【特攻機】(とっこうき)

  1. 特別攻撃(特攻)を行う航空機のこと。
    第二次世界大戦末期の日本軍でゼロ戦などがこの名を負った。

  2. 特別攻撃を目的として設計・開発された航空機。
    第二次世界大戦末期の日本で大量に製造された。
    その大部分は爆弾投下装置等を持たず、乗員の脱出や帰還は構造からして考慮されていない。
    桜花?梅花?等がこれに当たる。
    橘花は元々近海攻撃用の機体として設計されたものの転用であり、爆弾投下装置を持った数少ない例外である。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS