【豆戦車】(まめせんしゃ)

かつて存在した、戦車に類似の小型・軽装備の装軌式戦闘車両。
別名に「タンケッテ」「豆タンク」などの言葉がある。

砲塔を装備せず、武装は概ね機関銃1ないし2挺のみ*1で、乗員も1〜2名で運用されるのが特徴。
実質上、野戦において最前線の歩兵部隊に随伴し、比較的近距離での火力支援を行う「移動式機関銃座」というべき車両であり、(一般の戦車と同様の任務である)陣地攻撃や対戦車戦闘に投入するには不向きであった。
しかしながら、戦車に比べて調達費用が安くつき、なおかつ、(申し訳程度であるが)火力・防御装甲と悪路走破性を備えているため、充分な予算を得られない小国の軍隊や植民地(特に交通インフラの充分に整っていない地域)の治安維持任務などでは重宝された。
また、列強諸国軍では前線での偵察・警戒・連絡任務や、砲兵部隊や輜重部隊における野砲・荷車の牽引などにも使われ、従来の騎兵(軽騎兵・乗馬歩兵)や軍馬を代替する役割も果たしていた。*2

第二次世界大戦勃発前の1920〜1930年代に多く開発されたが、第二次世界大戦で能力不足が判明したため、以後は急速に廃れていった。
しかし、これに近い性格の車両*3はいまでも作られており、主に空挺部隊や偵察部隊、PKF部隊などで補助的・限定的に利用されている。

主な車種

  • 英国
    • カーデン・ロイド豆戦車
    • ユニバーサル・キャリア(ブレン・ガン・キャリア)
  • イタリア
    • CV-29
    • CV-33
    • CV-35
    • L-3
  • ポーランド
    • TKS(TK-3)
  • ソ連
    • T-27
  • 日本
    • 九四式軽装甲車「TK」
    • 九七式軽装甲車「テケ」

*1 20機関砲や歩兵砲を備えた車両もあった。
*2 このため、「装甲車」や「牽引車」名目で開発・配備された車両もある。
*3 英国の「スコーピオン」軽戦車やドイツの「ヴィーゼル」、日本の「60式自走無反動砲」や「87式偵察警戒車」など。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS