【特殊部隊】(とくしゅぶたい)

Special Operations Group

国軍の正規戦や法執行機関の通常業務に比して、より特殊な内容の任務を行う部隊。
敵地潜入やカウンターテロ等、その活動は多岐に渡るが、これらは遂行に特別な技術やノウハウが不可欠である。
その為、それらを習得した特別なグループの編制が求められる。

軍事特殊部隊(軍事SOG)

軍隊では、何らかの特殊な能力を持った者で構成された少数精鋭の部隊を指す。
広義には構成員が何か特殊な能力を持っていれば、どのような部隊でも「特殊部隊」となり得るが、一般的には、戦時に敵地へ少数単位で潜入して情報収集や民衆の扇動などを行う、主に歩兵で構成された部隊のことを指す。
そのため、外国語会話・狙撃・格闘技・爆発物取扱・サバイバル技術・心理操作など、必要とされる能力に秀でた者を一般の将兵から選抜して構成するのが普通である。

フィクション作品では、
「敵側重要施設の隠密破壊・要人暗殺等の破壊工作に従事」
「正規部隊を向こうに回して大立ち回り」
という描写がなされることも多いが、実際には前者については機密に属する部分が多く*1、そのような任務へ従事することの有無についてはあまり(「極秘裏に行われているだろう」という程度*2)知られていない。
後者については、(歩兵主体で構成されることから)単体では戦闘能力が弱いため、正規部隊と直接戦闘を行うことはまずない。

俗に「対テロ部隊」などと呼ばれる部隊は、立て籠り型のテロリズムに対して出動する場合もあり、その場合は事件の解決を目的とし、犯人の射殺も辞さない。

警察治安特殊部隊(警察SOG)

法執行機関?では、臨検のような大きな危険を伴う警戒行動を行ったり、あるいは犯罪者の立て籠る建物や乗り物に突入し、犯罪者の逮捕と人質の解放を行ったりする部隊のことを指す。
軍隊のそれと同様に、狙撃・格闘技・交渉術などに優れた者を捜査官の中から選抜して構成するのが普通である。

多くの場合、武器の使用は「犯人の抵抗の排除」「自らの護身」などといった目的においてのみ許され、犯人の射殺は(人質の生命が危険に晒されているなど、緊急やむをえない場合を除いて)許されない。

主な「特殊部隊」の一例

  • 軍事系
  • 警察・治安系
    • SAT(日本(警視庁及び一部道府県警察))
    • SIT(日本(警視庁及び各道府県警察))
      • MAAT(日本(大阪府警察本部刑事部))
    • GSG9(ドイツ連邦警察局)
    • SST(日本(海上保安庁))
    • SWAT(アメリカ(ロサンゼルス市警など))
      ※州や市、郡によって異なる名称がつけられていることもある。
      例えば、ニューヨーク市警では「ESU(緊急対処課)」など。
    • TACLET(アメリカ沿岸警備隊)
    • テロ対策部隊アルファ(ロシア連邦保安局)
    • GIGN(国家憲兵隊介入部隊)(フランス国家憲兵隊

*1 そもそも、そのような工作のために敵地に侵入する事自体が違法であったり、公になると国際問題になりかねない事も多い。
*2 部隊によっては訓練に様々な工作活動への対応も含まれているため。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS