【長門】(ながと)

八八艦隊計画の第一段として1920年代に建造された、日本海軍の超ド級戦艦。姉妹艦に陸奥がある。

列強各国の戦艦に差をつけるため、初めて口径41センチという当時の世界最大の主砲を取り付けた。
また主砲塔の位置も、扶桑?型や伊勢型では中央の砲塔が前後両方に向けられなかった戦訓を活かして、金剛型と同じく船体前後二基ずつの配置になっている。
その上列強(特に仮想敵国のアメリカ)各国海軍の主力戦艦より5kt以上速い高速戦艦として設計された。

だが二番艦・陸奥の竣工直後にワシントン海軍軍縮条約が締結されたため八八艦隊計画は潰え、しばらくの間、本艦と陸奥は世界最大の戦艦として君臨することとなった。

日本海軍では大和竣工まで連合艦隊旗艦をつとめ、数次の改装が行われながらもその姿は最も日本国民に親しまれたと言える。*1

また、このようなエピソードも語られている。
1930年代初頭、満州事変により中国大陸への進出を強める日本に危機感を抱いた米大統領が海軍長官に
「いま日本を攻めることはできないか?」
と諮問したところ、海軍長官は
「ダメです。日本にはナガトがいます」
と答えたという。*2

しかし太平洋戦争開戦時には既に旧式化しており、また大艦巨砲主義から航空主兵主義へと戦闘の思想が移り変わっていたため、これと言った活躍は無かった。*3

日本海軍の戦艦で、太平洋戦争を最後まで生き抜いた唯一の艦だったが、終戦に伴いアメリカ軍に接収され、翌年7月にビキニ岩礁で行われた「クロスロード作戦」という二度にわたる原子爆弾実験の標的艦として使用された。
一度目の空中爆発実験「ABLE(エイブル)」では致命的損傷を受けず(爆心地方向の装甲表面が融解したのみ)、二度目の水中爆発実験「BAKER(ベーカー)」で殆どの艦船が一瞬で轟沈する中、長門はわずかに傾斜するも沈没する気配をみせず、抜群の難沈性を示した*4
そして5日後、誰にも看取られることなく忽然と海中に姿を消した。

現在、長門沈没地点はダイビングスポットとしてこの地の貴重な観光資源となっている。
沈没状態とはいえ、ビッグ7の中で一応形が残っているのは長門だけである。
現状は上下逆さまで沈没しており、艦橋部分は折れている。

略歴


長門

1917年 8月28日呉海軍工廠で起工
1919年11月 9日進水
1920年11月15日竣工
1941年12月 8日〜連合艦隊旗艦として、太平洋戦争に参加
1942年 2月12日連合艦隊旗艦を「大和」に移し、第一艦隊に編入。
1942年 5月29日〜ミッドウェイ海戦に参加
1943年 8月23日トラック島に進出
1944年 6月19日マリアナ沖海戦に参加
1944年10月23日レイテ沖海戦に参加*5
1945年 6月 1日横須賀の特別警備艦*6に類別
1945年 9月15日終戦のため除籍。米軍に引き渡される
1946年 7月 1日ビキニ環礁にて原爆実験の標的艦として使用
1946年 7月25日原爆実験の標的艦として再度使用
1946年 7月29日沈没



陸奥

1918年 6月 1日横須賀海軍工廠で起工
1920年 5月31日進水
1921年10月24日竣工
1927年 1月艦首形状を変更。
1934年 9月 5日改装工事開始。
1936年 9月30日改装工事完了。
1941年12月 8日〜「長門」と共に第一戦隊(連合艦隊直属)を組み、太平洋戦争に参加。
1942年 2月12日「長門」と共に第一艦隊へ編入。
1942年 5月29日〜ミッドウェイ海戦に参加。交戦無し。
1942年 6月 6日帰投
1942年 8月17日トラック島に進出
1943年 6月 8日広島湾沖柱島泊地停泊中に後部三番砲塔付近の火薬庫にて原因不明の爆発、沈没
1943年 9月 1日除籍
1948年艦の搭載物資のサルベージ作業開始。
1970年起重機船を使用したサルベージ作業開始。艦首部分や武装の一部など、艦体の約70%が引き上げられた。


スペックデータ

数値は新造時と1936年(昭和11年)に行われた最終改装後のものである。

基準排水量長門:32,720t(新造時)/39,130t(改装後)
陸奥:32,720t(新造時)/39,050t(改装後)
常備排水量33,800t
公試排水量長門:43,580t
陸奥:43,400t
全長215.80m(新造時)/224.94m(改装後)
全幅28.96m(新造時)/34.6m(改装後)
吃水9.08m(新造時)/9.49m(改装後)
陸奥:9.46m(改装後)
主缶ロ号艦本式専焼缶×15基、ロ号艦本式混焼缶×6基(新造時)
ロ号艦本式専焼缶(大型4基+小型6基)×10基(改装後)
主機艦本式オールギアードタービン×4基4軸推進
軸馬力80,000shp(新造時)/82,000shp(改装後)
燃料搭載量重油3,400t 石炭1,600t(新造時)
重油5,600t 石炭57.8t(改装後)
最大速力26.5kt(新造時)/24.35kt(改装後)
航続距離16ktで5,500海里(新造時)/16ktで8,650海里(改装後)
乗員艦長以下1,333名(新造時)/艦長以下1,368名(改装後)
主砲長門:45口径四一式40冢∩砲4基
陸奥:四一式40.6cm連装砲4基
副砲50口径四一式14冀荏砲20基(新造時)
50口径四一式14cm単装砲18基(改装後)
高角砲8cm単装4門(新造時)
40口径12.7冢∩高角砲4基
機銃(新造時)
三年式3挺
(改装後)
7.7mm3挺
40mm連装2基
25mm連装10基
魚雷53cm水中・水上魚雷発射管8本(新造時、改装後は撤去)
艦載機水偵3機搭載(改装後)
装備カタパルト×1基(改装後)

*1 この当時の子供のカルタにも「陸奥と長門は日本の誇り」とうたわれていた
*2 ちなみにこの時、本艦は改装工事のためドック入りしており、艦隊にあったのは陸奥の方であった。
*3 空母他の機動部隊が各地に転戦したのに対し、本艦を含む6隻の戦艦からなる第一艦隊は瀬戸内海・柱島泊地にとどまり続けたため「柱島艦隊」とも揶揄された。
*4 しかし、本艦と同条件、もしくはより爆心に近い海域にいながら被爆に耐え、沈没しなかった艦(米戦艦「ネバダ」、軽空母「インディペンデンス」、独重巡「プリンツ・オイゲン」など)もある。
*5 このとき、米護衛空母群に向けて主砲を発射したのが、最初で最後の対艦戦闘になった。
*6 燃料不足と航空優勢を敵に掌握されていたため外洋に出ることができず、本土決戦の際に浮き砲台として使われる予定だったという。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS