• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
//「治安特殊部隊」のページが編集合戦になりつつあるので、当該ページの記述内容をこちらのページの子コンテンツにしようかと考えています。

*&ruby(とくしゅぶたい(けいさつ)){【特殊部隊(警察)】}; [#d3376a17]
法執行機関(警察)において、[[テロリスト]]や凶悪犯罪者の逮捕、[[人質の救出>人質救出作戦]]、治安維持活動など、一般の警察業務の手に負えない[[特殊作戦遂行のために編制された部隊>特殊部隊]]((出典:現代の特殊部隊 テロと戦う最強の兵士たち その組織・装備・作戦を見る,文林堂,坂本明,p69(特殊急襲部隊)より文言を引用。))。~
法執行機関(警察)において、通常の捜査官では対処困難な事案を扱うために編制された[[部隊]]([[特殊部隊]])。~
~
「能動的な暴力を行使するための部隊」や「[[災害救助>捜索救難]]専門部隊」、あるいは特殊な事案を扱うための部隊など多岐にわたる。~
~
隊員に必要な技能は[[狙撃]]・徒手格闘技・爆発物の取り扱い・交渉術などとされている。~
~
一般的な警察官は「警察比例の原則」に則り、「先制攻撃を前提とした[[作戦]]」ができないため、この規範をあえて外れた組織が必要となる。~
>ただし、司法警察の原則は維持される。~
国家が暴力を行使するのは「市民の保護」「犯罪の容疑者を拘束して裁判に出頭させること」のみにおいて許される。~
そのため、[[軍の特殊部隊>特殊部隊(軍事)]]に比べて武器の使用には制約が強く、場合によっては「行動が妥当であったか否か」が(事件とは別個に)裁判の対象となることもある((たとえば「拘束すべき犯罪者が銃器を持って抵抗し、銃撃戦になったあげく死亡した場合」など。))。
[[軍の特殊部隊>特殊部隊(軍事)]]と同様に武装することも多いが、一般的に、武器の使用には制約が強く、場合によっては「行動が妥当であったか否か」が(出動した事件とは別個に)裁判の対象となることもある((たとえば「拘束すべき犯罪者が銃器を持って抵抗し、銃撃戦になったあげく死亡した場合」など。))。~
そのため、武器を使用する際には非殺傷性の武器(([[催涙剤]]や[[閃光・音響手榴弾>手榴弾]]など。))が用いられることも多い。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS