*&ruby(ひょうめんこうか){【表面効果】}; [#f3a6ec92]
Surface effect~
[[航空機]]などの飛翔体が地表や水面上に近づくと、[[ダウンウォッシュ]]が圧縮されて[[揚力]]が増大する現象。~
地面効果(Ground effect)とも呼ばれる。~
[[対地高度>高度]]が[[主翼]]スパンの半分以下になると顕著になるとされる。~
[[航空機]]のスペックを記載する際の条件で、表面効果を受けている状態を「地面効果内」(IGE)((In Ground Effect))、受けていない状態を「地面効果外」(OGE)((Out of Ground Effect))と呼ぶ。~
~
[[固定翼機]]では離着陸時の[[速度]]が低いため、その際の[[揚力]]は表面効果の助けによるところが大きい。~
ただし[[艦上機]]の場合は、着艦寸前に[[飛行甲板]]から突然表面効果を受けるため、機体が不安定になるというデメリットがある。~
対策として、[[フレア]]を取らず[[飛行甲板]]へ叩きつけるように着艦する。~
また、[[ヘリコプター]]では、艦上に限らず複雑な地形の上を飛ぶことが多く、表面効果の有無による[[揚力]]変化の影響を受けやすいので注意が必要である。~
~
この表面効果を常時利用するものとして、[[表面効果翼機]]や[[エアクッション艇]]などが存在する。~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS