レーダーミサイル。試作のみ。
B-68「タイタン」HGM-25マーティン儀燭里漾
B-72「クエイル」ADM-20マクダネルB-52搭載の空中発射デコイ
B-73「ブルグース」SM-63フェアチャイルド 
B-75「ソー」PGM-17ダグラス中距離弾道ミサイル。
英国空軍にも配備されたが、キューバ危機後に撤去。
B-76「メース」MGM/CGM-13マーティン 
B-77「ハウンドドッグ」AGM-28ノースアメリカン大型空対地ミサイル。
B-78「ジュピター」PGM-19クライスラーキューバ危機後に退役。
一部は人工衛星の打ち上げに転用。
B-80「ミニットマンLGM-30ボーイング現在は祁燭里澆現役。
B-83「ブルパップAGM-12マーティンアメリカ初の実用空対地ミサイル
XB-87「スカイボルト」AGM-48ダグラス空中発射型弾道ミサイル。試験のみ。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS