• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(いるまきち){【入間基地】}; [#y1032c66]
JASDF Iruma Airbase.~
~
埼玉県狭山市・入間市域に所在する、[[防衛省]]([[航空自衛隊]])管理の軍用[[飛行場]]。~
[[中部航空方面隊>航空方面隊]]司令部を筆頭に、後述する様々な部隊が置かれ、首都防空の要として約4,300人の[[隊員>自衛隊員]]を擁している。~
>ただし、環境保持に関する地元との協定により、[[アフターバーナー]]を装備する機体を運用できないため、[[戦闘機]][[部隊]]は[[百里基地>百里飛行場]]に配備されている。

また、[[自衛隊]]における[[兵站]]の一大拠点としての役割も果たしており、全国航空輸送網の中枢ターミナルとして、航空輸送人員約85,000人、航空輸送貨物年間約2,500トンを扱っている他、埼玉県警察航空隊の運航基地も本基地に隣接して置かれている。~
~
本基地のルーツは、昭和13(1938)年に[[旧帝国陸軍>日本軍]]の航空士官学校が所沢から移転してきたことにはじまる。~
以後、陸軍の航空兵科に勤務する初級幹部の育成拠点として活用されてきたが、終戦にともなって[[アメリカ陸軍航空隊>USAAF]]に接収され、「ジョンソン基地(([[第二次世界大戦]]時の[[アメリカ陸軍航空隊>USAAF]]の[[エースパイロット]]で、1945年に東京湾上空で事故殉職したジェラルド・R・ジョンソン大佐を記念した命名。))」と名づけられて[[第5空軍>第5空軍(アメリカ軍)]]の拠点となった。~
その後、昭和29(1954)年に用地の一部がアメリカから返還されて[[航空自衛隊]]が使用することになり、昭和33(1958)年に中部航空方面隊司令部が設置され、「入間基地」が誕生した。~
以後、[[アメリカ空軍]]の管理地は徐々に縮小されていき、昭和53(1978)年には日本に全面返還、航空自衛隊の主要基地として現在に至る。

**空港情報 [#j6aaf246]
|種別|軍用|
|[[滑走路]]|2,000×45(17/35)|
|3レターコード|なし|
|4レターコード|RJTJ|
|[[ILS>計器着陸装置]]|不明|
|設置・管理者|[[防衛省]]([[航空自衛隊]])|

**自衛隊の配備部隊 [#gb427b0e]
-[[航空総隊]]隷下
--[[中部航空方面隊>航空方面隊]]司令部
---中部航空警戒管制団司令部(司令官は本基地司令を兼任)~
・中部防空管制群~
・整備補給群~
・基地業務群~
---第1高射群本部([[MIM-104]]を装備)
---[[中部航空施設隊>工兵]]~
・第1作業隊
--航空救難団司令部
---入間ヘリコプター空輸隊([[CH-47J>CH-47]]を装備)
--航空総隊司令部飛行隊
---支援飛行隊([[T-4>T-4(日本)]]及びU-4を装備)
---電子戦支援隊([[YS-11EA>YS-11]]及び[[EC-1>C-1]]を装備)
---支援飛行隊([[T-4>T-4(日本)]]及び[[U-4>ガルフストリーム]]を装備)
---電子戦支援隊([[YS-11EA>YS-11]]及び[[EC-1>C-1(日本)]]を装備)
---電子飛行測定隊([[YS-11EB>YS-11]]を装備)
-航空支援集団隷下
--第2輸送航空隊([[C-1]]及びU-4を装備)
-[[航空支援集団]]隷下
--第2輸送航空隊([[C-1>C-1(日本)]]及び[[U-4>ガルフストリーム]]を装備)
--航空保安管制群
---飛行管理隊
--航空気象群
---入間気象隊
--[[飛行点検隊]]([[U-125]]及び[[YS-11FC>YS-11]]を装備)
-航空開発実験集団隷下
--航空開発実験集団司令部
---電子開発実験群
---航空医学実験隊
-[[航空開発実験集団]]隷下
--航空医学実験隊
-防衛大臣直轄部隊
--[[航空警務隊>憲兵]]入間地方警務隊
-航空自衛隊補給本部隷下
--[[航空警務隊>警務科]]入間地方警務隊
-[[航空自衛隊補給本部]]隷下
--第3補給処
--第4補給処

**その他の官公庁航空組織 [#z6593d8a]
-埼玉県警察本部地域部地域課
--埼玉県警察航空隊([[EC135P2>EC135]]、[[BK117C-1>BK117]]及び[[A109>AW109]]を装備)


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS