【鳥人間コンテスト】(とりにんげんこんてすと)

JAPAN INTERNATIONAL BIRDMAN RALLY.

毎年7月、滋賀県彦根市の琵琶湖畔で開催されている、自作の滑空機及び人力飛行機の飛行距離もしくは飛行時間を競う航空競技会
正式には「鳥人間コンテスト選手権大会」と呼ばれている。

主催は大阪の地上波テレビ局「読売テレビ放送(ytv)」で、その模様は毎年、同局が加盟しているNTV(日本テレビ放送網)系列のテレビ局でスペシャル番組として放映される。

元々は1970年代後半、同局が制作・放映していた視聴者参加型のスポーツアトラクションバラエティ番組「びっくり日本新記録」の中で
「高いところからハンググライダーで飛び立ってどれだけの距離を飛べるか?」
という競技の企画が持ちあがり、1977年夏に同番組の企画として滋賀県近江八幡市の水泳場で開催されたのを始めとする*1

最初期に参加していた機体は、グライダーを改良したものがメインだったが、やがてパイロットが自転車のペダルをこぎ、チェーンで繋がったプロペラを回して飛ぶ「人力プロペラ機」が登場。以後、飛行距離はどんどん伸びていくことになる。

競技の基本ルールは、湖畔の水泳場に設置されたプラットフォームから飛び立ち、湖に着水するまでの飛行距離、もしくは一定の距離を飛行するのに要した時間を争う。
滑空機部門の場合、機体の飛行距離は最長でも数百m程度だが、人力プロペラ機部門では(条件次第で)30km以上も飛べる機体が登場することが稀にあるため、現在ではスタート地点から20kmの地点で折り返すようにルールが定められている*2


鳥人間コンテスト選手権大会公式webサイト
http://www.ytv.co.jp/birdman/index.html

現在の競技種目

現在、同大会では以下に示す種目の競技が行われている。(2016年大会時点)

  • 滑空機部門
  • 人力プロペラ機部門
    • ディスタンス部門
      発進から着水までの飛行距離を競う。
      現在は2箇所の折り返し地点が設定されているため、最長40km前後のビッグフライトが期待される。
    • タイムトライアル部門
      2006年の大会から新設されたもので、所定コース(往復1辧砲糧行時間を競う。

なお、かつての大会では以下の種目も行われていた。

  • コミックエントリー部門
    飛行距離は不問で、機体の外形や飛び方などの「面白さ」を競うもの。
    1979年〜1987年まで(1987年大会では中止)。
  • 女性パイロット(レディース)部門
    一般のランキングとは別個に、女性パイロットが操縦する機体同士で順位を競うもの。
    1986年〜1990年及び1995年〜1996年まで。
  • チャレンジ部門
    飛距離だけではなく、機体デザインや設計コンセプトも加味して総合的なできばえを競うもの。
    1997年〜1999年まで。
  • 人力ヘリコプター部門
    2001年〜2003年まで。(なお、2001年大会では「参考競技」として実施)
    プラットフォームからの安全な離陸ができなくなる恐れが考慮されたため、2004年大会から廃止。

開催休止と再開

本大会は2008年まで32回開催され、わが国では数少ない航空競技会の一つであると同時に、琵琶湖の夏の名物イベントとしても定着していたが、2009年、主催者の読売テレビは当年度以降の開催休止を表明した。
これは、同局の広告料収入減少に伴う経営赤字と、(国の政策でもある)地上波デジタル放送への転換に伴う大規模な設備投資による全社的な経費節減のため、番組制作体制の見直しが必要となったことが理由とされた。
ところが、この方針が表明されると、大会に参加していた競技者チームやファンから問い合わせや苦情が多数寄せられた。*3

こうしたファンや競技者からの声をうけ、同局は2010年度以降の再開を表明、第33回大会は2010年7月に開催された。


*1 1980年から現在の彦根市へ会場が移っている。
*2 このルールは、2003年の大会で、現在の会場で可能な最長飛行距離である「34km」という記録が出たことを受けて翌年から改正されたもの。
*3 中には「資金が足りないのなら募金するので、開催を続けてほしい」という声もあったという。
  また、長年この大会に参加してしのぎを削ってきたチーム同士が結束する、という一幕もあったという。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS