• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(だいななこうくうだん){【第7航空団】}; [#m08fa2c9]
茨城県小美玉市、[[百里基地]]に在籍する[[航空自衛隊]]第7航空団~
飛行群は第301飛行隊、第305飛行群の2個部隊から構成さえており、[[F-15J/DJ>F-15]]、[[F-4EJ改>F-4]]および[[T-4]]を運用している~
なお百里基地駐屯の[[第501飛行隊]]の支援整備は第7航空団が行っている~
*&ruby(だいななこうくうだん(じえいたい)){【第7航空団(自衛隊)】}; [#m08fa2c9]
|>|概要|
|創設|1961年|
|所属国|日本国|
|部隊編制単位|[[航空団]]|
|兵種、任務、特性|[[戦闘機]]([[マルチロールファイター]])による[[防勢対航空作戦]]&br;([[対領空侵犯措置]]・[[阻止攻撃]]等)|
|上級部隊|[[中部航空方面隊>航空方面隊]]|
|所在地|[[百里基地>百里飛行場]](茨城県小美玉市)|
~
昭和36年に、[[松島基地]]にて「第7航空団」を新編。第4航空団第9飛行隊([[F-86]])を隷下に編入。~
昭和37年に、[[入間基地]]に移駐。~
昭和40年に、第9飛行隊が解散。第206飛行隊([[F-104J>F-104]])を百里基地にて新編。~
昭和41年に、第207飛行隊(F-104J)を百里基地にて新編。~
昭和42年に、司令部が入間基地から百里基地に移駐。~
昭和47年に、臨時[[F-4EJ>F-4]]飛行隊を新編。~
昭和48年に、臨時F-4EJ飛行隊を第301飛行隊(F-4EJ)に改編。~
昭和53年に、第206飛行隊(F-104J)を解散、第305飛行隊(F-4EJ)を新編。~
昭和60年に、[[新田原基地]]の[[第5航空団]]第204飛行隊(F-15J)が百里基地に移駐し、これを隷下に編入。~
第301飛行隊(F-4EJ)が新田原基地に移駐し第5航空団の隷下に編入。 ~
平成5年に、第305飛行隊の機種を改編。(F-4EJ改からF-15Jに)~
平成21年に、[[那覇基地]]第83航空隊第301飛行隊(F-4EJ改)と第204飛行隊を配置換え完了。~
主に関東地域の領空に接近・侵入してくる[[国籍不明機]]に対しての[[対領空侵犯措置]]を担当している
JASDF 7th Wing.~
~
[[航空自衛隊]]の戦略級部隊単位である「[[航空団]]」の一つ。~
茨城県小美玉市の「[[百里基地>百里飛行場]]」をベースとしている。~
~
団の主軸である飛行群は「第3飛行隊」の1個部隊で構成されており、[[F-2(日本)]]及び[[T-4(日本)]]を運用している。~
~
部隊は、主に関東近辺の[[領空]]に接近・侵入してくる[[国籍不明機>ボギー]]に対する[[対領空侵犯措置]]を担当している。

**略歴 [#cb8f7c87]
:昭和36年|宮城県・[[松島基地>松島飛行場]]にて新編。[[第4航空団>第4航空団(自衛隊)]]第9飛行隊([[F-86]]装備)を隷下に編入。~
:昭和37年|埼玉県・[[入間基地]]に移駐。~
:昭和40年|第9飛行隊が解散。第206飛行隊([[F-104J>F-104]]装備)を百里基地にて新編。~
:昭和41年|第207飛行隊(F-104J装備)を百里基地にて新編。~
:昭和42年|司令部が入間基地から百里基地に移駐。~
:昭和47年|臨時[[F-4EJ>F-4]]飛行隊を新編。~
:昭和48年|臨時F-4EJ飛行隊を第301飛行隊(F-4EJ)に改編。~
:昭和53年|第206飛行隊(F-104J)を解散、第305飛行隊(F-4EJ)を新編。~
:昭和60年|宮崎県・[[新田原基地]]の第5航空団第204飛行隊(F-15J装備)が百里基地に移駐し、これを隷下に編入。~
代わって第301飛行隊(F-4EJ)が新田原基地に移駐し、第5航空団の隷下に編入。 ~
:平成5年|第305飛行隊の機種を改編。(F-4EJ改から[[F-15J>F-15]]に)~
:平成21年|沖縄県・[[那覇基地>那覇空港]]の第83航空隊(現:第9航空団)隷下にあった第302飛行隊(F-4EJ改装備)と第204飛行隊との配置換えを完了。~
:平成28年|第305飛行隊が宮崎県・新田原基地の第5航空団に移駐。11月上旬には同航空団の第301飛行隊が百里基地に移駐、[[F-4EJ>F-4]]2個飛行隊編制になる。
:平成31年|第302飛行隊が[[F-35]]装備部隊となるため青森県・[[三沢基地>三沢飛行場]]の第3航空団に移駐、替わって[[F-2(日本)]]を装備する第3飛行隊が三沢から移駐。
:令和2年|第301飛行隊が[[F-35]]装備部隊となるため青森県・[[三沢基地>三沢飛行場]]の第3航空団に移駐((これにより、航空自衛隊の実戦部隊から[[F-4EJ/EJ改>F-4]]は全て退役となった。))、これにより1個飛行隊体制となる。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS