• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ねつのかべ){【熱の壁】};
[[音の壁]]を越えた人類の前に立ちはだかった新たな「壁」。~
*&ruby(ねつのかべ){【熱の壁】}; [#r60d0a5f]
&ruby(ヒートバリアー){Heatbarrier};.~
~
[[音の壁]]を越えて加速する[[航空機]]・[[ミサイル]]における、材料工学的な耐熱性に由来する限界速度。~
一般には[[マッハ]]3程度が「熱の壁」が待つ領域とされる。~
~
大気圏内を[[超音速]]で前進すれば、押しのけられた空気も超高圧になり、[[断熱圧縮]]によって深刻な高温を持つようになる。~
例えば、[[マッハ]]3で飛行する[[飛行機]]は、部分的に摂氏1,000度を超える熱を持つ事になる。~
[[航空機]]に使われる一般的な構造材([[アルミニウム]]やジェラルミンなど)はこの熱に耐えきれず、機体の空中分解を引き起こす。

[[マッハ]]3にも達する[[飛行機]]は空気との摩擦により部分的に1000度を超える熱を持つ。多くの[[飛行機]]を構成する物質である従来のアルミやジェラルミンの類の合金では、この熱に耐えうることが出来ない。~
これを解消するためにはより融点の高い[[チタニウム]]や[[鉄]]による設計が必要となるが、前者は加工を行うのに莫大な投資を必要とし新たにコストの壁を招く、そして後者は非常に重いため航空機には向いていない。
>これをして「摩擦熱で燃え尽きる」と表現する場合があるが、これは間違い。~
高密度の硬い路面と衝突するタイヤはともかく、大気ほど薄い気体との衝突では摩擦熱はほとんど発生しない。

以上の理由からSR-71と[[大気圏]]外を航行する機を除き[[マッハ]]3を超える実用機は誕生していない。
熱の壁を越えるためには融点の高い耐熱素材を使った設計が必要となる。~
現在、主に用いられるのは加工困難な[[チタニウム]]、重量のかさむ[[鉄]]、脆くて使い捨ての耐熱セラミックなどである。~
どれも設計上あまり効率的とは言えない素材であり、科学的には突破も可能だが、経済的にはあまり現実的でない。~
~
関連:[[極超音速]] [[金の壁]] [[SR-71]] [[スペースシャトル]]

関連:[[極超音速]] [[SR-71]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS