*&ruby(ちけいついずいひこう){【地形追随飛行】}; [#k41f74b0]
Contour-Flight,Nap-of-the-Earth(NOE).~
「匍匐飛行」とも。~
~
[[レーダー]]による被発見率を下げるため、山や谷あい、地表数十メートルを飛行すること。~
巡航飛行と対比して、障害物が多く空気密度の濃い低空を飛行するため、[[レーダー]]や目視での発見を遅らせることが出来るが、燃費が悪く、機体や[[操縦士>エビエーター]]に余分な負担をかける欠点がある。~
よって、危険空域近くで行われることが多い。~
~
現在の[[戦闘機]]や[[特殊作戦機]]は、[[FLIR]]や[[LANTIRN]]・[[地形追随レーダー]]の装備により、昼夜問わずにオートパイロットで飛行することができる。~
~
[[アメリカ陸軍]]では、ほぼ一定の[[対気速度]]で、障害物や地面に沿うように高度を変化させる場合を「Contour-Flight」、速度も[[高度]]も変化させる飛行を「Nap-of-the Earth(NOE)-Flight」と呼んでいる。~
もちろん、NOE飛行が最も低高度かつ燃費が悪い。~
~
関連:[[シースキミング]] [[超地平レーダー]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS