• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(だいさんしだん(じえいたい)){【第3師団(自衛隊)】}; [#dfeade63]
|>|概要|
|創設|1962年|
|所属国|日本国|
|部隊編制単位|[[師団]]|
|兵種、任務、特性|[[自動車化>機械化]][[歩兵]]((公式には「即応近代化師団」と呼ばれている。))|
|兵種、任務、特性|[[自動車化>機械化]][[歩兵]]((公式には「即応近代化師団(政経中枢型)」と呼ばれている。))|
|上級部隊|[[中部方面隊]]|
|所在地|千僧駐屯地(兵庫県伊丹市)|

JGSDF 3rd Division.~
[[陸上自衛隊]]における[[戦略]]級[[部隊]]単位である[[師団]]の一つ。~
~
本師団のルーツは、[[警察予備隊]]が結成された1950年に京都府・宇治駐屯地で編成された「[[警察予備隊第3管区隊>管区隊]]」である。~
1950年、[[警察予備隊]]の結成に際して京都府・宇治駐屯地((現在は「補給統制本部」隷下の「関西補給処」が所在。))で編成された「[[警察予備隊第3管区隊>管区隊]]」をルーツとする。~
その後の1962年、「師団」制度が発足すると共に、「第3管区隊」から現在の名称に改められた。~
1994年3月には第45普通科連隊((京都府・大久保駐屯地に所在し、奈良県の防衛警備を主任務としていた。))と第3対戦車隊が廃止され、更に1995年策定の[[第2次防衛大綱>防衛大綱]]によって[[政経中枢師団]]としての編成に改められて現在に至っている(後述)。~
1994年3月には第45普通科連隊((京都府・大久保駐屯地に所在し、奈良県の防衛警備・災害派遣対応・民生協力を主任務としていた。))と第3対戦車隊が廃止され、更に1995年策定の[[第2次防衛大綱>防衛大綱]]によって[[政経中枢師団]]としての編成に改められて現在に至っている(後述)。~
~
本師団は、司令部を兵庫県・千僧駐屯地に置き、3個[[普通科]]([[歩兵]])連隊(([[第1師団>第1師団(自衛隊)]]と同じく5個中隊編成。))を基幹とする約7,000名の兵員を擁し、近畿広域圏(大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県)の防衛警備・災害派遣・民生協力及び国際貢献活動などを任務にしている((ただし、奈良・和歌山の両県には隷下部隊が置かれておらず、この地域の防衛警備・災害派遣・民生協力には中部方面隊隷下の「第4施設団」隷下部隊があたっている。&br; (特に奈良県には、[[地方協力本部>自衛隊地方協力本部]]と[[航空自衛隊]]の幹部候補生学校以外に自衛隊施設がない)))。~
司令部は兵庫県・千僧駐屯地に所在し、3個[[普通科]]連隊(([[第1師団>第1師団(自衛隊)]]と同じく5個中隊編成。))を基幹とする約6,500名の兵力を擁している((この兵力は、1950〜1960年代の陸自にあった「[[(番号付き)混成団>混成団]]」や列国の[[陸軍]]の「[[独立混成旅団>旅団]]」程度の規模である。))。~
主任務は近畿広域圏((大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県からなる。))の防衛警備・災害派遣・民生協力及び国際貢献活動などであるが、奈良・和歌山には隷下部隊がなく、代わりに中部方面隊隷下の[[工兵]][[旅団]]「第4施設団」隷下部隊が活動している((特に奈良県には、[[地方協力本部>自衛隊地方協力本部]]と[[航空自衛隊]]の幹部候補生学校以外に自衛隊施設がない。))。~
~
本師団の編制は、従来は他師団と同様に敵正規部隊との戦闘を重視したものであったが、1995年策定の[[第2次防衛大綱>防衛大綱]]により、首都圏の防衛を受け持つ[[第1師団>第1師団(自衛隊)]]と同様の「[[政経中枢師団]]」へ改編された。~
これは、現在の本師団の警備担当区域である近畿広域圏が首都圏と同様、わが国の政治・経済・文化の中核をなす地域である特性を取り入れたものであり、市街地での[[CQB]]を想定したものとなっている。~
そのため、[[戦車]]・[[火砲>野戦砲]]の定数を削減して装備を軽快なものとし、[[機動力]]を重視すると共に[[NBC兵器]]への対処能力を増強するなど、近代的な脅威への対応を重視している。~
従来、本師団の編制は他の師団と同様に敵正規部隊との戦闘を重視しており、4個普通科連隊・1個特科連隊及び1個戦車大隊を基幹とした編制であったが、1995年策定の[[第2次防衛大綱>防衛大綱]]により、首都圏の防衛を受け持つ[[第1師団>第1師団(自衛隊)]]と同様の「[[政経中枢師団]]」へ改編された。~
これは、近畿広域圏が首都圏に次ぐ政治・経済・文化の中核であり、市街戦が想定されるためである。~
そのため、[[主力戦車]]・[[野戦砲]]の定数を削減して装備を軽快なものとし、[[機動力]]を強化すると共に[[NBC兵器]]への対処能力を増強するなど、近代的な脅威への対応を重視している。~
>ただし、第1師団の改編による野戦継戦能力の低下が判明したためか、一貫して普通科連隊内の重迫撃砲中隊は維持されている。

**部隊編制 [#g26c9b6b]
-司令部(千僧駐屯地 以下地名)および司令部付部隊
--第7普通科連隊(福知山)
--第36普通科連隊(伊丹)
--第37普通科連隊(信太山)
--第3戦車大隊(今津)((同地には[[第10師団>第10師団(自衛隊)]]隷下の「第10戦車大隊」も駐留。))
--第3特科隊(姫路)
--第3高射特科大隊(姫路)
--第3飛行隊([[八尾>八尾空港]])
--第3施設大隊(大久保)
--第3後方支援連隊(千僧)
--第3通信大隊(千僧)
--第3偵察隊(千僧)
--第3化学防護隊(千僧)
--第3音楽隊(千僧)


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS