• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ふくおかくうこう){【福岡空港】}; [#c54a118b]
福岡県福岡市博多区に所在する[[拠点空港>空港]]。「板付空港」とも呼ばれる。
~
福岡市街地の至近という立地から、[[羽田>東京国際空港]]・[[成田>成田空港]]に次ぐ日本第3位の年間発着回数を誇り、九州北部の航空輸送の一大拠点となっている。~
また、[[航空自衛隊]]の「春日基地板付地区((春日基地本庁舎地区には[[飛行場]]施設がなく、飛行部隊はすべてこちらに駐屯している。))」や福岡県警察・福岡市消防局航空隊及び[[海上保安庁]]福岡航空基地も併設されている。~
>この他、[[アメリカ軍]]も常駐機こそないが、不定期的に航空機を飛来させている。
福岡市街地の至近という立地から、[[羽田>東京国際空港]]・[[成田>成田空港]]に次ぐ日本第3位の年間発着回数を誇り(([[滑走路]]が一本のみの空港・[[飛行場]]では日本最多である。))、九州北部の航空輸送の一大拠点となっている。~
また、[[航空自衛隊]]の「春日基地板付地区」も併設されている。~

本空港の歴史は、[[大東亜戦争]]中の1944年に建設が始まった[[日本陸軍>日本軍]]の「&ruby(むしろだ){席田};飛行場」に由来している。~
翌年5月に滑走路が完成したが、間もなく終戦となり、進駐してきた[[アメリカ陸軍航空隊>USAAF]]に接収され「板付基地」となる。~
その後、1951年に[[日本航空]]が創業、同地〜[[伊丹>伊丹空港]]〜羽田間に定期路線を開設。~
>春日基地の本庁舎には[[滑走路]]がなく、飛行部隊はすべて福岡空港に駐屯している。

1944年、[[日本陸軍>日本軍]]の「&ruby(むしろだ){席田};飛行場」として建設。~
[[滑走路]]が完成してほどなく終戦を迎え、進駐してきた[[アメリカ陸軍航空隊>USAAF]]に接収され「板付基地」となる。~
~
1950年、[[朝鮮戦争]]において[[国連軍]]の前線基地となり((この頃に作られた[[アラートハンガー]]の跡地が空港内に残っている。))、韓国空軍最初の[[戦闘機]]部隊も当地で編成されている((この時の機体は[[F-51>P-51]]であった。))。~
この間の1951年、[[日本航空]]が創業、同地〜[[伊丹>伊丹空港]]〜羽田間に定期路線を開設。~
以後、国内外各地への路線が開設され「板付空港」として九州の空の玄関口になっていった。~
~
1972年に[[アメリカ空軍]]から全面返還されて[[第二種空港]]となり、その後の空港法改正で「拠点空港」となって現在に至っている。
1972年、[[アメリカ空軍]]から全面返還されて「[[第二種空港]]」に再編((その後も常駐機こそないが、[[在日米軍>在日アメリカ軍]]の機体が不定期的に飛来している。))。~
その後の2008年、空港法の改正に伴い、施設を「拠点空港」として再定義。~
~
2019年、施設の運営が福岡国際空港株式会社に移管された。

**空港概要 [#h594c277]
|種別|拠点空港(国管理・旧[[第二種>第二種空港]])|
|[[滑走路]]|2,800×60(16/34)|
|3レターコード|FUK|
|4レターコード|RJFF|
|[[ILS>計器着陸装置]]|あり|
|設置・管理者|日本国政府(国土交通省)|
|設置・管理者|日本国政府(国土交通省)(土地の管理)&br;福岡国際空港株式会社(施設の運営)|
~
**就航路線 [#l56da084]
|>|CENTER:''国内線''|
|>|CENTER:※1全日本空輸とコードシェア&br;※2日本航空とコードシェア((ジェットスター・ジャパンについてはJAL国際線との乗り継ぎ時のみに限られる。))|
|CENTER:就航会社|CENTER:就航路線|
|[[日本航空&br;(JAL)>日本航空]](([[ジェイエア]]、[[日本トランスオーシャン航空]]の機材・乗務員で運航する便あり。))|[[札幌/新千歳>新千歳空港]]、花巻、[[仙台>仙台空港]]、[[東京/成田>成田空港]]、[[東京/羽田>東京国際空港]]、[[大阪/伊丹>伊丹空港]]、[[徳島>徳島飛行場]]、松山、&br;高知、[[宮崎>宮崎空港]]、奄美|
|[[日本トランスオーシャン&br;航空&br;(JTA)>日本トランスオーシャン航空]]|[[沖縄/那覇>那覇空港]]|
|[[日本エアコミューター&br;(JAC)>日本エアコミューター]]|出雲、鹿児島、屋久島|
|[[全日本空輸&br;(ANA)>全日本空輸]](([[ANAウイングス]]の機材・乗務員で運航する便あり。))|札幌/新千歳、仙台、東京/成田、東京/羽田、新潟、[[小松>小松飛行場]]、[[名古屋/中部>中部国際空港]]、&br;大阪/伊丹、[[大阪/関西>関西国際空港]]、対馬、福江、宮崎、沖縄/那覇、宮古(季節運航)&br;、石垣|
|[[スカイマーク&br;(SKY)>スカイマーク]]|札幌/新千歳、[[茨城>百里飛行場]]、東京/羽田、沖縄/那覇|
|スターフライヤー&br;(SFJ)※1|東京/羽田、名古屋/中部|
|[[フジドリーム&br;エアラインズ&br;(FDA)>フジドリームエアラインズ]]※2|新潟、松本、静岡、[[名古屋/小牧>名古屋飛行場]]|
|[[IBEXエアラインズ&br;(IBX)>アイベックスエアラインズ]]※1|仙台、小松、大阪/伊丹、新潟、名古屋/中部|
|[[オリエンタル&br;エアブリッジ&br;(ORC)>オリエンタルエアブリッジ]]※1|福江、宮崎、小松|
|[[天草エアライン]]&br;([[AMX]])※2|天草|
|ジェットスター&br;・ジャパン&br;(JJP)※2|東京/成田、名古屋/中部、大阪/関西|
|ピーチ・&br;アビエーション&br;(APJ)|札幌/新千歳、東京/成田、大阪/関西、沖縄/那覇|
|エアアジア&br;・ジャパン&br;(WAJ)|名古屋/中部|
~
|>|CENTER:''国際線''|
|CENTER:航空会社|CENTER:就航地|
|ピーチ・&br;アビエーション&br;(MM)|台北/桃園|
|大韓航空&br;(KE)|ソウル/仁川、釜山|
|アシアナ航空&br;(OZ)|ソウル/仁川|
|チェジュ航空&br;(7C)|ソウル/仁川、釜山、光州/務安、済州、グアム|
|エアプサン&br;(BX)|釜山、大邱|
|ティーウェイ&br;航空&br;(TW)|ソウル/仁川、大邱|
|ジンエアー&br;(LJ)|ソウル/仁川|
|イースター航空&br;(ZE)|~|
|エアソウル&br;(RS)|~|
|チャイナエアライン&br;(CI)|台北/桃園|
|エバー航空&br;(BR)|台北/桃園、高雄|
|タイガーエア&br;台湾&br;(IT)|~|
|中国国際航空&br;(CA)|北京/首都(大連経由)、上海/浦東、大連|
|中国東方航空&br;(MU)|北京/大興(青島経由)、上海/浦東、青島、武漢(上海/浦東経由)|
|中国聯合航空&br;(KN)|北京/大興(煙台経由)、煙台|
|厦門航空&br;(MF)|福州|
|深圳航空&br;(ZH)|深圳(2020年4月11日就航予定)|
|キャセイドラゴン&br;航空&br;(KA)|香港|
|香港エクスプレス&br;(UO)|~|
|マカオ航空&br;(NX)|マカオ|
|フィリピン航空&br;(PR)|マニラ|
|セブパシフィック&br;航空&br;(5J)|~|
|ベトナム航空&br;(VN)|ハノイ、ホーチミンシティ|
|タイ国際航空&br;(TG)|バンコク/スワンナプーム|
|タイ・ライオン&br;・エア&br;(SL)|バンコク/ドンムアン|
|タイ・エアアジアX&br;(XJ)|~|
|エアアジアX&br;(D7)|クアラルンプール|
|シンガポール航空&br;(SQ)|シンガポール|
|ハワイアン航空&br;(HA)|ホノルル|
|ユナイテッド航空&br;(UA)|グアム|
|フィンランド航空&br;(AY)|ヘルシンキ(季節運航)|

**自衛隊の駐屯部隊 [#w076a309]
すべて[[航空自衛隊]]の部隊である。
-[[航空総隊]]隷下
--[[西部航空方面隊>航空方面隊]]
---司令部支援飛行隊([[T-4>T-4(日本)]]を装備)
--航空救難団
---春日ヘリコプター空輸隊([[CH-47J>CH-47]]を装備)

>この他、定期便の[[輸送機]]や別部隊の[[空自>航空自衛隊]]・[[海自>海上自衛隊]]・[[陸自>陸上自衛隊]]機も飛来して利用する。

**所在の官公庁航空組織 [#g1482659]
-[[海上保安庁]]第七管区海上保安本部
--福岡航空基地(JCG Fukuoka Air Station. [[ビーチクラフト350>キングエア]]及び[[ベル412EP>UH-1]]を装備)
-福岡県警察本部地域部
--福岡県警察航空隊([[ベル206>OH-58]]・[[ベル412EP>UH-1]]及び[[AS365N2>ドーファン2]]を装備)
-福岡市消防本部警防部
--福岡市消防航空隊([[AS365N2/N3>ドーファン2]]を装備)
-国土交通省九州地方整備局(災害対策用ヘリコプターとして[[ベル412EP>UH-1]]を装備。運航は西日本空輸に委託)


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS