• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(とつげきほう){【突撃砲】};
[[第二次世界大戦]]の[[ドイツ軍]]の戦闘車輌の一種。~
既存の[[戦車]]の車体に比較的[[口径]]の大きい砲を固定して搭載(カーゼマッテ式)、比較的高い防御力を与えられた[[自走砲]]で、[[歩兵]]に随伴し、敵陣地を至近距離から直接照準で攻撃し破壊、撃破して[[歩兵]]の前進を援護する。~
[[3号戦車]]の車体を利用し、75mm砲を搭載した[[3号突撃砲]]、[[4号戦車]]の車体に長砲身搭載型の[[3号突撃砲]]G型の戦闘室を組み合わせた[[4号突撃砲]]が存在する。~
*&ruby(とつげきほう){【突撃砲】}; [#c03b05ac]
Sturmgeschütz~
[[第二次世界大戦]]当時、ドイツ軍が運用していた[[戦闘車輌>AFV]]の一種。~
~
当初は塹壕戦を想定した陣地の破壊が主目的であった為、至近距離からの[[榴弾]]射撃を想定した短砲身、大口径の砲を装備していたが、戦況の変化により徐々に対戦車という用途にも使われ始めた為長砲身化されていき、[[戦車駆逐車]](いわゆる[[駆逐戦車]])となってしまった感がある。~
人間の身長と同じ程度の車高しかなかったため、待ち伏せ攻撃に極めて有効で、3号戦車がほとんど戦果を挙げられなくなった大戦後期にも、突撃砲は戦果を挙げていた。~
型落ちした[[3号戦車]]から[[砲塔]]を撤去し、代わりに本来の規格外の大口径砲を搭載した[[自走砲]]。~
[[砲塔]]ごと撤去するのは、想定外の重量を[[砲塔]]の機構が支えきれないため。

[[戦車]]の頑強な[[装甲]]を活かし、前進する[[歩兵]]に随伴しつつ至近距離から砲撃を加える運用が想定された。~
また、[[砲塔]]を備えない分車高が低く隠れやすく、[[アンブッシュ]]にもよく投入された。~
母体となった[[3号戦車]]が事実上無力化された大戦後期にも、突撃砲は戦果を挙げていた。~
~
なお、同時代の[[イギリス軍]]にはほぼ同じ用途の車両として[[歩兵戦車]]と呼ばれる車両が存在するが、重装甲で旋回砲塔を持ち、比較的火力も高いが、[[歩兵]]の歩みに合わせた速度が災いし、非常に使いづらい車両であったと言われる。~
当初は[[塹壕戦]]を想定して短口径の[[榴弾砲]]を装備していたが、徐々に[[戦車駆逐車]]と統合されていった。~
~
関連:[[歩兵戦車]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS