*&ruby(ぼうえいだいがっこう){【防衛大学校】}; [#v286044d]
[[防衛省]]の機関のひとつで、将来、陸海空[[自衛隊]]で部隊・艦船の指揮を執る「幹部自衛官」となるべき人材を養成する学校。~
[[旧軍]]や外国軍の「士官学校(兵学校)」に相当する。~
校舎は神奈川県横須賀市に所在する。~
~
入学試験の受験資格は「日本国籍を有する高校卒業程度の18歳以上21歳未満の男女」。~
(これは[[防衛医科大学校]]や[[航空学生]]と同じ)~
~
学生は入学と同時に防衛省職員としての身分を与えられ、一般の4年制総合大学に準拠した専門教育、及び幹部予定者たる自衛官としての教育訓練(なお、この間は自衛官としての階級は与えられない)を受け、卒業と同時に陸海空[[曹長]]に任官される((同時に一般の大学と同様に学位が与えられる。))。~
(本人の意思により任官を辞退することもできるが、この場合は防衛省職員としての身分は失われる。[[任官拒否]]の項も参照のこと)~
その後、各自衛隊の幹部候補生学校及び部隊・艦船で幹部自衛官としての専門教育((陸自・空自は学校で半年間→その後部隊で半年間の教育を受けるが、海自は学校での教育が1年間となり、その後、練習艦隊の艦船に乗って約半年間の「練習航海」を行う。))を受けて3等陸海空尉に任じられ、各部隊・艦船で指揮官として勤務する。~
~
同校のOB・OGは、部内では「Bコース」「B幹」等と呼ばれ、3尉任官後の進級スピードは他コース出身の幹部に比べれば総じて早い傾向にあるという。~
(この他に、一般の大学・大学院を卒業後に幹部候補生学校へ入校して任官される者や陸海空曹から選抜試験を受けて任官される((この制度があるため、現在、幹部自衛官の平均年齢は[[アメリカ軍]]よりも7歳高い41歳と高齢化しており、その改善策として「上級曹長」制度を導入して曹からの昇級を制限することが検討されている。))者、あるいは後記の専門的な色彩の強い[[職種]]・[[職域]]で勤務する幹部となるコースがある)~
~
防衛大学校公式webサイト~
http://www.nda.ac.jp/index-j.html ~

**幹部自衛官への道 [#ef41b2a8]
自衛隊で「幹部」として勤務する幹部自衛官になるには、上記にあげた以外にもいくつかのルートがある。~
-医科幹部候補生~
防衛医科大学校の卒業生。~
医師国家免許を取得して2等陸海空尉に任官され、[[防衛医官]]として勤務する。
-歯科/薬剤科幹部候補生~
大学で歯学・薬学の専門課程を学んだ学生が採用される。~
採用後、歯科医師・薬剤師の国家試験に合格して免許を取得すると2等陸海空尉(歯科)/3等陸海空尉(薬剤科)に任官される。
-飛行幹部候補生~
[[海上自衛隊]]・[[航空自衛隊]]の航空学生課程を修了した隊員。(([[陸上自衛隊]]の[[陸曹航空操縦学生]]課程の修了者もこれに準じる。))~
卒業後は[[パイロット]]・[[戦術航空士]]として航空部隊で勤務する。
-貸費学生~
大学・大学院で防衛大臣が指定した学科を専攻している学生に、卒業後に自衛隊で勤務することを条件に防衛省が奨学金を貸し付けるもの。~
技術系の[[職種]]・[[職域]]に配属される。~
なお、学生に貸し付けられた奨学金は自衛隊で一定期間勤務することで返済が免除される。
-技術海上幹部(公募)~
海上自衛隊にのみあるもので、大学で理工系の学科を専攻して卒業した後、部外で一定年数以上の実務経験を積んだ者を2等海尉もしくは1等海尉として中途採用する。
-医科/歯科幹部(公募)~
部外の医師・歯科医師として一定年数以上の実務経験を積んだ者を、2等陸海空尉〜2等陸海空佐の待遇として中途採用する。((自衛隊発足当初の防衛医官は全てこのコースで採用されていた。))

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS