【弾道ミサイル】(だんどうみさいる)

Ballistic Missile (BM)
宇宙ロケットに近い形状をした長距離ミサイル。またはペイロード爆薬を搭載した宇宙ロケット。
ロケットエンジンで大気圏外に上昇、極超音速で巡航し、大気圏に再突入して目標へ到達する。
現在の技術では巡航中に撃墜する手段が確立されておらず、再突入後のごく短時間にしか迎撃できない。
反面、慣性航法装置(INS)でのみ制御されるため、命中精度は極めて劣悪で、核兵器などによる戦略爆撃の用途にしか利用できない。

弾道ミサイルと宇宙ロケットはそれぞれ別々の意図を持って設計されているものの、どちらもモノを大気圏外へ打ち上げる事が目的なので構造に大差はない。
弾道ミサイルに人工衛星を搭載して静止軌道に乗せる事は十分可能*1であるし、宇宙ロケットに核兵器を搭載して狙った場所に墜落させるのも困難ではない。
そのため、弾道ミサイル開発から打ち上げ用ロケットが派生することも、逆に学術研究目的のロケットから弾道ミサイルへ派生することも十分可能である。従ってロケットの開発は常に政治が絡み、場合によっては海外から技術供与を拒否されることも起こる。*2
ならず者国家などはしばしば弾道ミサイルの実験について「核兵器の実験ではなく宇宙開発事業である」と主張する*3が、実情は定かでない。

弾道ミサイルの分類

弾道ミサイルは主に有効射程によって分類され、条約や国によって数字は異なるが、おおむね以下のように分類されている。

大陸間弾道ミサイル(ICBM:Intercontinental Range Ballistic Missile)(射程5,500km〜)
主な種類
アメリカMGM-16「アトラス」
MGM-25「タイタン」
LGM-25「タイタンII」
LGM-30「ミニットマン/II/III」
XMGM-134「ミゼットマン」(開発中止)
LGM-118「ピースキーパー」
ソビエト/ロシアR-9(SS-8「Sasin」)
R-36「ヴォエヴォーダ」(SS-18「サタン」)
R-7(SS-6「サップウッド」)
R-16(SS-7「サドラー」)
RT-2(SS-13「サヴェージ」)
RT-21(SS-16「Sinner」)
R-36(SS-9「スカルプ」)
UR-100(SS-11「セーゴ」)
UR-100N(SS-19「スティレット」)
MR UR100(SS-17「スパンカー」)
RT-23「モロデーツ」(SS-24「スカルペル」)
RT-2PM「トーポリ」(SS-25「シックル」)
RT-2PM2「トーポリM」(SS-27「シックル」)
中国東風5号(DF-5、CSS-4)
東風31号(DF-31、CSS-9)
東風41号(DF-41、CSS-X-10)
北朝鮮テポドン2号
中距離弾道ミサイル (IRBM:Intermediate Range Ballistic Missile)(射程2,400〜5,500km)
主な種類
アメリカPGM-19「ジュピター」
PGM-17「ソー」
ソ連RSD-10(SS-20)(退役)
フランスS-2
S-3/TN-61(退役)
パキスタンシャヒーンIII
ガウリIII
イランシャハブIII
インドアグニIII
イスラエルジェリコII
北朝鮮ムスダン
中国東風3号(DF-3、CSS-2)
準中距離弾道ミサイル (MRBM:Medium Range Ballistic Missile)(射程800〜2400km)
主な種類
北朝鮮ノドン
テポドン1号
中国東風21号(DF-21、CSS-5)
東風25号(DF-25)
アメリカMGM-31「パーシングI/II」
短距離弾道ミサイル (SRBM:Short Range Ballistic Missile)(射程150〜800km)
主な種類
ドイツV2ロケット
アメリカMGM-5「コーポラル」
PGM-11「レッドストーン」
MGM-31「パーシングI」
MGM-140「ATACMS」
ロシアR-11
R-17
インドプリットヴィー
イランファテフ110
イラクアル・フセイン
パキスタンシャヒーンI
中国東風11号(DF-11、CSS-7)
東風15号(DF-15、CSS-6)
韓国玄武-1/玄武-2A/B
戦場短射程弾道ミサイル (BSRBM:Battlefield Short Range Ballistic Missile)(射程〜150km)
主な種類
アメリカMGM-18「ラクロス」
MGM-29「サージェント」
MGM-52「ランス」
ソ連/ロシアFROGシリーズ
潜水艦発射弾道ミサイル (SLBM:Submarine Launched Ballistic Missile)
潜水艦から発射されるもの。射程関係なし)
主な種類
アメリカUGM-27「ポラリス」
UGM-73「ポセイドン」
UGM-96/UGM-133「トライデントI/II」
イギリスポラリスA-3TK
トライデントD-5
ソ連/ロシアR-11FM(SS-1B)
R-13(SS-N-4「サーク」)
R-21(SS-N-5「サーク/サーブ」)
R-27「Zyb」(SS-N-6「サーブ」)
R-29「Vysota」(SS-N-8「ソウフライ」)
R-29R(SS-N-18「スティングレイ」)
R-29RM「Shtil」(SS-N-23「スキッフ」)
R-29RMU/3M27「シネーワ」(SS-N-23)
R-29RMU2「ライナー」(SS-N-23)
R-30/3M14「ブラヴァー」(SS-NX-30)?
R-39「リフ」(SS-N-20 Sturgeon)
R-39M「バーク」(SS-N-28)
フランスMSBS*4 M1(退役)
MSBS M2(退役)
MSBS M20(退役)
MSBS M4(退役)
MSBS M45
MSBS M5(1996年開発中止)
MSBS M51
中国巨浪1(JL-1、CSS-N-3)
巨浪2(JL-2、CSS-NX-4)
インドK-15
K-X(開発中)
空中発射弾道ミサイル(ALBM:Air-Launched Ballistic Missile)
(航空機(主に爆撃機)から発射されるもの。高コストにより開発中止。)
主な種類
アメリカGAM-87/AGM-48「スカイボルト」
イギリスブルーストリーク
ブルースチール



*1 そのため、旧式化や軍縮条約によって現役を退いた弾道ミサイルが人工衛星の打ち上げに転用されることもある。
*2 打ち上げ用のロケット開発で高い技術を保持することは、開発の当事者がどう考えるにせよ外から見れば優秀な弾道ミサイルの開発能力を保持していることになる。
*3 事実、旧ソ連やアメリカなど、最初期に宇宙開発に着手した国家は、概ね弾道ミサイルの開発で得られた技術を転用していた。
*4 Mer Sol Ballistique Strategique:海中発射型対地戦略弾道弾

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS